最強イヤホン final E2000 カナル型イヤホン FI-E2DALをレビュー

finalE2000アイキャッチ画像
スポンサーリンク

色んなイヤホンで音楽を聞くのが好きな ゆーや です。

イヤホンなんて一つでいいじゃないかという声が聞こえてきそうですが、イヤホンを変えると、大好きな曲たちの聞こえ方が変わります。音の聞こえ方が変わると、心の感じ方が変わります。

その日の気分に合わせて、イヤホンを変える。

僕はそんな風に音楽を楽しんでいます。

色んなイヤホンを買うと、イマイチだなぁと思うイヤホンもありますが、これはいいぞ!と、思わずガッツポーズしたくなるイヤホンもあります。

完全ワイヤレスイヤホン
AirPodsなどの完全ワイヤレスイヤホン

Appleの AirPodsが大ヒットしたことで、コードで接続するイヤホンが街から消えつつあります。耳に大きなヘッドを付けている人のイヤホンも、だらんとコードが垂れておらず、ワイヤレスのイヤホンを使っているのが分かります。より迫力があるオーバーヘッド型でも、ワイヤレスが当たり前になってきています。

実際にワイヤレスのイヤホンを使ってみると分かりますが、音楽の聞き方を変えます。邪魔するものがないので、自由なスタイルで音楽を聞けます。

No Life No Music

No Life No Musicという人たちには、無くてはならないイヤホンとも言えますが、その自由と引き換えに失ってしまうものがあります。

音質

随分と音が良くなったといっても、線で繋ぐイヤホンには敵いません。無線と有線では、送れるデータ量が違います。まだまだ有線イヤホンには音で負けているのが現実です。

有線イヤホンワイヤレスイヤホン
音質
自由度
お手軽さ

ワイヤレスイヤホンも随分と音が良くなり、昔ほどの不満はありませんが、言葉では表しづらい物足りなさがあります。コードのない自由さはありますが、イヤホンを充電する手間がかかります。技術の進化によって、バッテリー持続時間は長くなってきましたが、充電が必要なのは変わりません。

イヤホンジャックを差すだけのお手軽さ

イヤホンジャックに指すだけというお手軽さが有線イヤホンの良いところですが、iPhoneからイヤホンジャックが無くなってしまい、有線イヤホンを使うのに変換ケーブルが必要になりました。

お手軽で音が良い。

有線イヤホンの特徴も、スマートフォンの機種によってはそうとは言えなくなっていますが、まだまだイヤホンジャックを備えているスマートフォンはあります。そういった機種を使うことで、お手軽に良い音を手に入れることができます。

安くて音の良いイヤホンを探す矛盾

ここ数年ワイヤレスイヤホンで音楽を聞いていましたが、どこか物足りなさを感じながら音楽を聞いていました。音質はクリアで悪くないんだけど、音のきらびやかさや、声の艶のようなものが足りないのです。

悪くはないけど、何かが違う。

その便利さが故に、線があるイヤホンを使うことが少なくなっていましたが、久しぶりに有線イヤホンで聞くと、音の良さにうっとりさせられます。

コードぐらいあっても、そこまで行動は制限されません。自由さ以上に音の良さのほうが、音楽を聞くには重要です。

安価で音がビックリするぐらい良いイヤホンってないだろうか。

安くて音の良いイヤホンを探そうとする時点で僕の人柄が伺えますが、、、

ネットで探していると、とある記事に行き着きました。

名機との呼び声高いイヤホン『final E2000』を実際に聞いてみた – LIABLIFE(リアブライフ)

アンダー5,000円とは思えない音とのこと。これは買うしかないと、即購入しました。

想像を遥かに上回る音の良さ

finalE2000
とにかく音がいい

いくら音が良いといっても、所詮5,000円以下で買えるイヤホンだろうと思って音を聞いたら、、、

今まで聞いたイヤホンで一番いいかも!

