キーボード 周辺機器

【TK-FBM119KBK レビュー】モバイルキーボードで安くて打ちやすい

スポンサー

アイキャッチTK-FBM119KBKキーボード

常に打ちやすいキーボードを探しています。自宅用のキーボードは打ちやすいものはたくさんあります。大きくても重くてもよいので、打ちやすいキーボードを作るのは難しくありません。

モバイル用はそうはいきません。外に持ち出のですから、コンパクトで軽い上に、打ちやすさも求められます。

相反する要素を満たすものは多くありません。これまでもたくさんのキーボードを買ってきました。

リンク

現時点でモバイルキーボードの最高峰は、マイクロソフトのデザイナーキーボードです。薄くて軽いのに、キーピッチやキー配置も適正で打ちやすいキーボードです。

値段は下がってきましたが、5,000円以上します。キーボードに5,000円以上の金額は、中々出せる金額ではありません。

安くて打ちやすいキーボードをお探しの方にオススメのキーボードを紹介します。

TK-FBM119KBKデザイン・仕様

対応OSWindows 11、Windows 10、Windows 8.1、macOS Catalina(10.15)、 macOS Big sur (11.0)、 Android10, 11、iOS14、iPad OS14
接続可能台数3台
カラーブラック
通信方式GFSK方式
電波周波数2.4GHz帯
キータイプメンブレン
キー配列92キー(日本語配列)
キーピッチ19.0mm
キーストローク2.5mm
ホットキー数13キー
電源(キーボード本体)単4形アルカリ乾電池、単4形マンガン乾電池、単4形ニッケル水素2次電池のいずれか1本
想定電池使用期間アルカリ乾電池使用時の目安 約8カ月 ※1日8時間のパソコン操作を想定
外形寸法(キーボード本体)幅360.6mm×奥行142.5mm×高さ25.6mm(スタンド含まず)、幅360.6mm×奥行142.5mm×高さ34.1mm(スタンド時)
質量(キーボード本体)約455g ※電池含まず
付属品動作確認用単4形アルカリ乾電池×1
保証期間6カ月
対応プロファイルHOGP(HID Over GATT Profile)
その他適合規格:Bluetooth 5.0 Class2

という仕様です。Bluetooth5.0に対応しているので、安定したワイヤレス通信が期待できます。3台までの端末とペアリングをして、切り替えて使うこともできます。

Bluetoothキーボードに欲しい機能を、しっかりと押さえてあります。

TK-FBM119KBKキー配置

基本に忠実なキー配置
基本に忠実なキー配置

いたって普通のキー配置です。キーボード左下と右下にCtrlキーがあります。十字キーはちゃんと独立しており、さらに左側に配置されています。その分キーボードのサイズが大きくなっていますが、実用性を考えると、十字キーをCtrlキーより右側に配置したほうが使いやすいです。

キー配置★★★★★

おーの ゆーや

Ctrlキーの位置、十字キーの位置もバッチリです。

TK-FBM119KBKキーピッチ・キーサイズ

キーピッチは19mn
キーピッチは19mn

キーピッチは19.0mmと標準のサイズ。タイピングをマスターするには、まずはキーピッチ19.0mmのキーボードがオススメです。基本に忠実なキーボードになってい流ので、子供にタイピングをマスターさせたい親御さんにもオススメです。

右側やエンターキー周りのキーが小さくなっていることもなく、ミスタイプがしにくいでしょう。

最上段のFキーだけ少し小さくなっていますが、F1からF4、F5からF8、F9からF12までに分かれており、押し間違えにくいようになっています。

キーピッチ・キーサイズ★★★★★

おーの ゆーや

19mmで不自然に小さいキーもありません。キーボードは基本に忠実が一番です。

TK-FBM119KBK打鍵感

打鍵感は中々良い
打鍵感は中々良い

打鍵感はまずまずです。メンブレンタイプなので、パスパスとした打ち心地ですが、固すぎず柔らかすぎず、打ちやすい打鍵感になっています。値段を考えると、十分な打鍵感。これからタイピングを覚えたいと思っている方にも、おすすめできる打鍵感です。

打鍵感とは:キーボードのキーを押したときに感じる感触のこと。キーボードにはキースイッチの方式があり、それぞれの方式によって感触の傾向はあるが、それとは別で、キーを押したときに感じる感触が良いか悪いかということ。

