レビュー「dodocool MFi認定 3in1 変換充電ケーブル」で、減らない充電コードをまとめよう。

dodocool-3in1のイメージ写真
スポンサーリンク

増え続けるガジェットと同じスピードで増えていくものがあります。そう充電ケーブルです。iPhoneとiPadだけならLightningケーブル1本で済みますが、BluetoothイヤホンやAndroidを持っていると、Micro USBケーブルとUSB Type Cケーブルが必要になってきます。

たかがケーブルですが、数が増えるとかさばります。少しでも減らす方法はないか探していたところ、面白い充電ケーブルを見つました。

dodocoolの3in1充電ケーブルの全体写真

端子部分を取り換えられる

Micro USB端子のケーブルに、LightningとUSB Type Cの端子を付け替えることができるケーブルです。

「dodocool MFi認定 3in1 変換ケーブル Lightning USB+Type-C+Mirco USB充電ケーブル 1メートル」を紹介します。

同梱されているもの

dodocoolの3in1充電ケーブルに同梱されているもの

ケーブルと取扱説明書と製品証明書

ケーブルのみです。充電するACアダプターやモバイルバッテリーは、自分で用意してください。

仕様

項目 仕様 備考
MFi認定 あり
接続方式 USB Type A
対応方式 Micro USB
対応方式 Lightning
対応方式 USB Type C
転送速度 最大480Mbps USB2.0
ケーブルの長さ 1m
ケーブルの重さ 25g
ケーブルの色
ケーブルの素材 ビニール

OSのバージョンアップで突然使えなくなるLightningケーブルがありますが、AppleのMFi認定を受けており、安心して使うことができます。

長すぎず短すぎない1mの長さで重さは25g。鞄に入れておいても、邪魔にはならないサイズです。

実際に使ってみて

1本のケーブルで3役をこなすので、2つケーブルを減らすことができました。充電する端末に合わせて、先端のキャップを差し替えるだけなので、簡単に使うことができます。

左からMicro、Lightning、Type-Cの端子

左からMicro、Lightning、Type-C

端末に合わせて充電ケーブルを取り出さなくても、このケーブルを出せば、3タイプの端末に対応ができます。充電ケーブルが入っているポーチから、ケーブルを探しやすくなりました。

たかが2つの充電ケーブルですが、荷物を減らすことができました。僅かな荷物の増減が、日々のストレスに直結します。たかがケーブルでも、荷物が減るのは意味があることです。

dodocool-3in1ケーブルで、iPhoneを充電しているところ

ケースを付けていてもLightningがささる

ケースを付けた状態のiPhoneにも、しっかりとLightningケーブルを差し込むことができました。使っていても特に不具合は発生していませんし、どの端子を使でも、しっかりと充電できています。

ガジェットが多い人は買い

たくさんガジェットを持ち歩く方は、このケーブルを使うことで、充電ケーブルの数を減らしてまとめることができます。充電しなければいけない端子が3つある方は、このケーブルを購入しましょう。

価格が1,500円を切っており、大変お値打ちな価格です。普通のLightningケーブルの購入を検討中の方も、将来を見据えてdodocool MFi認定 3in1 変換ケーブル Lightning USB+Type-C+Mirco USB充電ケーブル 1メートルを購入しておくのもいいでしょう。

 

スポンサーリンク


dodocool-3in1のイメージ写真

WordPressおすすめデザインテーマ


ブログの文章を推敲してくれます



コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

おーの ゆーや

サラリーマン兼業ブロガー。小さい頃から、たくさんのデジタル製品を使ってきました。昔は一部のマニアだけのものでしたが、今では生活必需品となりました。スマートフォン、タブレット、パソコン、これらの道具がないと生活に支障をきたすほど。しかし、使い方がよく分からず悩んでいる人も多いでしょう。これまで培ってきたノウハウを多くの人に伝え、デジタル製品でしあわせになってもらいたいと思い、このブログで情報を発信しています。