新しいiPod touchとBluetoothキーボードの組み合わせで仕事もばっちり

スポンサーリンク

iPhoneやiPadを司るiOSの仕様がイマイチなこともあり、iPhoneでBluetoothキーボードを接続して使うのを避けていましたが、新しいiPod touchを購入したので、久しぶりにiOSでBluetoothキーボードを使ってみることにしました。

本体性能が向上して使いやすい 

 

古いiPod touchと比較すると、6倍近く性能が向上した新しいiPod touch。性能が向上したことで、どんな作業も快適に行うことができます。

テキストエディタも快適に動いてくれるため、Bluetoothキーボードで文字を打っても、非常に軽快に文字を打つことができます。テキストエディタで文章を作りながら、Safariで調べ物をするといったこともお手の物。何をするにしても辛かったあの日々とはもうおさらばです。

変換後の予測変換だけが不満

性能が上がったことで、快適に文字が打てるようになりましたが、iOSは致命的な問題を抱えています。文字を変換した後に表示される予測変換を消すことができないのです。予測変換に表示される文字を使いたくない場合は、スペースバーを押して、空白を打つか、Enterキーを押して改行しないといけません。何でこんな仕様になっているのかは分かりませんが、長年改善されないので、Apple的にはオッケーなのでしょう。

これを回避するには、必ず「、」「。」、句読点で文字の入力を終了することです。使い勝手が悪いiOSの日本語変換でも、この方法を使うことで、そこそこ快適に文字を打てるようになります。

ただ文字を打つだけなら十分か

漢字変換が賢くないという問題もありますが、少しずつ改善されてきています。普通に文章を打つだけなら、細かい不満はありますが、もう十分なレベル言っていいでしょう。新しいiPod touchとBluetoothキーボード
あれば、ややストレスは溜まりますが、ばっちり仕事をすることができます。

Bluetoothキーボードを使うときに必須のアプリ

新しいiPod touchとBluetoothキーボードを使って文章を書くときにオススメのアプリが「ATOK Pad – JUSTSYSTEMS CORPORATION」。iOSの微妙な予測変換後の挙動も、ATOK Padを使えば解決。昔のiOSは、制限だらけの仕様でした。今のように文字変換システムを変えることができなかったため、アプリ内に独自の文字入力システムを搭載して、iOSの問題を解決していました。ATOK Padなら、漢字変換後の予測変換がないので、使いなれたパソコンでの文字入力と同じ感覚で文字を打つことができます。他のテキストエディタ系のアプリで文字を打つより、断然使いやすいことが、すぐに分かるでしょう。

iPod touch、Bluetoothキーボード、ATOK Pad。この3があれば、iPod touchでも、ばっちり仕事にをすることができるでしょう。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

サクサクな通信速度

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。小さい頃から、最新のデジタル製品を買い漁ってきました。大人になった今も、最新のデジタル製品ばかりチェックしています。 多くの人がノートPC、スマートフォンやタブレットを使うようになった今、デジタル製品なしの生活は考えられません。当たり前のようにデジタル製品を使っていますが、機能を使いこなせず、使い方に悩んでおられる方がたくさんいらっしゃいます。 そういった方々のヒントになるよう、ブログで記事を発信していきます。