SE215などのMMCXイヤホンを4,000円でワイヤレスに

SHURE SE215をワイヤレス化アイキャッチ画像 買い
買い

有線イヤホンでコスパ抜群なものといったらSHURE SE215(SHURE SE215 Special Editionも)。クリアカラーがかっこいいイヤホンですが、ワイヤレスイヤホン全盛の時代になり、使う機会が減っています。

本家のSHUREから、ワイヤレス化するケーブルが発売されていますが、お値段が少々高いのがたまに傷。1万オーバーとなると、買うのを躊躇します。新型はBluetooth5.0対応になりましたが、お値段が2万ほど、、、これでは気軽には買えません。

MMCX、ワイヤレスとAmazon検索

「MMCX ワイヤレス」とAmazonで検索

『MMCX ワイヤレス』とAmazonで検索してみたら、SHUREのワイヤレスケーブルと同じようなものが出てきました。

あまりにたくさんあって、どれを買ったらいいか迷いましたが、Bluetooth5.0に対応しているものを購入しました。

スポンサーリンク

SHURE SE215をワイヤレスにする方法とは

有線のイヤホンを、どうやったらワイヤレスにすることができるのでしょうか。

ヘッド部分とコードが分離できる

ヘッド部分とコードが分離できる

SHUREのイヤホンは、ヘッド部分が取り外せるようになっています。MMCXと呼ばれる方式で、ヘッド部分が脱着できます。

SHURE SE215 Special Editionがワイヤレスイヤホンに

SHURE SE215 Special Editionがワイヤレスイヤホンに

ケーブル部分をBluetoothにしてしまえば、ワイヤレスのイヤホンに変身します。

MMCX対応と書かれたものを購入する

MMCXと書かれたものを買えば、SHURE製イヤホンのヘッド部分が付けられます。ワイヤレスのコードに変えるだけで、SHUREの音の良さを活かしつつワイヤレス化できます。

Amazonで『MMCX ワイヤレス』と検索しましょう。

たくさんMMCX用ワイヤレスケーブルがある

Amazonで『MMCX ワイヤレス』と検索すると、たくさんのMMCX用ワイヤレスケーブルが出てきます。1万を越すSHURE純正のワイヤレスケーブルから、他社製のものまでズラッと出てきます。他社製のケーブルは、2~5千円ぐらいで販売されています。

これぐらいの値段なら、お試し感覚で気軽に購入できます。商品を見比べても違いがよく分からないので、Bluetooth5.0対応と書かれたものを購入しました。

TENHZ B1 パッケージ

今回購入したのは、TENHZ B1という商品です。

箱を開けて出てきたのは、、、

TENHZ B1パッケージ表面

TENHZ B1パッケージ表面


TENHZ B1パッケージ裏面

TENHZ B1パッケージ裏面

あまりにシンプルなパッケージ。パッケージというよりは、梱包のための箱といった感じ。パッケージに写真も付いておらず、本当に大丈夫かと心配になりますが、そんな心配は杞憂に終わります。

袋に入っているのがmicro USBケーブル

袋に入っているのがmicro USBケーブル

取扱説明書もなく、ワイヤレスケーブルと、充電用のmicro USB端子が入っていました。スマホとペアリングするだけなので、説明書がなくても大丈夫でしょう。

TENHZ B1 デザイン

クリアブルーとのマッチングが微妙かも

クリアブルーとのマッチングが微妙かも

いたって普通のデザインです。ネックタイプのワイヤレスイヤホン。質感は少々安っぽい作り。ヘッド部分のクリアブルーとのマッチングはイマイチです。

クリアカラーのSHURE SE215、スペシャルのないモデルのほうが色味は合うでしょう。

ヘッド部分を付け替える

SHURE SE215 Special Editionのヘッド部分

引っ張ると外れる

まずは、SHURE SE215のヘッド部分を取り外します。これをTENHZ B1に付け替えます。あとは、お手持ちのスマートフォンとTENHZ B1をBluetoothで接続するだけです。

ケーブルのワイヤー有無

ワイヤーは入っていない

SHUREのイヤホンケーブルは、ヘッドに近い部分にワイヤがー入っていますが、このケーブルにはワイヤーは入っていません。入っていませんが、耳に引っ掛けることで、SHURE掛けにできます。

