AirPodsの良い滑り止めがない

スポンサーリンク

iPhoneからイヤホンジャックがなくなる前から、ワイヤレスイヤホンしか使っていません。音質云々より、利便性の良さが大事だからです。利便性の良さに音質が追いついてきたことで、Bluetoothイヤホンを使わない理由がなくなってきました。

1万オーバーはザラだったBluetoothのイヤホンですが、いつの間にか数千円で買えるように。そんなワイヤレスイヤホン市場に、Appleが投入した製品がAirPodsです。

AirPodsの良いところ
– 設定が簡単
– 機器の切り替えが簡単
– 充電が簡単
– バッテリーが持つ
– コードがない
– 軽い

Apple製品じゃなくてもBluetoothで接続ができます。他のBluetoothイヤホンと同じように音楽を聴くことができますが、聴くためのセッティングに少々手間取ります。一般的なBluetoothイヤホンと同じような接続手順が生じてしまいます。これがiPhoneやiPadなら、AirPodsのケースを開けるだけでペアリング完了です。ボタンを長押ししたりする手間がないシームレスな体験が、AirPods最大の特徴です。

AirPodsの悪いところ
– 耳から落ちやすい
– 付けているのを忘れる
– 見た目が微妙

見た目に関しては散々な言われようですが、個人的にはコードをダラーんと下まで伸ばしているほうがダサく感じるようになりました。AirPodsのようなワイヤレスイヤホンを使う人が増えていけば、自然と慣れていくでしょう。

見た目より問題なことは、人によっては耳にフィットしないということです。AirPodsの耳にに入れる部分がプラスチックでできているので、ツルツルと滑ってしまいます。耳の穴の形に合っていないと、スルッとAirPodsが落ちてしまうことも。耳の穴に入る部分がスポンジなどの素材だったら、耳から落ちることもないでしょう。

ヘッド部分に装着するゴムを買ってみたが、、、

ヘッド部分に何か装着すればいいのは明らかです。AirPodsのヘッド部分に装着できるものがないか探していたら、とある商品を見つけました。

こういったヘッドを取り外せるようになっているイヤホンをよく見かけるかもしれません。ああいったものを、AirPodsのヘッド部分に装着できる製品です。


AirPodsのセンサー部分を塞がないようになっています。ここがゴムで隠れてしまうと、耳からAirPodsを外しても音楽の再生が止まらなかったりします。

耳からは落ちない

しっかりと耳にフィットしていい感じです。これで耳から落ちることも無くなるでしょう。

充電ができない

耳へのフィット感は抜群ですが、ケースに入れてAirPodsを充電することができません。ゴムを取り外せばいいのですが、充電するたびに取り外すのは面倒すぎます。

  • 致命的な欠点

まったく蓋を閉めることができません。AirPodsを充電するたびに、ゴムを取り外すことになります。しかし、ゴム自体が固めなので、AirPodsから取り外すのに大変苦労します。ここまで苦労するのなら、装着しないほうがいいでしょう。

総評

装着したまま充電ができるのなら買いです。残念ながら蓋からビヨーンと飛び出ている状態になるため、AirPodsを充電することができません。充電するたびにゴムを取り外さないといけないので、気がつくとゴムを付けるのを止めてしまいます。

充電するたびにAirPodsのヘッド部分から取り外すことが苦にならない方は買ってもいいでしょう。

評価
フィット感:★★★★☆
装着感:★★★☆☆
利便性の良さ:★☆☆☆☆☆
デザイン:★★★★☆
オススメ度:★★☆☆☆

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。

ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。

大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。

楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。

follow us in feedly