結論 ProではなくiPad(第6世代)がベストバイ

ベストバイiPad(2018)アイキャッチ画像
スポンサーリンク

今年も色々なデバイスが発売になりました。新しいモノに目がいってしまいがちですが、冷静に考えると見えてくるものがあります。

それって本当に必要なのだろうか

ガジェットの進化が高止まりしてきたことで、最上位モデルを購入しなくても、十分実用的に使えます。

それを1番象徴しているのがiPadです。ProというiPadが登場し、Apple Pencilが使えるようになりました。Proと名乗るだけあって、それ以外にも特徴はありますが、機能的に大きな違いはありません。

Proだけの特権だったApple Pencilが、2018年に発売されたノーマルiPadでも使えるようになりました。ProじゃなくてもApple Pencilが使えるようになったことで、Proがどのように進化するか。新しいiPad Proに対する期待は高まりました。

処理速度大幅アップ、顔認証、前面フル画面

といった進化をしました。とくに処理速度の上がり方が凄まじく、もはやタブレットとは思えないレベルに。

発売されたときは大きく話題になりましたが、今ではすっかりと落ち着きました。

たしかに凄いけど、そこまで必要ない

普通のiPadとiPad Proの価格差は倍以上あります。2倍も高いだけの価値があるかと言われると、、、

2倍の価値はない

最新のProがつくiPadでしか出来ないことがないのです。処理性能が高いおかげで恩恵があることもありますが、普通のiPadでも十分に高性能です。わざわざProの付くiPadを買わなくても、やりたいことは何だってできます。

今年もたくさんのガジェットが発売されましたが、2018年のベストバイはiPad(2018)です。

iPad(2018)がベストバイの理由

iPad(第6世代)のまとめ

iPad(第6世代)を絵で解説

ノーマルのiPadがベストバイの理由を説明します。

価格

まず価格が安い。このiPadを勧める最大の理由です。iPad(第6世代)最下位モデルの新品価格40,824円(税込)。最新のiPad Pro11インチモデルの新品価格96,984円(税込)。

価格差56,160円!

もう1台iPadが買えてしまいます。それだけの価格差があればいいのですが、、、Proが付いているiPadでしかできないことはありません。機能的に大きな違いがないのに、わざわざ高いほうを買う必要はないでしょう。

ApplePencilの滑らかな書き味

このiPadをお勧めする理由は、安さだけではありません。

ApplePencilが使える

なんとペンで絵や文字が書けるのです。これまでProのついたiPadでしか使えなかった機能が、普通のiPadでも使えるようになりました。ただ使えるというレベルではなく、最高レベルの書き味なのも嬉しいところ。新しい iPad Pro、SurfaceなどのWindowsタブレットと比較しても、まったく遜色ありません。


ペンが使える安いWindowsタブレットもありますが、本体の性能がやや足りないところもあったり、ペンの書き味がイマイチだったりします。そういった端末と変わらないレベルの値段で、最高クラスのペン入力体験ができます。

ワコムのペンタブレットで絵を描いているところ

ワコムのペンタブレットで絵を描いているところ


パソコンの周辺機器で、ペンタブレットというものがあります。USBでパソコンと接続し、手元にある板にペンで絵が描けるようになります。簡単に手書きの絵が描けるようになりますが、画面に直接書けないので、慣れるまでかなり苦労します。

Applep Pencilで絵を描いている様子

Applep Pencilで絵を描いている様子

iPadは画面に直接ペンで書きます。直接書き込める端末が、ペン代金込み約5万で購入できます。この値段で買える手書き端末としては、最高クラスの使用感。コンピュータで絵を書きたいと思っている方は、これを買わずして何を買うのでしょう。

ただし、ApplePencilは別売りです。別途1万程度かかってしまいます。記事の最後で、安く手に入れる方法を教えます。

Bluetoothキーボードで十分

Bluetoothキーボード

ProじゃないiPadは、磁石でくっつくキーボードが使えません。ワイヤレスではなく、線で繋がることで、スムーズで快適なタイピングを実現しています。

ProじゃないiPadは、違う方法でキーボードを接続しなければいけません。Bluetoothという方式を使います。ワイヤレスでしかキーボードは接続できませんが、とくに問題はありません。たまに周囲の電波と混信し、キーの反応がおかしくなることもありますが、耐えられないというレベルではありません。

iPad Pro専用のキーボードを繋ぐことで、トラックパッドでも使えればいいのですが、 iPadはトラックパッドやマウスでの操作ができません。OSが無理やり使えないようにしているので、純粋に文字を打つためだけにしか、手元のキーボードが使えません。