真ん中のボタンがパワーボタン

真ん中のボタンがパワーボタン

真ん中なの丸いボタンを長押しすると、パワーオンからペアリングというアナウンスが流れます。Bluetoothイヤホンではお馴染みの作業です。

スマホのBluetooth設定画面に表示された『TENHZ B1』をタッチすると、TENHZ B1とスマホの接続設定が完了します。

一度ペアリング作業が完了した後は、TENHZ B1の電源を入れるとスマホに繋がります。

想像を遥かに上回る音質に大興奮

正直パチモンですし、SHURE純正のワイヤレスケーブルじゃないから、普通のBluetoothイヤホンと同じような音だと思って音を聞きました。

!!!!!!!

音を聞いた瞬間に時間が止まりました。

!!!!!!!

今まで聞いたことのない、キレがあってパンチのある音が耳に聞こえます。アナログ接続ではなく、Bluetoothでのデジタル接続になるからか、有線で聞くSHURE SE215 Special Editionの音より断然良い音です。

SHURE SE215をTENHZ B1に

極上の音に変身

有線のSHURE SE215 は、少し曇ったような音ですが、このワイヤレスケーブル(TENHZ B1)でワイヤレスにして聞くと、曇りのない澄んだ音に変身します。ツカーンと高音の切れ味鋭い音が鳴り、低温もズドーンズンズンと迫力満点。

誇張した音ではなく、自然な美しい音がクリアに鳴ります。野球に例えると、メジャーリーグの大谷翔平選手がピッチャーで、アウトローに160km/hのストレートをシューーーーと投げるようなイメージ。ただ速いだけではなく、キレもあって美しいストレートのような音が鳴ります。

これには本当に驚きました。Bluetoothのイヤホンで、ここまで良い音は初めてです。アナログ端子のイヤホンジャックではなく、Bluetoothでスマホとデジタルで繋がることで、SHURE SE215 の籠った音が解消されました。

細かな音も聞こえて遅延もない。これはBluetooth5.0の恩恵か

普通のワイヤレスイヤホンでは省略されてしまう細かい音も、しっかりと細やかに鳴っています。これはBluetooth5.0のおかげでしょう。これまでワイヤレスのイヤホンでは聞こえなかった音がしっかりと聞こえます。不自然な鳴り方ではなく、鳴るべき場所で、鳴るべき音量でおしとやかに鳴っています。SHURE SE215 のヘッド部分が優秀の可能性もありますが、有線で聞いていたときには聞こえない音が聞こえます。

音がクリアーになったおかげで、今まで聞こえなかった音が聞こえているのかもしれません。

 音も途切れない

音も途切れません。とても安定しています。鞄にスマホを入れたり、ポケットにスマホを入れて、またスマホを取り出したり。電波が途切れそうなことをしても、不快な雑音は入らずに極上の音が鳴り続けます。

音域も広い

Bluetoothのイヤホンで音楽を聴くと、音域が狭くなります。飛ばせるデータ量が減るため、本来の曲が持つ音の広がりがなくなります。

ところが、TENHZ B1とSHURE SE215 Special Editionの組み合わせで聞くと、ふわーーっと広い空間の中で、然るべきところでしっかりと音が鳴っています。

これまで使っていたBluetoothのイヤホンとはまったく違います。ライブ映像を聞くと、本当にライブで聞いているかのような感動が味わえます。

遅延もない

ワイヤレスで避けては通れない遅延問題ですが、動画を見ている限りでは、ほぼ遅延はないといっていいレベル。動画を見るには、不自然さは感じません。

口の動きと声がぴったりと一致しています。タイミングがシビアな音ゲーをしない限り、遅延が気になることはないでしょう。

スマホでゲームをしていないため、音ゲーでの遅延は検証できていません。

2019年2月7日追記 Bluetooth4.2端末で視聴

Bluetooth5.0でもBluetooth4.1でも、音質は変わらないというネット上の記事もあります。手元にある第六世代iPadのBluetoothが、Bluetooth4.2までしか対応していないので、iPadとTENHZ B1を接続してみました。

