10万以下でペンが使える端末一覧

アイキャッチ画像 手書きペン端末特集
スポンサーリンク

手書きのペンが使える有り難さを感じています。絵が書く習慣がないと、ペンで絵を書こうという気になりませんが、一つのきっかけで変わります。

僕の場合はトレースがきっかけでした。MediBang Paint(メディバンペイント)というアプリを使い、一番下のレイヤーに写真を置いて絵を描いたことで、手書きの絵を書く面白さに出会いました。

真っ直ぐ線を書くだけでも苦労していますが、色んな機能を使うことで、それなりの絵が書けるようになりつつあります。

Galaxy Note8というスマートフォンで絵を描いていますが、もう少し大きい画面でも書きたいなと思うときもあります。自分が使っている端末以外で絵が書ける端末を調べてみました。

10万以下で買える手書き端末

高いお金を出せば、良いものが買えるのは当然です。10万以下という縛りをつけて、手書きの絵が書ける端末を紹介します。

Surface Go(RAM4GB ストレージ64GB)

夏に発売されたSurface Go。コンパクトなサイズに、汎用性の高い2in1PCです。ペンの書き味は上々で、4096段階の筆圧感知に対応しています。

キーボードを購入せずペンだけ購入すれば、初期投資を抑えることもできます。手書きの文字を書いて文章が打てる機能が搭載されているので、長文を書かなければ、キーボードは無しでも大丈夫。

合計金額:74,511円

性能的にやや劣る4GBで計算。処理能力が高くないCPUを搭載しているので、RAM4GB、ストレージ64GBにしました。上位モデルも同じCPUです。そこまで大きな違いはありません。Officeが付いてくる分割高ですが、Officeが必要な人にとってはコスパの高い商品です。

iPad(Wi-Fiモデル 32GB シルバー MR7G2J/A)

春に発売されたiPad。Proじゃないのに、Apple Pencilが使えます。性能的には最新のiPad Proには劣りますが、このiPadでも十分な性能です。絵を書くだけではなく、タブレット端末としても優秀なiPad。絵を書く用途にピッタリの1台です。

iPadもペンは別売りですが、書き味は抜群。書きたい絵を書くことができるでしょう。

合計金額:53,230円

ストレージは32GBで十分です。電子書籍や映画をたくさんiPadに入れておきたい方は、128GBのモデルを購入しましょう。約5万でストレスのない手書き端末が手に入ります。絵を書きたい人が、まず購入を検討するべき端末です。

raytrektab DG-D08IWP Siro(RAM4GB ストレージ64GB)

あまり知られていないWindowsタブレット。今では貴重な8インチというコンパクトなサイズで、手書きの絵が書けます。

CPUがAtomという古いプロセッサーのため、使用感にややストレスがあります。Windowsパソコンとして本格的に使うのではなく、お絵かきメイン、たまにメール程度の使い方が良いでしょう。

合計金額:49,800円

5万を切る価格で、手書きの絵が書けるWindowsです。使用感を重視するなら、iPadでしょうか。Windowsを取るかiPadにするか。使う人によって変わってくるでしょう。

HUAWEI MediaPad M5 Lite(RAM4GB ストレージ64GB)

発売されたばかりのAndroidタブレット。手ペンが標準で付いてくるモデルが用意されているところからも、これまでとは違う売り方をしたいのが伺えます。

筆圧感知が2048段階とやや劣りますが、実用レベルの書き味なので、この仕様で十分です。

合計金額:37,187円

ペンが同梱されて4万切りです。iPadより大幅に安いため、2018年末の大注目の1台です。

ASCII.jp:ペンも使える万能高コスパタブ、ファーウェイ「HUAWEI MediaPad M5 Lite」レビュー (1/3)|ファーウェイ通信

LG Q Stylus(RAM3GB ストレージ32GB)

スマートフォンにも手書きブームがくるのでしょうか。楽天モバイルで取扱が始まるLG Q Stylus。シムフリーで4万という、売れ筋ど真ん中の製品です。



合計金額:39,744円

4万で手書きのペンが使えるスマートフォンは、LG Q Stylusしかありません。手書きペンが使える有名なスマートフォンといったらGalaxy Noteシリーズですが、型落ちのNote8でも白ロムで7万です。必要十分な性能で手書きの絵が描けるモデルとして、地味に売れるでしょう。

4万円でペン搭載な6.2型スマホ、LG Q Stylus発表。楽天モバイルが先行発売 – Engadget 日本版

筆圧感知機能がありません。細かい絵を書く人には向いてません。本気で絵を書きたい人は、他の機種を購入してください。

Galaxy Note8(RAM6GB ストレージ64GB)

僕も使っているスマートフォン。スマホとして一線級の性能と、うっとりするほど美しいOLEDディスプレイを搭載しています。スマホとして文句のない性能で、滑らかな絵が描けるスマートフォン。スマホの世界では敵なしの1台です。

合計金額:70,000円

だいぶ価格も下がってきましたが、まだまだ高価なスマホです。この年末あたりで6万になれば、迷わず買いたい1台です。最新機種のGalaxy Note9はマイナーチェンジモデルで、Note8との違いがほとんどありません。型落ちのGalaxy Note8をお値打ちにゲットしましょう。

手書き端末製品比較一覧表

Surface GoiPadDG-D08IWP SiroMediaPad M5 LiteLG Q StylusGalaxy Note8
OSWindows10iOSWindows10AndroidAndroidAndroid
画面サイズ10インチ9.7インチ8インチ10.1インチ6.2インチ6.3インチ
画面解像度1800×12002048×15361280×8001920 x 12002160×10802960×1440
PPI217264189224390521
RAM4GB2GB4GB4GB3GB6GB
ストレージ64GB32GB64GB64GB32GB64GB
筆圧感知4096未公表(4096レベル)4096204804096
重量522g469g400g480g172g190g
価格74,511円53,320円49,800円37,187円39,744円70,000円

画面サイズ、性能、値段で決める

画面サイズ、性能、値段という順番で購入するものを決めましょう。画面サイズが大きいほうが書きやすくなりますが、持ち運ぶときに荷物になります。性能が良いほうが使用感は良くなりますが、当然値段は上がります。

自分に必要な端末はどれなのか、じっくりと考えてみましょう。

 

スポンサーリンク


アイキャッチ画像 手書きペン端末特集

ゆーや がおススメする
ガジェットたち

ゆーやが実際に使って、これは良いと思ったガジェットを紹介しています。どの製品も、きっと役に立ってくれるでしょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

おーの ゆーや

サラリーマン兼業ブロガー。小さい頃から、たくさんのデジタル製品を使ってきました。昔は一部のマニアだけのものでしたが、今では生活必需品となりました。スマートフォン、タブレット、パソコン、これらの道具がないと生活に支障をきたすほど。しかし、使い方がよく分からず悩んでいる人も多いでしょう。これまで培ってきたノウハウを多くの人に伝え、デジタル製品でしあわせになってもらいたいと思い、このブログで情報を発信しています。