Apple Watch Series2で改札を通るときに、腕をひっくり返す必要はなかった

スポンサーリンク

Apple Watch Series2を右腕につけて2週間ほどが経ちました。最初は違和感がありましたが、人間慣れてしまえば大丈夫ですね。今では右腕に時計を付けていることの違和感もなくなりました。

それ以上に、Apple Watch右腕につけたことの便利さを享受しています。改札に通るときに躊躇することもなくなり、とてもスムーズに改札を通過できるようになりました。左腕でに付けているときは、右側にあるSuicaリーダーに向かって体をずらす必要がありましたが、今はそんなことをする必要はありません。

右腕にApple Watch Series2を付けているといっても、改札のリーダーに認識させるときは、腕をひっくり返す動作が必要だと思っていましたが、試しにひっくり返さずにバンド部分をそのまま近づけてみたところ、いたって普通に認識してしまいました。

わざわざ文字盤の方を近づけなくても、改札のSuicaリーダーが認識してくれることに気づいてからは、さらに改札の通過が楽になりました。文字盤を近づけると、ガツンとガラス面やフレームが改札にぶつかってしまうかもしれません。大事なApple Watch Series2に傷がつかないか心配です。

ガラス面を近づける必要がないと分かってからは、精神的に楽になりました。バンド部分をSuicaリーダーに当てるだけでいいので、Apple Watchが傷付く心配はいりません。今まで以上にスムーズに改札を通れるようになりました。

コンビニのリーダーは裏返す必要があり

コンビニにのリーダーも、同じようにバンド部分をペタッと付けてみましたが、うまく認識してくれませんでした。

改札のSuicaリーダーは、コンビニのリーダーよりもパワーが強いのかもしれません。改札を通るときは、Apple Watch Series2を裏返さずに通過してみてください。今まで以上にApple Watch Series2が便利になるはずです。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。

ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。

大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。

楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。

follow us in feedly