Apple Watch Series2を右腕にしてみた

スポンサーリンク

iPhone7とApple Watch Series2があると、Suicaで決済できます。どちらも持っているため、どちらでも支払いをすることができます。

どちらでもできるといっても、自然と人は使いやすいほうを使うようになります。

iPhone7とApple Watch Series2でSuicaを使う比率は、

Suicaを使う割合
iPhone7 Apple Watch
Suica 90 10

ほとんどiPhone7でSuicaを使っています。たまにはApple Watch Series2で支払うかぁという感じで、無理やりApple Watch Series2を使っているという状況です。

なぜ、iPhone7ばかり使ってしまうのでしょうか。

圧倒的に改札で使いやすいからです。左手でも右手で持ちたいほうで持てるiPhone7なら、改札のSuicaリーダーにもピンポイントでかざすことができます。

Apple Watch Series2だとこうはいきません。左手首に付いているApple Watch Series2で改札を通過するには、体をやや右に傾けながら、左腕を右にあるSuicaリーダーまで持っていく必要があります。ピンポイントでかざすのが難しいため、歩行スピードをかなり落とさないとかざせません。うまくSuicaリーダーにかざせずに、改札のリーダーが反応しないこともあります。

左腕にApple Watch Series2を付けていては、このまま使わない状態が続いてしまいます。せっかく高いお金を出したApple Watch Series2です、もっと有効活用したいところです。

iPhone7でSuicaを使うより、常に腕に付いているApple Watch Series2を使うほうが楽なのは明らかです。Apple Watch Series2をあまり使わない原因は、左腕にApple Watch Series2を付けているからです。

ということで、Apple Watch Series2を右腕に巻いてみました。

明らかに改札で使いやすい

Apple Watch Series2を右腕に巻いて、初めての改札。今まで苦労していたのがなんだったのかというぐらい、楽に改札を通ることができました。体を無理やり傾けることもなく、Suicaのリーダーに右腕をかざすだけ。

2度3度と右腕に巻いたApple Watch Series2で改札を通過すると、楽な右腕のかざし方が分かってきました。手のひらを上に向けて手をリーダーにかざすと、ほとんど姿勢を崩さずに改札を通過できます。

違和感はあるが

今までの右腕に腕時計をしたことがなかったので、違和感がないと言ったら嘘になります。右腕に何かやや重いものが乗っている感じはしますが、左腕に付いていたものが、右腕に変わっただけです。そのうち慣れるでしょう。

右腕にApple Watch Series2を付けるだけで、明らかに利用頻度が変わりました。iPhone7でSuicaを使う場合は、ポケットや鞄から取り出さないといけません。しかしApple Watch Series2なら、ポケットから物を取り出すアクションは要りません。常に腕に付いているApple Watch Series2を、そのままかざすだけでいいのです。

右腕に時計をするということが許せるのなら、Apple Watch Series2を右腕にしてみましょう。明らかに使いやすくなることで、いまいち使っていない、Apple Watch Series2が大活躍するようになるでしょう。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。

ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。

大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。

楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。

follow us in feedly