iOSの制限を越した自由ATOK Padで文章が作りやすい

スポンサーリンク

期待されていたiOSの文字入力システムも、ATOK for iOSがリリースされたことで一段落。あまりに期待が高かったせいか、かなり酷評されているようです。まだiOS8がリリースされたばかりとはいえ、もう少しどうにかならなかったのかと思うところもあります。現在の不満点も、今後行われるであろう、アプリのバージョンアップで改善されていくと思われますので、もう少し長い目で見ていく必要があるでしょう。

ATOK for iOSの出来うんぬんではなく、文字入力アプリを使っても、外部のキーボードを使うと(Bluetooth接続のキーボード)、標準の文字入力システムに戻ってしまう仕様が残念です。物理的なボタンを持ったキーボードと、より変換効率の良い文字入力システムを組み合わせることで、iPhoneやiPadの文字入力環境が激変すると期待していただけに、この仕様が一番残念でした。

BluetoothキーボードとiPhoneやiPadを使って文字を打つのに多くを望んではいけないと諦めたとき、とあるアプリの存在に気付きました。

単独のアプリならOSの制限を受けない

iOS8から追加された、文字を入力するシステムを変更できるという仕様は、iPhone上で動くどのアプリでも使えます。どのアプリでも使えるがゆえに、ある程度OSの制限があります。パソコンのように自由に弄ることができないおかげで、iPhoneやiPadは、高い安全性を確保しています。そのために、Bluetoothキーボードなどの外部入力機器を繋ぐと、標準の文字入力システムになってしまいます・

基本的にiPhoneやiPadは、そのアプリ単独で完結します。アプリが単独で完結することで、他のアプリや本体に影響を与えない仕組みです。こうすることで高い安全性を確保しています。そのために、

この仕様を逆手にとり、独自のユーザーインターフェイスを搭載し、さらに、標準の文字入力システムにはない、高い文字の変換精度を搭載しているアプリがあります。そのアプリ内ならOSの仕様に影響を受けず、標準の文字入力システムにはない、快適なユーザーインターフェイスを持ったアプリがあります。Bluetoothキーボードを繋いでも、標準の文字入力システムには変更されず、そのアプリ独自のユーザーインターフェイスのまま使えます。

標準の文字入力システムを変更しても、Bluetoothキーボードを繋いだときには、また標準の文字入力システムに戻ってしまうのなら、Bluetoothキーボードを繋いでも、標準の文字入力システムに戻ることのないアプリを使えばいいのです。

ATOK Padで最高に快適な文字入力環境を

かなり昔からATOK Padという、文章作成アプリがあります。僕も購入しましたが、あまり使わずに放置していました。本日改めて使ってみて、放置していたことを後悔しました。ビックリするぐらい快適なのです。AndroidとBluetoothキーボードの組み合わせより快適です。WindowsタブレットとBluetoothキーボードの組み合わせともいい勝負です。文字を打つ気持ち良さだけでいったら、ATOK Padのほうが上かもしれません。

こんなに素晴らしいものが随分前からあったのに、なぜ気付かなかったのでしょうか。使わずに放置しておくのには勿体ない、素晴らしい完成度のアプリ。

ATOK for iOSは、このアプリ単体でしか使うことができませんが、文字を打つだけですから、このアプリで文字をザーっと打って、ATOK Padで打った文字をコピーし、使いたいアプリに移動して貼り付ければいいだけです。

iOS標準の文字入力システムとは比べものにならない快適さ

ATOK Padの素晴らしい点は、とにかく文字を打っていて気持ちがよいということです。標準の文字入力システムとは比べものにはなりません。本当に今使っている端末はiPhoneだろうかと思ってしまうほど、快適に文字を打つことができます。標準の文字入力システムのように、予測変換が文字入力の邪魔をすることもありませんし、文字を打っているところの下に、変換候補が出ますが、程良いサイズで変換窓が出るため不快感はありません。

AndroidにATOKをインストールするより、iPhoneでATOK Padを使ったほうが、文字をたくさん打つことができるでしょう。

iOS8じゃなくても最強の文字入力システムがあった

iOS8の登場を待たなくても、すでに最強の文字入力システムがあったのです。見つけることができなかった自分を悔やみます。

ATOK for iOS が登場したことで、今後このATOK Padの開発が終了し、徐々にフェードアウトしていくかもしれません。しかし、制限がある文字入力システムより、アプリ内限定とはいえ、より自由に作ることができ、WindowsやAndroidを上回る快適な文字入力環境を構築しているATOK Padを無くしてしまうのは、勿体ないように思います。このまま無くすのではなく、より画面が大きいiPhone6やiPhone6 Plusに最適化していってほしいと思います。

ブログを書くだけなら、iPhoneにATOK Padをインストールし、Bluetoothキーボードを使えば、パソコンに引けを取ることはないでしょう。

8 年越しの夢が叶う。iPhoneの文字入力に矢印キー。ATOK for iOSリリース。

2014年9月22日

打ちやすいBluetoothキーボードキーボードです。キーピッチ、キーストローク、優秀なノートパソコンのキーボードに近い感じです。

 

スポンサーリンク



ゆーや がおススメする
ガジェットたち

ゆーやが実際に使って、これは良いと思ったガジェットを紹介しています。どの製品も、きっと役に立ってくれるでしょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

おーの ゆーや

サラリーマン兼業ブロガー。小さい頃から、たくさんのデジタル製品を使ってきました。昔は一部のマニアだけのものでしたが、今では生活必需品となりました。スマートフォン、タブレット、パソコン、これらの道具がないと生活に支障をきたすほど。しかし、使い方がよく分からず悩んでいる人も多いでしょう。これまで培ってきたノウハウを多くの人に伝え、デジタル製品でしあわせになってもらいたいと思い、このブログで情報を発信しています。