Androidの音声入力で句読点を入力できる「Edivoice」

Edivoiceを使っている
スポンサーリンク

本日は神アプリを紹介します。AndroidのEdivoiceというアプリです。

Edivoiceのアプリアイコン

アプリアイコン

Edivoice – 音声入力で手軽に文章作成 マッシュルーム対応 – Google Play の Android アプリ

非常に地味なアイコンですが、超神アプリです。

どういったアプリか一言で説明すると、Android の音声入力アプリです。

音声入力専用アプリを入れなくても音声入力はできます。できるのに、わざわざEdivoiceを入れる理由があります。

句読点や改行ができる

Androidスマートフォンで音声入力を使ったことがある方は、どうやったら「、」「。」が打てるのか悩んだことがあるでしょう。悩んでも悩んでも、現在の仕様では、音声で句読点や改行をすることはできません。音声の認識制度は高いのに、句読点や改行ができないせいで、音声だけで文章を作れません。短いフレーズや短文ならできますが、音声で長文を作るには、後から手打ちで句読点を入力しなければいけません。

iPhoneでは句読点や改行ができるだけに、余計にイライラします。iPhoneより音声の認識制度が高いだけに、句読点や改行ができないのが残念すぎます。

そんな最大の弱点を補ってくれるのが、神アプリEdivoiceです。

このEdivoiceを使えば、音声入力で文字を入力しながら、しっかりと句読点や改行して、文章を作ることができます。

Edivoiceの使い方

アプリをインストールしたら、アプリを起動してください。

喋ると文字が入力される

入力した文字を喋ってください。どんどん文字が入力されていきます。

音声で文章が入力された後に、句読点を手動で入力。

「、」や「。」などの句読点を入れたい時は、下のソフトウェアキーボードの、「、」や「。」を入力してください。音声では入力されない句読点を、 アプリ内で手打ちしてやることで、Androidの音声入力の欠点を補えます。

音声で句読点や改行できるようにも

最近の音声入力のアッデートで、音声で句読点や改行できるようになりました。

右上のMenuから設定に入ります。

音声による記号入力にチェックマーク

音声による記号入力にチェックマークを入れると、音声で句読点や改行できるようになります。

確かに「てん」「まる」「かいぎょう」と話せば入力できますが、いまいち反応が悪く、iPhoneのようには句読点や改行を音声で入力できません。句読点や改行した後の、音声入力がうまく反応しないので、この設定は使わないほうがいいでしょう。

オススメの設定

オススメのEdivoiceの設定を紹介します。

ソフトウェアキーボードを簡素化

標準のソフトウェアキーボード

簡素化されたソフトウェアキーボード

ソフトウェアキーボードを簡素化すると、ボタン数が少なくなるので、「、」 「。」を迷わず打てます。

検索結果の自動挿入

Googleの音声入力の精度はかなり高いので、自動で変換された文章を入力させましょう。

認識結果の自動挿入にチェックマーク

チェックマークを入れると、喋った言葉の内容から、最適な文章を自動で入力してくれます。変換候補を自分で選択しなくても、ほとんど修正することなく文章が入力されていきます。

変換候補を選択しなくてもいい

変換候補を自分で選択するより、スムーズに文章を作ることができるでしょう。

付加文字の設定

音声で文章を入力した後に、付加文字を設定できる

付加文字の設定をタッチすると、喋り終わって文字が入力された後に、自動で「。」や改行が入力されるように設定できます。

検索結果の自動挿入と付加文字の設定の2つを使い、喋り終わった文章ごとに「。」や改行されるようにしておくといいでしょう。

後から他のアプリで文章を修正するにしても、「。」が入力されて改行までされていれば、後から文章を修正しやすくなります。

結果テキストの巨大化

文字が大きくなって見やすくなる

音声で入力された文章が表示されているエリアが狭いので、表示されるテキストを巨大化したほうがいいかもしれません。自分の好みに合わせて使い分けてください。

作った文章をコピーかアプリに送る

音声で作った文章は、全部コピーして他のアプリに貼り付けるか、他のアプリに送ることができます。

音声で入力した文章を他のアプリに

WordPress、Gmail、Twitterなどに飛ばすことができるので、音声で文章を作れます。音声で文字を入力するのに慣れは必要ですが、慣れてしまえば、これほど便利なアプリもないでしょう。

Android最大の弱点を克服

Edivoiceがあれば、音声入力で長文を作れます。

広告がなければ、入力結果を広くできるはず

音声で入力した文字の表示エリアが狭いのだけが、欠点でしょうか。

上に表示されている広告を消せればいいのですが、、、現状ではお金を払って、消す方法はありません。広告を消すオプションが導入されたら完璧です(広告除去オプションが導入されました!)。

Edivoiceは無料のアプリなので、Androidを使っている方は入れてみてください。手放せない神アプリになるでしょう!

 

スポンサーリンク


Edivoiceを使っている

ゆーや がおススメする
ガジェットたち

ゆーやが実際に使って、これは良いと思ったガジェットを紹介しています。どの製品も、きっと役に立ってくれるでしょう。



コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

おーの ゆーや

サラリーマン兼業ブロガー。小さい頃から、たくさんのデジタル製品を使ってきました。昔は一部のマニアだけのものでしたが、今では生活必需品となりました。スマートフォン、タブレット、パソコン、これらの道具がないと生活に支障をきたすほど。しかし、使い方がよく分からず悩んでいる人も多いでしょう。これまで培ってきたノウハウを多くの人に伝え、デジタル製品でしあわせになってもらいたいと思い、このブログで情報を発信しています。