やっぱりパソコンが必要とされている。Macはまだ伸びています。

スポンサーリンク

やっぱりまだまだパソコンの需要はあるということでしょう。Appleが2014年度第3四半期(2014年4~6月期)の業績を発表しました。

Apple – Press Info – Apple Reports Third Quarter Results
2014年の4月〜6月の業績を発表。

全体的に数字は伸びたようですが、注目するべき点は、Macの販売がまだ伸びているということです。スマートフォンだタブレットだと言われる中、Macの販売台数は伸び続けています。台数ベースで比較すると、iPhoneやiPadより桁が一つ足りませんが、それなりに値段もする商品が、それなりに売れているのです。しっかりとしたパソコンが、1人1台は必要だという証じゃないでしょうか。

2014年4~6月期

  • iPhone:3,520万3000台(13%増)
  • iPad:1327万6000台(9%減)
  • Mac:441万3000台(18%増)
  • iPod:292万6000台(36%減)

AppleがもっとMacに力を入れれば、まだまだMacは伸びるように思います。なかなかAppleから新製品が出ませんが、そんな中でもMacのコーナーにはポツリポツリとお客さんがいます。そのお客さんは、Apple Storeの店員さんと、かなり真剣に相談をしています。iPhoneやiPadというような商品は、新型が発売した時はバーッと売れますが、その後パタリと販売が落ちます。反対にMacは、あまり販売の波がないかもしれません。しかし、必要な人が、必要な時に購入されにくるのでしょう。iPhone、iPad、Mac、この3つの中で、一番必要度が高い商品は、Macじゃないでしょうか。

もっともっとMacに力を入れてもらって、iPadなんて要らないという流れを作って欲しいのですが、、、今の世の中の流れを見ていると、難しいかもしれません。新しいパソコンは、無理矢理タブレットにしてしまっているような気がします。デスクトップ、ラップトップという、昔から変わらないパソコン本来の形を、もっともっと追求していってほしいと思います。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク
年末年始は
ブックオフオンライン

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。小さい頃から、最新のデジタル製品を買い漁ってきました。大人になった今も、最新のデジタル製品ばかりチェックしています。 多くの人がノートPC、スマートフォンやタブレットを使うようになった今、デジタル製品なしの生活は考えられません。当たり前のようにデジタル製品を使っていますが、機能を使いこなせず、使い方に悩んでおられる方がたくさんいらっしゃいます。 そういった方々のヒントになるよう、ブログで記事を発信していきます。