AirPodsを使って初めてiPhone7が完成する

スポンサーリンク

イヤホンジャックがiPhone7からなくなったことで大騒ぎしていましたが、AirPodsを使ったことで、iPhoneからイヤホンジャックが無くなったことが納得できました。

iPhone7は、AirPodsを使うことを前提としたスマートフォンなのです。Bluetoothイヤホンなら何でも言い訳ではなく、AirPods限定です。W1チップを搭載したBeatsのイヤホンでもいいのですが、耳につけていることを忘れてしまうほど軽いAirPodsこそが、iPhoneとセットで使うべきイヤホンです。

従来のBluetoothイヤホンの問題点を全て解消したAirPodsだからこそ、iPhoneから有線のイヤホンが必要なくなったのです。

Bluetoothイヤホンの問題点とは何か説明します。
 

ペアリングが面倒

Bluetoothイヤホンでまずつまずくのが、スマートフォンとのペアリングです。Bluetoothイヤホン側のボタンを長押ししてペアリングモードに入り、スマートフォン側でペアリングさせなければいけません。

ガジェットが好きじゃない方にとっては、この時点でもう無理なのです。いちいちペアリングしたりするぐらいなら、コードで差して音を聞いた方が早くて楽チンです。

ワイヤレスの自由を知らないために、ペアリングとかよく分からないし、別にコードのままでいいやと思ってしまいます。しかし、AirPodsは違います。iPhoneの近くでAirPodsをケースから取り出すだけで、勝手にペアリングが終了します。

多くの人が躓くペアリング作業をAirPodsが無くしたことで、誰もがワイヤレスイヤホンの素晴らしさを体験することができるようになりました。

繋がったかどうか分かりにくい

敷居の高いペアリング作業に成功しても、まだまだ苦難は続きます。使うたびに、本当にペアリングできたか確認しなければいけないのです。一度ペアリングしてしまえば、Bluetoothイヤホンの電源を付ければ自動で繋がりますが、稀にスマートフォンと繋がっていないときがあります。

Bluetoothイヤホンとスマートフォンが繋がっていない時に音楽を再生してしまうと、スマートフォンから大きな音で音楽が流れてしまいます。電車の中でこのような事が起きると、背中に嫌な汗をかきます。

AirPodsなら心配無用です。ケースから出してAirPodsを耳に挿すと、ボワンと音が鳴って、AirPodsから音が出る状態になったことを知らせてくれます。iPhoneの画面を確認することなく、接続状態が確認できるので、再生ボタンを押す時の安心感が違います。

ワイヤレスが故の不安を、しっかりとAirPodsは潰しています。

AirPodsをケースにしまわなくてもiPhoneから音を出せる

Bluetoothイヤホンを耳に付けていなくても、スマートフォンとペアリングしている状態だと、Bluetoothイヤホンから音が出るのがこれまでのBluetoothイヤホンです。外から自宅に戻ってきた時、電源ボタンを長押ししてBluetoothイヤホンの電源を落とさないと、スマートフォン本体から音を聞く事はできません。

AirPodsは違います。iPhoneと繋がったままの状態でも、簡単にiPhone本体から音を出すことができます。両方のAirPodsを耳から外した状態で、iPhoneの再生ボタンを押すだけです。たったこれだけで、iPhone本体から音を出すことができます。

外出しているときはAirPodsで音を聞いて、自宅に戻ってきたらiPhone本体からの再生に簡単に切り替えられます。iPhone本体から音を出している状態でAirPodsをケースにしまえば、何事もなくAirPodsの充電もできます。またAirPodsを使いたくなったら、ケースから出してAirPodsを耳に装着するだけです。

たったこれだけのことができるだけで、日常の使い勝手が大きく変わります。昔からBluetoothイヤホンを使っている方なら、この意味が分かるはずです。有線のイヤホンを使っている場合は、iPhoneから有線のイヤホンジャックを抜く必要があります。ちょっとした使い勝手の面も、AirPodsが普通のイヤホンを追い抜きました。

片耳と両耳の再生がシームレス

何気にすごいのがこれです。AirPodsは片側だけ耳に差しても使うことができます。片耳だけAirPodsを装着した状態でiPhoneの再生ボタンを押すと、音楽の再生が始まります。この時、もう片方のAirPodsからは音は出ません。

耳に付けていないAirPodsから音は出ていませんが、耳にAirPodsを装着すると音が出るようになります。このシームレスな再生は、今までのBluetoothイヤホンでは体験できませんでした。

いたって普通にもう片方のAirPodsから音が出る。当たり前のようで、当たり前じゃないことです。

有線のイヤホンの使いやすさを越えた

iPhone7からイヤホンジャックが無くなったことで、批判の声が大きかったのは記憶に新しいところです。あっさりとイヤホンジャックを無くしたのは、AirPodsという世界を変えるイヤホンが完成したから。今までのワイヤレスのイヤホンの問題点を克服し、有線のイヤホン以上に使い勝手が良いイヤホンが完成したことで、音楽の聞き方を新しくできるとAppleは判断したのでしょう。

iPhone7はAirPodsを使って、初めて完成します。5年後ぐらいのiPhoneには、AirPodsが標準になっているかもしれません。
 
 
 

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。

ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。

大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。

楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。

follow us in feedly