ATOK for iOSではなく、ATOK Padのほうがいい

スポンサーリンク

期待されていたiOSの文字入力システムも、ATOK for iOSがリリースされたことで一段落といったところでしょうか。あまりに期待が高かったせいか、かなり酷評されているようです。まだiOS8がリリースされたばかりとはいえ、もう少しどうにかならなかったのかなぁと、僕も思うところもあります。ただ、現在の不満点も、今後行われるであろう、アプリのバージョンアップで改善されていくと思われますので、もう少し長い目で見ていく必要があるでしょう。

個人的には、ATOK for iOSの出来うんぬんではなく、文字入力アプリを使っても、外部のキーボード使用時には(Bluetooth)、標準の文字入力システムに戻ってしまう仕様が残念でなりません。物理的なボタンを持ったキーボードと、より変換効率の良い文字入力システムを組み合わせることで、iPhoneやiPadの文字入力環境が激変すると期待していただけに、かなり落胆も大きいものでした。

これで、BluetoothキーボードとiPhoneやiPadを使って文字を打つのに多くを望んではいけないと諦めたとき、あることに気付きました。

単独のアプリなら独自の仕様にできる

iOS8から追加された、文字を入力するシステムを変更できるという仕様は、iPhone上で動くどのアプリでも使えます。どのアプリでも使えるがゆえに、ある程度の制限があります。パソコンのように自由に弄ることができないおかげで、iPhoneやiPadは、パソコンにはない、高い安全性を確保しています。そのために、Bluetoothキーボードなどの外部入力機器を繋ぐと、標準の文字入力システムになってしまうというようなことになります。

基本的にiPhoneやiPadは、それぞれのアプリ単独で完結します。アプリが単独で完結することで、他のアプリや本体に影響を与えない仕組みになっています。こうすることで高い安全性を確保しているのです。そのために、文章作成アプリなどは、独自のユーザーインターフェイスを搭載し、さらに、標準の文字入力システムにはない、高い文字の変換精度を搭載しているものもあります。そのアプリ単独なら、自由に作ることができるため、標準の文字入力システムにはない、快適なユーザーインターフェイスを持ったアプリがあります。これらのアプリは、Bluetoothキーボードなどを繋いでも、標準の文字入力システムには変更されず、そのアプリ独自のユーザーインターフェイスのまま使うことができます。

標準の文字入力システムを変更しても、Bluetoothキーボードを繋いだときには、また標準の文字入力システムに戻ってしまうのなら、Bluetoothキーボードを繋いでも、標準の文字入力システムに戻らない、文章作成アプリを使えばいいのです。

ATOK Padで最高に快適な文字入力環境を

ATOKは、かなり昔からATOK Padという、文章作成アプリをリリースしています。僕も購入しましたが、あまり使わずに放置していました。しかし、本日改めて使ってみて、放置していたことを後悔しました。ビックリするぐらい快適なのです。AndroidとBluetoothキーボードの組み合わせより快適です。WindowsタブレットとBluetoothキーボードの組み合わせともいい勝負です。文字を打つ気持ち良さだけでいったら、ATOK Padのほうが上かもしれません。

こんなに素晴らしいものが随分前からあったのに、なぜ気付かなかったのでしょうか。使わずに放置しておくのには勿体ない素晴らしい完成度のアプリです。ATOK for iOSは、このアプリ単体でしか使うことができませんが、文字を打つだけですから、このアプリで文字をザーっと打って、ATOK Padで打った文字をコピーしてから、使いたいアプリに移動して貼り付ければいいだけのことです。

iOS標準の文字入力システムとは比べものにならない快適さ

ATOK Padの素晴らしい点は、とにかく文字を打っていて気持ちがよいということです。iPhone、iPadの標準文字入力システムとは比べものにはなりません。本当に今使っている端末はiPhoneだろうかと思ってしまうほど、快適に文字を打つことができます。標準の文字入力システムのように、予測変換が文字入力の邪魔をすることもありませんし、文字を打っているところの下に、変換候補が出ますが、程良いサイズで変換窓が出るため、不快感はありません。

IMG_2255.PNG

完成度が低いと、こういったものが邪魔をして、文字を打っているとストレスが溜まってきますが、このATOK Padはまったくそういったことはありません。さらに、文字の変換精度もかなり高いと思います。

これならAndroidにATOKをインストールするより、iPhoneでATOK Padを使ったほうが、文字をたくさん打つことができるでしょう。

iOS8じゃなくても最強の文字入力システムがあった

iOS8の登場を待たなくても、すでに最強の文字入力システムがあったのです。見つけることができなかった自分を悔やみます。

ATOK for iOS が登場したことで、今後このATOK Padの開発が終了し、徐々にフェードアウトしていくかもしれません。しかし、制限がある文字入力システムより、アプリ内限定とはいえ、より自由に作ることができ、WindowsやAndroidを上回る快適な文字入力環境を構築しているATOK Padを無くしてしまうのは、勿体ないように思います。このまま無くすのではなく、より画面が大きいiPhone6やiPhone6 Plusに最適化していってほしいと思います。

ブログを書くだけなら、iPhoneにATOK Padをインストールし、Bluetoothキーボードを使えば、パソコンに引けを取らないぐらい快適に文章を書けるでしょう。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。

ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。

大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。

楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。

follow us in feedly