【中古相場】Snapdragon835搭載スマートフォン

Snapdragon835価格アイキャッチ画像




スマホの価格がどんどん下がっています。

10万を越す高いスマホもあれば、3万以下のスマホもあります。値段の幅があると、何を買ったらいいのか分かりません。格安SIMカードに乗り換えて、お値打ちにスマホを持とうと考えている方が増えているのに、どのスマホを買ったらいいのか分かりにくいのが事実です。

そんな方たちのために、買うべきスマホを教えます。

搭載されているチップセットを見る

スマートフォンはコンピュータです。コンピュータにも、できが良いものと、できが悪いものがあります。できが良いものというのは、性能が良いもののことを指します。一概に性能が良ければいいと言うわけではありませんが、性能が良いチップセットを搭載していれば、処理能力が高いので、サクサクと快適に使うことができます。

Snapdragonとは

Androidスマートフォンに搭載されているCPUの多くは、Snapdragonというものになります。Snapdragonという名称は共通で、末尾の数字が性能を表します。

Snapdragon 855

最後の数字の部分が、性能を表します。より数字が大きいほうが、新しくて性能が良くなります。2020年2月現在で最高性能のチップ名称は、Snapdragon 865と呼ばれるもの。2019年の最高性能のチップが、Snapdragon 855ですから、十の桁が一つ上がりました。

Snapdragon 835がお値打ち

色んな型番があって迷ってしまうので、決め打ちでいきましょう。Snapdragon 835というチップセット(CPU)を搭載した、Androidスマートフォンを購入しましょう。

Snapdragon 835を搭載したスマートフォンは、今から23ほど前の、2017年春頃から登場したスマートフォン。3年落ちのスマートフォンになりますが、 Snapdragon 835というスマートフォンは、前年に出たスマートフォンより性能が上がっていますし、熱対策もしっかりとしてあります。

チップセットベンチマークスコア
Snapdragon 820200000
Snapdragon 835 260000

※ベンチマークはAnTuTuベンチマークVer8

新しいほうが性能が良いので、Snapdragon 855や845という型番のほうがいいのですが、値段と性能のバランスを考えると、Snapdragon 835というチップセットを搭載したスマホを購入しましょう。

Snapdragon835搭載中古スマホ相場 【2020年2月末現在】

スマホ名中古価格(目安)
Galaxy S825,000円
Galaxy S8+30,000円
Galaxy Note 835,000円
Xperia XZ Premium23,000円
Xperia XZ120,000円
AQOUS R20,000円
LG V30+23,000円
HTC U1120,000円
android one x525,000円
Essential Phone21,000円

だいたい3万から2万程度といったところ。スマホの値段は、性能でだいたい決まってくるので、Snapdragon 835 を搭載したスマートフォンは、3万ぐらいで買えると覚えておこう。

どのスマホがいいかはお好みでと言いたいところだが、 Galaxy Note 8 が一番おすすめ。唯一ペンが使えるスマートフォン。ペンが使えることで、本体が重くて分厚いといったこともなく、他のスマホと同じサイズ。それでいてオンリーマンな機能を持っている。

ペン機能はあまり使わないかもしれないが、あるに越したことはない。迷ったら Galaxy Note 8 を購入しておこう。僕も2年以上使っているが、未だに不満はない。

じゃんぱら【スマホ・PC・デジタル家電の中古販売・買取・iPhone修理】

中古スマホ・タブレット販売の【イオシス】|けっこう安い。

ゆーや
中古スマホを購入するなら、この2店がおすすめ。豊富な在庫で、商品の状態も様々なものがあるので、ピッタリの1台が見つかります。

過去のGalaxy Note 8に関する記事

 

スポンサーリンク



Snapdragon835価格アイキャッチ画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

おーの ゆーや

サラリーマン兼業ブロガー。小さい頃から、たくさんのデジタル製品を使ってきました。昔は一部のマニアだけのものでしたが、今では生活必需品となりました。スマートフォン、タブレット、パソコン、これらの道具がないと生活に支障をきたすほど。しかし、使い方がよく分からず悩んでいる人も多いでしょう。これまで培ってきたノウハウを多くの人に伝え、デジタル製品でしあわせになってもらいたいと思い、このブログで情報を発信しています。