aptX HDで音楽を聞いて泣いた

スポンサーリンク

音楽はワイヤレスで聞くのが当たり前になってきた。iPhoneやMacの迷走ぶりばかりが目立つAppleだが、iPhone、iPadに続く、革命的なプロダクトを出している。

AirPods

一番に新しいデバイスを出すのではなく、すでに世にあるものを再定義するのがアップルという会社。ワイヤレスで音楽を聞くイヤホンはたくさんあるが、AirPodsがすべてを変えてしまった。難しい設定をすることなく、誰でもワイヤレスで音楽が聞けるようになった。

まるでアクセサリーかのように耳に装着しておけるので、若者たちは耳から外すことなく生活をしているようだ。

AirPodsをつけながら交わる人たちが17%もいる | ギズモード・ジャパン

街を彷徨うキャッチたちも、AirPodsをつけたまま声をかけている。従来の常識では考えられないスタイルを、AirPodsは作り上げたのだ。

そんなAirPodsの便利さは百も承知だが、耳に合わないのだからしょうがない。いつの間にかiPhoneも手放してしまったので、AirPodsの便利さを享受できないということもあり、いたって普通のネックレスタイプのBluetoothイヤホンを使っている。

コードがまったくないよりも、首にかけたおいてほうがいい。いつ無くすか心配することなく、首からぶら下げておける。AirPodsが耳に合わない言い訳と思われても仕方がないが、今の環境に満足している。

aptX HDで音楽を聞いた

AirPodsでも十分満足できる音を聞けるが、世の中の技術は進化している。Bluetoothイヤホンの接続方式も色々とあり、より高音質で音楽が聞けるのだ。

aptX HD

AndroidスマートフォンはaptX、iPhoneはAAC。細かい話は抜きにすると、このように大まかに分かれる。今までもとくに不満なく音楽を聞いていたのだが、より高音質な音が鳴るというaptX HDに対応したスマートフォンと、Bluetoothイヤホンの組み合わせで聞いてみた。

aptX HDとは
音声コーデック「aptX」ファミリーのひとつで、48KHz/24bitまでのハイレゾ再生に対応したバージョン。
第787回:aptX HD とは – ケータイ Watch

泣いた

当時の思い出が全て蘇ってくるような美しい音。今まで聞いていた音楽なのに、より艶があってきらびやかに音が響く。往々にしてブラシーボ効果みたいなところがあるので、開発者オプションからBluetoothの状態を確認すると、

Bluetoothの設定画面 aptX-HDで音を聞いた証拠写真

しっかりとaptX-HDと表示されている。わざわざ確認しなくても、明らかに音の次元が違うので、いつも聞いている音源で聞けば、すぐに分かるだろう。

ボヤけて前が見えない日常のモヤが消え去り、前に進む勇気を与えてくれる。aptX-HDという魔法を使ってみてほしい。

一昔前のハイエンドモデルと、aptX HD対応ケーブル。SHUREのイヤホンを使っている方は、このケーブルに差し替えると、ワイヤレスでSHUREのヘッド部分を活かすことができます。

 

スポンサーリンク




ゆーや がおススメする
ガジェットたち

ゆーやが実際に使って、これは良いと思ったガジェットを紹介しています。どの製品も、きっと役に立ってくれるでしょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

おーの ゆーや

サラリーマン兼業ブロガー。小さい頃から、たくさんのデジタル製品を使ってきました。昔は一部のマニアだけのものでしたが、今では生活必需品となりました。スマートフォン、タブレット、パソコン、これらの道具がないと生活に支障をきたすほど。しかし、使い方がよく分からず悩んでいる人も多いでしょう。これまで培ってきたノウハウを多くの人に伝え、デジタル製品でしあわせになってもらいたいと思い、このブログで情報を発信しています。