神アプリRemixliveで簡単に楽曲を作れた

スポンサーリンク

iPhone、iPadから、AndroidのGalaxy Note8に移行しましたが、音楽制作アプリだけは、なかなか良いものが見つかりませんでした。どのアプリが良いのか分からない中、色々とダウンロードしてきました。その中から、幾つか良いアプリが見つかってきました。

僕が音楽制作アプリを使う理由は、「一番行きたくない街からこんにちは」のBGMを作るためです。フリーの楽曲もネット上にたくさんありますが、自分のラジオをやるなら、自分で作った曲を流したいじゃないですか。音楽の知識なんて全くないので、お手軽に曲が作れる、サンプルループを組み合わせる、リミックスアプリを使うしかありません。

色々と探してみると、Androidにも素晴らしい音楽制作アプリが見つかってきましたので紹介します。

Remixlive

Androidのアプリとは思えない、クールなデザインになっています。クールなだけではなく、操作形態も分かりやすくまとまっており、すぐに使えるようになるでしょう。

無料でも音を鳴らせますが、音を録音できないようでしたので、速攻課金しました。基本的な機能の追加と、FXなどのエフェクト操作の追加、様々なジャンルの音源パックの追加と、課金は3つに分かれています。このアプリで曲を作るのなら、まずは「Full Feature Pack」950円の課金だけしておきましょう。

基本的な使い方

まずどういったジャンルの音を鳴らすか選択します。

無料で使えるサンプル音源がいくつかありますので、すべてダウンロードしておきましょう。

作りたい音源を選んだら、画面に表示されているパッドをタッチして音を確認します。

一通り全部タッチして、どんな音が出るのか確認しましょう。

どんな音がでるか確認したら、曲の構成を考えましょう。最初はドラムとベース系の音をタッチしてスタートして、徐々に他の音を追加していき、サビっぽいところでシンセ系の音を変えたりすれば、それっぽい感じになります。

どう音をタッチして鳴らしていくか確認できたら、右上の録音ボタンを押して曲を録音しましょう。自分でタッチして音を鳴らしていかないといけないので、慣れるまではうまく曲が作れないかもしれませんが、何度もやり直してください。

どの音源もカッコいい音が収録されているので、自分好みの曲を作ることができるはずです。

Remixliveの良いところ

録音している時間が表示されるところ

他のアプリでは、メトロノームの音は鳴るけど、録音している時間が表示されないアプリがほとんどです。ラジオやPodcastのBGM制作だとトークの内容に合わせて、時間で曲を作りたいときがあります。録音時間が表示されるだけで、アプリの使い方が変わってきます。

ちょっとしたことですが、嬉しい仕様です。

とりあえず使ってみよう

Galaxy Note8でRemixliveを使うと、大きい画面を活かして、快適に操作できます。Galaxy Note8ユーザーの方は、Remixliveを使ってみてください。iPhoneが無くても、素晴らしい曲を作ることができるでしょう。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

iPhoneケースはSpigen

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。小さい頃から、最新のデジタル製品を買い漁ってきました。大人になった今も、最新のデジタル製品ばかりチェックしています。 多くの人がノートPC、スマートフォンやタブレットを使うようになった今、デジタル製品なしの生活は考えられません。当たり前のようにデジタル製品を使っていますが、機能を使いこなせず、使い方に悩んでおられる方がたくさんいらっしゃいます。 そういった方々のヒントになるよう、ブログで記事を発信していきます。