本当に使えるモバイルバッテリーとは

2つのモバイルバッテリー
スポンサーリンク

外出時に鞄に入れるものといったらスマートフォン。iPhoneがSuicaに対応したことで、財布がなくても何とかなります。

iPhoneのSuica対応とは
磁気カードのSuicaが、iPhoneの中に入りました。昔からAndroidのスマートフォンには対応していましたが、iPhoneでも使えるようになりました(iPhone 7以降)。iPhoneの力は絶大で、いっきにスマホで改札を通る人が増えることに。改札を通るだけではなく、Suicaに対応しているお店なら、iPhoneで物を買うこともできます。

そんな便利なスマートフォンも、電池が無ければ役に立ちません。スマートフォンが便利になればなるほど、バッテリーは減っていきます。バッテリー切れは死活問題ともいえるので、なんとかバッテリーをもたせる必要があります。

モバイルバッテリー

コンセントがない状況でも、スマートフォンを充電できる凄い道具です。

家電量販店だけではなく、コンビニでも売られているモバイルバッテリー。たくさんありすぎてどれを買ったらいいのか迷ってしまうでしょう。

これまで10個以上のモバイルバッテリーを買ってきたおーの ゆーやが、本当に使えるモバイルバッテリーを紹介します。

モバイルバッテリーとは

その名の通り、持ち運べるバッテリーです。スマートフォンと繋ぐことで、スマートフォンのバッテリーを充電できます。

スマートフォンが普及し、どんどん便利になったことで、モバイルバッテリーの需要は急上昇。スマホだけではなく、Bluetoothのワイヤレスイヤホンも充電できるので、モバイルバッテリーが手放せないという方も多いでしょう。

本当に使えるモバイルバッテリーとは

色んなモバイルバッテリーがあります。大きくて重いモバイルバッテリーは、何回もスマートフォンを充電できますが、鞄に入れるとズッシリと重くなってしまいます。

容量が大きければいい訳でもないのが、モバイルバッテリー選びの難しいところ。たくさんモバイルバッテリーを買ってきた僕が、今も使っているのがこちらです。

ケーブルが繋がっているバッテリー

ケーブルがバッテリーに付いている

スリムでバッテリー容量が大きいモバイルバッテリーですが、もう一つ特徴があります。

ケーブルがバッテリーに直付け

充電ケーブルが直付けになっています。

変換アダプターも付いている

端子部分を変換する、変換アダプターも付いています。

モバイルバッテリーに変換アダプターが収納されている

ここに変換端子が収納されている

付いているだけではなく、変換アダプターがモバイルバッテリーに収納されています。

ケーブル、変換端子のすべてが、一つのモバイルバッテリーに収められている。

このモバイルバッテリーがあれば、すぐにスマートフォンを充電できます。充電用のケーブルを、もう鞄の中から探す必要はありません。

僕が使っているモバイルバッテリーが在庫切れのため、同じようなバッテリーを探しました。

スマホをずっと触っている人には

1日中スマホを触っている人もいるでしょう。あれもこれもできるスマートフォン。仕事をするにしても必要です。スマホで何でもやってしまう人は、それだけバッテリーが減るのも早くなります。

大きくて重いが大容量

そういった方は、大容量のモバイルバッテリーを購入しましょう。ケーブルが一体型になっていませんが、大容量という安心感はあります。

ケーブルを外さずに鞄に入れておく

よく充電する方は、ケーブルを繋ぎっぱなしにしておきましょう。これなら鞄の中にモバイルバッテリーがあっても、すぐにスマホを充電できます。

自分にあったモバイルバッテリーを

自分に必要なモバイルバッテリーはどういったものなのか。じっくりと考えて、使い勝手の良いモバイルバッテリーを選びましょう。

モバイルバッテリー選びのポイント

  1. バッテリー容量
  2. 重さ
  3. ケーブルが直付けかどうか
  4. 変換アダプターも収納できるか

これがモバイルバッテリー選びのポイントです。これらを踏まえて、モバイルバッテリーを選んでください。

 

スポンサーリンク


2つのモバイルバッテリー

ゆーや がおススメするガジェット
アフィリエイト販売ページ

ゆーやが実際に使って、これは良いと思ったガジェットを紹介しています。よろしければ商品を購入してください。売り上げの一部がアフィリエイト収入として、僕のところに入ってきます。どうぞよろしくお願い致します。



コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

おーの ゆーや

サラリーマン兼業ブロガー。小さい頃から、たくさんのデジタル製品を使ってきました。昔は一部のマニアだけのものでしたが、今では生活必需品となりました。スマートフォン、タブレット、パソコン、これらの道具がないと生活に支障をきたすほど。しかし、使い方がよく分からず悩んでいる人も多いでしょう。これまで培ってきたノウハウを多くの人に伝え、デジタル製品でしあわせになってもらいたいと思い、このブログで情報を発信しています。