打鍵感★★★★☆

おーの ゆーや

メンブレン方式ですが、うまくバランスがとってあり、打鍵感は良い感じです。

TK-FBM119KBKタイピング音

少しカタカタと音がします。煩いというほどではありませんが、静かな場所で使っていると、少し気になる音です。

打ちやすさと静かさのバランスを取りながら、低コストで実現するためには、このぐらいの音が出ても仕方がないところです。

2千円程度で買えて、それなりに軽くて安い。

それを実現した上で、この程度の音なら仕方がないでしょう。

静音度★★★☆☆

おーの ゆーや

もう少し静かだと最高でしたが、低コストで打ちやすさを実現するために、静音性はやや犠牲になっています。

TK-FBM119KBK重さ・サイズ

455gと結構な重さではあります。十字キーが右側に独立しているので、テンキーレスキーボードとしては少し大きめですが、そのおかげで、Ctrlキーや十字キーが押しやすくなっています。

持ち運ぶには少し重いと感じるかもしれませんが、TK-FBM119KBKの打ちやすさを考えると、少々の重さは目をつぶってもよいと思えます。

重さサイズ感★★★☆☆

おーの ゆーや

少し大きめなテンキーレスキーボードですが、打ちやすさとコストのバランスを考えると仕方がないでしょう。

TK-FBM119KBK 電池バッテリー周り

単4電池1本で駆動
単4電池1本で駆動

1日8時間程度の使用で8ヶ月持つので、頻繁に電池を取り替えることはないでしょう。入手性の良い単四電池ですから、TK-FBM119KBKのバッテリーが切れても、すぐに電池を入手できます。

USBで充電できる電池を使うのも良いでしょう。

バッテリー★★★★★

おーの ゆーや

バッテリーの持ち、電池の入手性を考えると、単四電池1本というのは大正解です。

3台までの機器を切り替えることができる

右上に3台の機器を切り替えることができるボタン
右上に3台の機器を切り替えることができるボタン

右上に、切り替えボタンがあります。3台まで登録することができます。切り替えながら3台の機器をタイピングできます。切り替えボタンがキーボードの裏側にないので、すぐに切り替えて使うことができます。

切り替えやすさ★★★★★

おーの ゆーや

3台までの機器を切り替えて使うことができますが、キーボードの裏側ではなく、表側に切り替えボタンがあるので、サッと切り替えて、タイピングをする機械を変更することができます。

足がある

足で角度を変えることができる
足で角度を変えることができる

キーボードの裏側には、足がついています。足を立てると、キーボードの角度を少し斜めにできます。斜めにしたほうが、多くの方は打ちやすいでしょう。

TK-FBM119KBKキーボード裏側
TK-FBM119KBKキーボード裏側

足★★★★☆

おーの ゆーや

角度が二段階に切り替えられるので、少し角度があったほうが打ちやすい人でも大丈夫です。

TK-FBM119KBK総評

基本に忠実なキー配置
基本に忠実なキーボード

TK-FBM119KBKは特に特徴がないキーボードですが、特徴がないというのは、キーボードにとっては褒め言葉です。基本に忠実な作りで、価格も安くて、打ちやすいキーボード。

高級キーボードを買うのはちょっとという方にオススメです。安くて打ちやすいキーボードな上に、Bluetoothでワイヤレス接続です。スマートフォンやタブレットと組み合わせて、モバイル用としても使えなくはないサイズと重さです。

値段も安いので、買ってみると意外と役に立つでしょう。

評価項目評価(星5評価)
機能性★★★★☆
打ちやすさ★★★★☆
サイズ・重さ★★★☆☆
デザイン★★★☆☆
総合評価★★★★☆
TK-FBM119KBK総評

 

今買いたいガジェット

今買いたいガジェットをランキング形式で紹介します。

iPhone 13 Pro

AppleといったらiPhone。2021年9月に発売されたiPhone 13 Proが、現在一番お勧めのiPhoneです。小さすぎない大きすぎない絶妙なサイズ。投げ売りされてしまうノーマルiPhoneではないProモデル。これからはProのついたiPhoneがリセールバリューも高くてベストな選択です。

Fire HD 8 タブレット ブラック (8インチHDディスプレイ) 32GB

タブレットといったらiPadを思い浮かべますが、用途を考えるとAmazonのFireタブレット。何かを見るだけなら、iPadはオーバースペックです。iPad miniを買うぐらいなら、まずはFire HD 8 タブレットを購入して、それで満足できるか確かめましょう。Fireでは使いものにならなかったら、iPadの購入を検討しましょう。

-キーボード, 周辺機器
-, ,