Galaxy Note8を接続したときと同じように、他の楽器に埋もれてしまう音も聞こえます。音の傾向は同じですが、Bluetooth5.0で接続しているGalaxy Note8のほうが、音の空気感や迫力は上に聞こえます。

この感じ方の差が、端末の違いなのか、Bluetoothのバージョンによる違いなのか。これ以上検証しようがないため、Bluetoothのバージョンによる違いで、音に差が出ているかは断言できません。

ただ、Galaxy Note8、TENHZ B1、SHURE SE215 Special Editionの組み合わせで聞く音楽は極上です。Bluetoothのイヤホンでここまでの音が聞こえることに、素直にありがとうと言いたいです。

SHURE SE215とTENHZ B1は、AirPodsより安い

ワイヤレスのイヤホンといったらAirPods。右を見ても左を見ても、白い棒を見かけるような状況。完全分離型のイヤホンで、あの音質と使い勝手を実現しているのは、AirPodsだけ。オンリーワンのイヤホンですが、耳に合う合わないという問題があります。

Apple AirPods

耳の穴に入る部分がプラスチックで滑りやすい

ヘッド部分がプラスチック剥き出しのため、耳に合わないとずり落ちます。僕はどうやっても耳に合わないので、AirPodsを泣く泣く手放しました。

イヤーピースを付け替えられる

イヤーピースを付け替えられる

SHURE SE215はイヤーピースを自由に付け替えられるので、自分の耳に合うよう調整できます。フィギュアスケートの羽生選手が有名にした、SHURE掛けという方法で耳に装着すると、さらにフィットします。

完全に周囲の音を遮断できるので、イヤホンから鳴る音だけに集中できます。SHURE SE215の艶やかな再生能力に、Bluetooth5.0の安定した通信で、極上の音を堪能できます。勿論、スマートフォンとイヤホンを繋ぐ長いケーブルはありません。

12,000円+4,000円=16,000円

SHURE SE215 Special EditionとTENHZ B1の組み合わせは、AirPodsよりも安い値段なのに、音は断然に上。AirPodsとは比較にならない極上の音です。

最高の音がある日々

Galaxy Note8とTENHZ B1

Bluetooth5.0対応スマホで聞こう

この音を手に入れたことで、音楽を聴くのが楽しくなりました。今まで聞いていた曲たちが、また生まれ変わったかのようです。よく聞く歌を聴き直して、音の良さにうっとりしています。

SHUREのイヤホンを持っている人は、TENHZ B1を買ってみてください。4,000円でさらに音が良くなってワイヤレスになります。

そんな夢のようなマジックが、これを買うだけで実現できます。SHUREのイヤホンを持っていない方も、SHURE SE215とTENHZ B1を購入して、最高の音楽生活を楽しんでください。

毎日がキラキラと輝きだす、自由で輝く音を手に入れましょう!

TENHZ B1 最新技術 MMCX Bluetooth 5.0 リケーブル MMCX接続端子 無線 APTX IPTX5 防水 ブルートゥース5.0対応10時間連続駆動 2時間快速充電 SHURE 846 535 215 315 425 UE900 W10 W20 W30 W40 W50 W60 HA-FX850 HA-FX1100 XBA-Z5 XBA-A3 XBA-A2 XBA-H3 XBA-H2 、ウェストン、アルティメットイヤーズ、ULTRASONE、Fenderなど多数に対応可能 Kinboofi (MMCX)
Shanhai

記事で紹介しているものが廃盤になっているようなので、同等の商品と思われるもののリンクを貼っておきます。

 

Twitter でおーの ゆーやをフォローしよう!

コメント

  1. Sas より:

    大変参考になりました。
    耳掛け部にワイヤーは入っていましたか?

  2. Sas より:

    ありがとうございます。
    購入してみます。

  3. さいてよ より:

    購入に迷っているところ、こちらのブログを拝見し参考になりました。
    2点質問なのですが、こちらはAAC対応しておりますでしょうか。また、マルチペアリングは対応していますか。
    よろしくお願いします。

    • マルチペアリングになるか試しましたが、できませんでした。
      AACに対応しているかどうかは、確認できていません。
      AAC対応とは書かれていないので。おそらくaptXのみ対応かと思います。

タイトルとURLをコピーしました