SCV31(au版Galaxy S6 edge)3回目のバージョンアップでGPSの掴みが良くなった気が

スポンサーリンク

先日、SCV31(au版Galaxy S6 edge)のバージョンアップがありました。これで、3回目のバージョンアップになります。さっそくバージョンアップして気付いたことを書きます。

  

GPSの掴みが良くなった

今回のバージョンアップも、マイナーバージョンアップです。何が変わったのか分からないほど、何も変わってはいません。Galaxy S6 edge自体に不満はないので、細かい不具合が治ってくれればそれで十分です。

バージョアップして3日間ほど使って感じるのは、GPSの掴みが良くなったということです。僕は毎朝ランニングをしていて、「RunKeeper」というアプリを使っています。このアプリは、走った距離だけではなく、走ったルートまで記録してくれます。走ったルートを記録するのに、GPSが必要になるわけですが、SCV31(au版Galaxy S6 edge)のGPSがうまく位置を認識してくれないため、なかなか走り始めることができないことがありました。しかし、バージョンアップしてからは、RunKeeperを立ち上げるとすぐに現在地を特定してくれるので、すぐに走り始めることができるようになりました。

気のせいかもしれませんが、「RunKeeper」に関しては、明らかにGPSの掴みが良くなったと感じます。

少し動作が軽くなった

現時点のスマートフォンで最高性能と言ってもいいGalaxy S6 edge。しかし、キャリアアプリが悪さをしているのでしょうか、サクサクとした本来の動作をしてくれないことが多々あります。バージョアップしたばかりだからかもしれませんが、以前よりサクサクと動いてくれているように感じます。もう少し使ってみないと何とも言えませんが、変なひっかかりは無くなったように思います。

バージョンアップして問題なし

最近のスマートフォンは、バージョンアップして不具合が発生することもあるため、以前よりバージョンアップに慎重にならざるをえません。今回のSCV31(au版Galaxy S6 edge)のバージョンアップは、以前のバージョンより、快適に使えるようになっています。すぐにバージョンアップしてしまってもいいでしょう。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

iPhoneケースはSpigen

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。小さい頃から、最新のデジタル製品を買い漁ってきました。大人になった今も、最新のデジタル製品ばかりチェックしています。 多くの人がノートPC、スマートフォンやタブレットを使うようになった今、デジタル製品なしの生活は考えられません。当たり前のようにデジタル製品を使っていますが、機能を使いこなせず、使い方に悩んでおられる方がたくさんいらっしゃいます。 そういった方々のヒントになるよう、ブログで記事を発信していきます。