Panasonicレッツノート2019年モデルの特徴を解説

レッツノート秋冬モデル解説




日本を代表するパソコンといったら Let’snoteレッツノート)。昔からビジネス市場で絶大なシェアを誇る、パナソニックのノートパソコンです

1996年に誕生した初代レッツノートAL-N1から23年。今では当たり前となったモバイルPCですが、モバイルという言葉が一般的ではなかった時代に、新しいコンピュータの使い方を提案しました。

時が経てば経つほど仕事がIT化したことで、モバイルPCの必要性は高まり、さらにレッツノートが広まっていきました。

レッツノートの特徴は、 「軽量、長時間、頑丈、高速、操作性、拡張性 」。今でこそ1kgそこそこのノートパソコンは当たり前ですが、1996年から1.5kgを下回るノートパソコンを出して、モバイルPCの世界を牽引してきました。

レッツノートヒストリー | パソコン(法人向け)| Panasonic

そういった拘りを貫き通してきたことで、15年連続モバイルノートシェア第1位」(13型未満ディスプレイ搭載ノートPCとコンバーチブルスタイルPC)という偉業を成し遂げています。

僕も何台か購入して使っていますが、キーボードが打ちやすいので、積極的に使いたくなります。側面には豊富な端子類が備えられており、パソコンでしたいことが、当たり前のようにできます。未だにVGA端子が付いているあたりに、レッツノートがどういったユーザーに使われているのかが分かります。

ビジネスシーンに必須といってもいいレッツノートですが、モデル数が多く、どのモデルを選んだらいいか分かりません。

2019年の冬モデルを解説します。

価格.com – パナソニック、モバイルノートPC「Let’snote」2019年秋冬モデルを発表

Let’snote(レッツノート)2019年秋冬モデルを分類すると

  • 10.1型の超軽量ノートPC (DVDドライブなし)
  • 12.1型の軽量ノートPC(DVDドライブ付)
  • 14.0型の軽量ノートPC (DVDドライブ付)
  • 12.0型の2in1ノートPC (DVDドライブなし)

以上の4タイプが発売されました。

ほぼ同じサイズのノートPCが2つ発売されており、やや混乱しやすいラインナップなので、一つずつ見ていきましょう。

750gの超軽量ノートPC レッツノート RZ8(CF-RZ8)

レッツノートRZ(CF-RZ8) | パソコン(個人向け) | Panasonic

2014年10月に登場したRZシリーズ。10.1インチというサイズにすることで、700g台の重さを実現したモデル。キーボードが付いているノートPCで、タブレット並の重さを実現。とにかく軽いノートPCが欲しいという方にオススメだ。

レッツノート RZ8(CF-RZ8)の特徴

  • 重さ750g
  • 画面タッチ操作対応
  • キーボードが少し小さい
  • 処理能力がやや非力

良いところも悪いところも含めた特徴は以上。とにかく軽いのが、RZシリーズの特徴だ。ペンは使えないが、画面をタッチして操作ができるので、あまりパソコンの操作が慣れていない人でも、なんとなく使えるタッチ操作ができるのは嬉しいところ。

とにかく軽いのが特徴だが、10.1インチという画面サイズのため、キーボードが小ぶりになっており、少し違和感を感じるかもしれない。使っているうちに慣れてくるとは思うが、購入前に実機をタイピングしておこう。

軽くて小さいこともあり、インテル Core i5-8200Yという、あまり処理能力が高くないプロセッサーを使っているのも注意点。

CPUの処理能力を表す、PassMark CPU Markスコアの点数は、

4300

今出回っているCore i5シリーズの半分ほどの処理性能。同じCore i5という名称ですが、中身は随分と違って、あまり大きなパワーが出ず、バッテリーが持つという仕様になっています。

そのおかげで、小さいサイズでも10時間以上のバッテリー持続時間を実現しています。

文章や表計算などの資料を作るのが多い方におすすめ!