冗談抜きで、一番良いと思う音です。

とてもクリアで綺麗な音が鳴るだけではなく、音の分離感や奥行きも文句なし。細やかなリズムの音がしっかりと適正なバランスで鳴っています。女性ボーカルはより妖艶に、男性ボーカルはより力強く。

楽器の音も極上。細やかに鳴るリズム音。エレキギターのゾクゾクとするセクシーさ。そういった音が重なっても、しっかりと聞き分けられる分離感。どんな音楽でも極上のサウンドを聞かせてくれます。

1万オーバーのイヤホンより、明らかに上の音です。SHURE SE215という有名なイヤホンを持っていますが、圧倒的にfinal E2000が上です。どっちの音が良いというレベルではなく、断然final E2000

これまでも安くて良い音のイヤホンはありましたが、それは値段から考えると音が良いという評価です。

値段を抜きにして、純粋に音だけで戦えるイヤホン

値段を抜きにして音がいい。レビューの内容が軒並み良いのも納得です。

デザイン

値段なりの安っぽさは若干ありますが、納得できる安っぽさです。

finalE2000のヘッド部分1
finalE2000のヘッド部分2

コンパクトなヘッド部分は、耳への装着感も上々です。ほとんど付けている感じがない軽さで極上の音。こんな奇跡があっていいのでしょうか。製品名のフォントが安っぽく感じますが、これぐらいは許せます。

finalE2000のヘッド部分外側
メッシュ状になっている

心配なのは音漏れですが、音が漏れている感じはありません。この極上な音を鳴らしながら、ほとんど音が漏れていません。安心して電車で音楽を聞けます。

Y字分岐部分
Y字分岐部分

コードが細くて絡まりにくいのも良い点です。不快なコードのタッチノイズもありません。

いたってスタンダードなデザインですが、しっかりと機能面のことも考えてあります。

仕様

仕様表

項目仕様
筐体ステンレス鏡面仕上
重量14g
コード長1.2m
ドライバー6.4mmΦダイナミック型
ケーブルOFCケーブル
感度100dB/mW
インピーダンス16Ω

細かい仕様は気にする必要はありません。イヤホンジャックに挿して大好きな曲を聞けば、最高にご機嫌で幸せな1日が待っています。

finalE2000に同梱されているもの
同梱されているもの
5サイズのイヤーピース
イヤーピースはなんと5サイズ同梱

迷わず買おう

イヤホンをすでに持っていても、final E2000を買い増しましょう。今使っているイヤホンより、良い音を聞かせてくれます。本当に最高です!

もう有線イヤホンなんていらないなんて言わないよ絶対

そう歌いたくなるほどの音です。こんな素晴らしい音を鳴らすイヤホンが4,000円で買える衝撃。間違いなく今年購入したガジェットの中でNo.1候補です。この値段でこの音は凄いというレベルではありません。

純粋にイヤホンとして音が良い

これこそが、final E2000の素晴らしいところ。良いイヤホンないかと探している方は、迷わずfinal E2000を購入してください。きっと毎日がキラキラと輝くでしょう。

YUYA
線で繋ぐイヤホン。4,000円で買えるイヤホンとは思えない音の良さ。この価格でこの音は手に入りません!

 

スポンサーリンク


finalE2000アイキャッチ画像

ゆーや がおススメする
ガジェットたち

ゆーやが実際に使って、これは良いと思ったガジェットを紹介しています。どの製品も、きっと役に立ってくれるでしょう。



コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

おーの ゆーや

サラリーマン兼業ブロガー。小さい頃から、たくさんのデジタル製品を使ってきました。昔は一部のマニアだけのものでしたが、今では生活必需品となりました。スマートフォン、タブレット、パソコン、これらの道具がないと生活に支障をきたすほど。しかし、使い方がよく分からず悩んでいる人も多いでしょう。これまで培ってきたノウハウを多くの人に伝え、デジタル製品でしあわせになってもらいたいと思い、このブログで情報を発信しています。