キーボード 周辺機器

【IC-BK02 レビュー】iClever Bluetoothキーボード 軽いけど打ち心地がイマイチ

スポンサー

アイキャッチ IC-BK02

キーボード大好き芸人 おーの ゆーや です。

ストロークはそこそこある
ストロークはそこそこある

またまた購入しました。Bluetoothキーボード。iCleverのIC-BK02というワイヤレスキーボード。

安物買いの銭失いなのかレビューします。

IC-BK02 デザイン・キー配置

IC-BK02 全体
IC-BK02 全体

パッと見ただけではAppleのキーボードのように見えます。これが3千円を切る値段で買えます。よーく見ると、安いなりの野暮ったさはありますが、デザイン的には悪くありません。

右側のキーは一部細く
右側のキーは一部細く

キーボードの右端のキーが、かなり小さくなっています。よくタイピングするキー「ー」「ほ」までは大きいサイズで、使用頻度低めなそれ以外のキーが小さくなっています。

十字キーは狭いところに押し込まれてはいますが、手の感触だけで分かるような配置。コントロールキーは右下にはありません。その点だけは注意が必要です。

IC-BK02 仕様

サイズ28.55 x 12.55 x 2cm
重量210g
バッテリー単4形乾電池×2本(別売)
接続可能台数3台
接続方式Bluetooth 5.1

3台までペアリングできます。

QWEとfnキーで切り替え
QWEとfnキーで切り替え

Fnキーを押しながらQWEキーを押すことで、接続端末を切る変えることができます。

切り替えはスムーズで待たされる感じはありません。複数台の機器を切り替えて使っても、実用的に使えます。

IC-BK02 打鍵感

打鍵感はイマイチ
打鍵感はイマイチ

打鍵感は正直よくありません。キー自体のタッチはやや重めで固めですが、筐体が軽いせいもあり、押した時のコシがありません。パスパスとした感触で、押し心地は悪いです。パスパスとした感じなのに、キータッチがやや硬めなので、打っていてしっくりきません。

反発力は高めなキー
反発力は高めなキー

キーの反発力も高くてリズムが狂います。もう少しキーが柔らかめでパスパスとしていたほうが、打ちやすかったでしょう。

IC-BK02 の良いところ

軽いところ。IC-BK02を持った瞬間に、拍子抜けするほど軽くて、ビックリします。

電池が入ってないんじゃないかと思うほどですが、しっかりと単四電池が2本入っています。

モバイル用のキーボードとはいえ、ここまで軽いキーボードはありません。

この軽さということを踏まえると、打鍵感も悪くありません。この軽さで、この打ちやすさなら、納得できます。

IC-BK02悪いところ

キータッチです。タイピング時のパスパスとした独特の打鍵感は、癖があって好みが分かれるでしょう。

キーボード自体が軽いので、タイピングをしていてもコシがありません。パスパスとした湿気ったパンを食べているようなイメージ。

キーボードは210gと軽いので、この軽さとトレードオフというところでしょう。

IC-BK02は荷物を軽くしたい方におすすめ

圧倒的な軽さ
圧倒的な軽さ

打鍵感はあまり良くありませんが、びっくりするぐらい軽いので、モバイル用のキーボードとしてはありです。外でスマートフォンやタブレットを使ってガンガンタイピングするのではなく、補助的にキーボードでタイピングしたいという方には、良いキーボードです。

モバイル用のキーボードを探している方は、IC-BK02の購入を検討してみてください。

 

今買いたいガジェット

今買いたいガジェットをランキング形式で紹介します。

iPhone 13 Pro

AppleといったらiPhone。2021年9月に発売されたiPhone 13 Proが、現在一番お勧めのiPhoneです。小さすぎない大きすぎない絶妙なサイズ。投げ売りされてしまうノーマルiPhoneではないProモデル。これからはProのついたiPhoneがリセールバリューも高くてベストな選択です。

Fire HD 8 タブレット ブラック (8インチHDディスプレイ) 32GB

タブレットといったらiPadを思い浮かべますが、用途を考えるとAmazonのFireタブレット。何かを見るだけなら、iPadはオーバースペックです。iPad miniを買うぐらいなら、まずはFire HD 8 タブレットを購入して、それで満足できるか確かめましょう。Fireでは使いものにならなかったら、iPadの購入を検討しましょう。

-キーボード, 周辺機器
-, ,