DVDドライブ付モバイルノートPC レッツノート SV8(CF-SV8)

レッツノートSV(CF-SV8) | パソコン(個人向け) | Panasonic

2015年11月に登場したSZシリーズの流れを汲むのがレッツノートSVシリーズ。モバイルノートPCの王道ともいえるサイズで、約1kg程度の重さ。この軽さで、Blu-rayドライブかDVDドライブが入っているという、まさにオールインワンモバイルノートPCといった仕様です。

レッツノート SV8(CF-SV8)の特徴

  • 重さ約1000g
  • 高い処理能力
  • DVDドライブ内蔵
  • フルサイズキーボード(キーピッチ19mm) でキーボードが打ちやすい
  • 画面をタッチして操作はできない

MacBook AirのようなモバイルノートPCのスタイルで、DVDドライブが内蔵されているという、レッツノートにしかできないモデル。DVDドライブを内蔵して重さ約1kgという驚異的な軽さを実現しています。

持ち運びしやすいノートパソコンを探してる方は、一番お勧めのノートPCです。

持ち運べる重さで、DVDドライブも内蔵されている。これぞノートPCの決定版。

14インチ大画面ノートPC レッツノート LV8(CF-LV8)

レッツノートLV(CF-LV8) | パソコン(個人向け) | Panasonic

2015年11月に登場したSZシリーズの流れを汲むのがレッツノートSVシリーズ。モバイルノートPCの王道ともいえるサイズで、約1kg程度の重さ。この軽さで、Blu-rayドライブかDVDドライブが入っているという、まさにオールインワンモバイルノートPCといった仕様です。

レッツノート LV8(CF-LV8)の特徴

  • 14インチの大きな画面
  • フルサイズキーボード(キーピッチ19mm) でキーボードが打ちやすい
  • Core i5以上のパワフルな処理能力
  • DVDドライブ内蔵
  • 重さ1300g程度
  • 画面のタッチ操作には対応していない

コンパクトなノートPCが多いレッツノートだが、昔から14インチという大きな画面も提供している。ビジネスの世界では、大きな画面で仕事をしたい年齢層も多いのだろう。大きな画面でゆったりと資料を作ることができるのが、CF-SV8の特徴だ。

DVDドライブを内蔵して14インチというサイズで、1.3kg程度の重さを実現しているのは、さすがレッツノートといったところ。大きな画面が欲しい方は、LV8を購入しよう。

大きな画面でも持ち運べる重さ。ゆとりのあるモバイルノートPC。

2in1モバイルノートPC レッツノート QV8(CF-QV8)

レッツノートQV(CF-QV8) | パソコン(個人向け) | Panasonic

今年のレッツノートの新提案が、レッツノートQV8。12.0インチという小型なサイズで、1kgを下回る重さで、ペンやタッチ操作に対応し、Core i5以上のパワフルな処理能力を備えたモデル。

軽くて2in1のノートPCは、処理能力が非力なことが多いが、レッツノートQV8は、Core i5-8265Uという高性能なプロセッサを搭載している。

CPUの処理能力を表す、PassMark CPU Markスコアの点数は、

8500

今のCore i5は、2コアではなくて4コアのため、かなり高い処理性能。一昔前のCore i7を越す性能を実現しています。

レッツノート QV8(CF-QV8)の特徴

  • 重さ約1000g
  • 画面タッチ操作対応
  • 高い処理能力
  • 画面解像度が 2880×1920ドットと高精細
  • ペン入力にも対応
  • タブレットっぽく使える
  • キーボードが少し小さい

2in1でも高性能なPCが欲しい方におすすめ!

自分の用途にあったものを選べる2019年秋冬モデルのレッツノート

スタンダードなノートPCをサイズ違いで3種類用意し、今流行りのSurface Pro のような、2in1タイプのノートPCまで用意。豊富な端子類、打ちやすいキーボード、軽い本体、高い堅牢性を全てのモデルで実現。

スキのないラインナップになった、2019年の秋冬モデル。どのモデルを購入するか、じっくりと考えてください。

 

スポンサーリンク



レッツノート秋冬モデル解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

おーの ゆーや

サラリーマン兼業ブロガー。小さい頃から、たくさんのデジタル製品を使ってきました。昔は一部のマニアだけのものでしたが、今では生活必需品となりました。スマートフォン、タブレット、パソコン、これらの道具がないと生活に支障をきたすほど。しかし、使い方がよく分からず悩んでいる人も多いでしょう。これまで培ってきたノウハウを多くの人に伝え、デジタル製品でしあわせになってもらいたいと思い、このブログで情報を発信しています。