専用のキーボードでしかできないことはないので、Proである必要性がさらになくなります。 iPad(第6世代)でも、ProのつくiPadと何ら変わりなく文字を打つことができます。

サクサクと動く

コンピュータの使用感を表現する言葉に、サクサク感というものがあります。性能が高い機械は処理する能力が高いため、サクサクと動作します。反対に性能が低いコンピュータは時々固まるので、モッサリと呼ばれます。

iPad(第6世代)に搭載されている機械は、A10 Fusionチップといいます。iPhone 7にも入っていますが、このチップはかなり高性能です。コンピュータの能力を計測する、ベンチマークテストというものがあります。

シングル 3200
マルチ    5700

GeekBenchと呼ばれるテストで比較しても、下手なノートパソコンより高性能です。iPad(第6世代)と同じサイズで、Proが付いている iPad、iPad Pro 9.7インチモデルを越えています(シングル2900 マルチ5000)。

この性能なら、あと2年は快適に使えます。絵も描けて、何をやるにしても快適な端末が、なんと4万で入手できるのです

iPad(第6世代)をお値打ちに購入する方法

安いといっても、iPadとペンを購入すると5万を超えます。少しでも安く購入する方法を教えます。

整備済品を購入する

iPad 整備済製品

Appleには整備済品というものがあります。返品や修理などで戻ってきた端末を、手直しして販売する商品になります。しっかりとチェックし、新品同様となったものを、値引きして販売しています。


この整備済品にiPad(第6世代)が加わりました。お値段なんと、31,800円。税込だと34,344円。新品同様のiPad(第6世代)が3万5千円を切っています。ヤフオクで中古を探すより、整備済品のiPad(第6世代)を買うのが、1番簡単でお値打ちにゲットできる方法です。

ヤフオクやメルカリで中古を購入

整備済品が登場したことで、中古価格が下落します。これから3万を切る価格で、中古のiPad(第6世代)が出てきます。2万円代で、ペンも使えるiPadが買えてしまうことになります。

Apple Pencilも中古価格が下落

新しいApple Pencilが登場しました。新しいiPadでしか使えませんが、初代Apple Pencilの中古相場が下がっています。2018年12月15日現在、7千円前後で落札できます。新型のiPad ProとApple Pencilが出たおかげで、お値打ちにゲットできるようになりました。

第2世代のApple Pencilはもともと使えませんので、値段が安くなった分だけ得をします。今こそiPad(第6世代)とApplePencilを買うときでしょう。

4万以内でiPadとApple Pencilを入手できる

整備済品や中古を探すことで、4万以内でペンが使える端末を手に入れることが可能です。アプリが豊富で何でもできるiPad。ペンが使えなくても便利ですが、手書きの絵や文字まで書けてしまうのです。

そんな便利な機械が総額4万で入手可能です。2018年が終わろうとしている今、最高にお得な機械を、お値打ちにゲットしましょう!

YUYA
書き抜群のペン対応端末が4万程度で買えることで、コンピュータの使い方が変わります。イラストや絵を書こうと思っている学生さん、仕事で資料を閲覧したりチェックする方、絵や音楽をやりたい方。そういったクリエイティブな要望を実現する、1番お値打ちな端末がiPad(第6世代)。お絵描きしたいなぁと考えている方は、iPad(第6世代)とApple Pencilの組み合わせが、1番安くて実用的な方法です。
iPad(第6世代)とApple Pencilで、新しい生活をスタートさせましょう!

 

スポンサーリンク


ベストバイiPad(2018)アイキャッチ画像

ゆーや がおススメする
ガジェットたち

ゆーやが実際に使って、これは良いと思ったガジェットを紹介しています。どの製品も、きっと役に立ってくれるでしょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

おーの ゆーや

サラリーマン兼業ブロガー。小さい頃から、たくさんのデジタル製品を使ってきました。昔は一部のマニアだけのものでしたが、今では生活必需品となりました。スマートフォン、タブレット、パソコン、これらの道具がないと生活に支障をきたすほど。しかし、使い方がよく分からず悩んでいる人も多いでしょう。これまで培ってきたノウハウを多くの人に伝え、デジタル製品でしあわせになってもらいたいと思い、このブログで情報を発信しています。