最強Bluetoothキーボード「MOBO 折りたたみ型 日本語配列 AM-KTF83J-GB」をレビュー

スポンサーリンク

ようやく最強のBluetoothキーボードに出会えました。ノートPCを手放して、俺は身軽な日々を過ごすんだ!そう思っては、Bluetoothキーボードを購入して、スマートフォンやタブレットを組み合わせて試行錯誤してきました。

試行錯誤した結果出る答えは、、、

やっぱりノートPC

何度チャレンジしても、結局はノートPCに戻ってしまいます。9.7インチのiPad Pro、10.5インチのiPad Proを試したときは、だいぶ良いところまで到達したのですが、、、最後の最後でノートPCに戻ってしまいます。

ノートPCに戻ってしまう理由

スマートフォンやタブレットだけでモバイル環境を任せきれない理由があるから、結局ノートPCに戻ってしまいます。

思いつく限り原因を上げてみましょう。

  • マウスが使えない
  • キーボードがいまいち
  • 処理性能が低い
  • 画面が小さい
  • 高機能な編集ソフトが使えない

この5つが原因で、ノートPCに戻ってしまいますが、いくつか解消されました。年々スマートフォンの性能は上がっており、処理性能の問題はほとんどなくなりました。2017年末に出たiPhoneやAndroidスマートフォンは、ノートPC並の性能になっています。もはや遅くて使い物にならないということはありません。年々画面が大型化してきているので、画面の問題もそこそこ解決。あとは、Adobeのプロ向けソフトウェアが完全に使えるようになれば、、スマートフォンやタブレットがメイン機になれるでしょう。

マウスが使えないのはiPadとiPhoneだけで、Androidでは使うことができます。マウスが使えるだけで、スマートフォンの使い方がガラッと変わります。マウスがあるから、Bluetoothキーボードも活きてきます。ダーーーーっとBluetoothキーボードで文字を打っていても、画面を触ることなく、キーボードの横にあるマウスで操作できるます。

次に、ノートPCの悪いところを上げます。

  • 重い
  • 大きい
  • バッテリーが減る
  • バッテリーの充電がしにくい

物理的に重くて大きいために、毎日持ち歩くだけで大変です。ノートPCを持ち運ぶとなると、背中で背負えるリュックにならざるを得ないので、ファッションの選択肢が狭まります。

多くのノートPCを充電をするには、コンセントがないと出来ませんが、最近のノートPCは、USB Type Cで充電できるようになっています。そうう遠くない未来に、この問題もなくなるでしょう。

万能だけど重い。これがノートPCの特徴です。

Galaxy Note8をメイン機にしたい

ノートPC、スマートフォン、タブレット。どの端末も一長一短ですが、総合的に1番良いのがGalaxy Note8でしょう。

  • わりと大きい画面
  • まずまずの処理性能
  • マウスが使える
  • 軽くてコンパクト

マウスが使えるので、とても快適に操作できます。いちいち画面をタッチしなくても、手元にあるマウスでヒョイヒョイっと操作できます。打ちやすいBluetoothキーボードさえあれば、Galaxy Note8をメイン機にできますが、これといったBluetoothキーボードがありません。打ちやすいキーボードを探すと、大きくて重いBluetoothキーボードばかり出てきます。大きくて重いBluetoothキーボードを使うぐらいなら、ノートPCを持っていったほうがいいということになります。

コンパクトでそこそこ軽くて、打ちやすいBluetoothキーボード。それさえあれば、Galaxy Note8とBluetoothキーボードとマウスの3つを持ち運び、新しいモバイルスタイルが誕生します。

その夢が捨てきれず、ネットでBluetoothキーボードを調べまくったところ、気になるBluetoothキーボードを見つけました。

  • 折りたたみ
  • キーピッチが広め
  • 日本語配列
  • 有線接続も可能

まさに僕が思い描いていたBluetoothキーボードです。これら全ての条件を満たしたBluetoothキーボードはありませんでした。これで打鍵感がまずまず良ければ、Galaxy Note8だけで1日を過ごすことが可能です。実際に購入して使ってみたところ、十分に満足のいく打鍵感でした。

人類を新しいステージに連れていくBluetoothキーボード、「MOBO折りたたみ型Bluetooth日本語配列キーボードAM-KTF83J-GB」を紹介します。

同梱されているもの

パッケージ表面

パッケージ裏面

同梱されているもの

Bluetoothキーボード本体、スマートフォン、タブレットスタンド兼ケース、充電用のケーブル、取扱説明書が同梱されています。

AC充電器は、すでにお使いのものを使ってください。

仕様

対応OS iOS9以降 / Windows8.1以降 / Android4.1以降
連続使用時間 最大84時間
連続使用時間 最大84時間
充電時間 最大4時間
充電方法 Micro USB
キー配列 日本語配列
キー数 83キー
本体サイズ W291 x D120 x H13mm
折りたたみサイズ W166 x D120 x H15mm
製品内容 本体、本体充電用USBケーブル、専用スタンドカバー、取扱説明書
マルチペアリング 対応

多くのBluetoothキーボードが英語配列ですが、MOBO 折りたたみ型 日本語配列 AM-KTF83J-GBは違います。僕ら日本人が打ち慣れた、日本語配列になっています。

打ちやすいエンターキー

このエンターキーを見れば、日本語配列だというのが分かるでしょう。マルチペアリングに対応しているので、他のiPhoneやスマートフォンを持っていても、接続先を切り替えて使えます。

デザイン

シンプルでオシャレなデザイン

黒と白の色使い素敵なキーボードです。キーに貼られている文字がややゴチャゴチャしていますが、これは仕方がないでしょう。

シンプルなデザイン

キーボードの外装も、シンプルでまずまずのデザイン。

技適マーク有り

しっかりと技適マークも取得しています。

Bluetoothキーボードの中では、非常に良いデザインになっています。しっかりとしたキーに、質感の高い筐体。コンパクトさとデザイン性を高い次元で両立させています。

三つ折り仕様

実際に使ってみて

キーピッチが広いので、まったく違和感がありません。キー配置をよく見ると、一部のキーだけ極端にキーが小さくなっていますが、使用頻度の低いキーのため、あまり影響はありません。11インチクラスのノートPCでも、右側のキーが小さくなっていますが、それらのキーとは決定的に違うことがあります。

ーのキーがフルサイズ

「0」キー右横の「ー」キーが小さくなっていないのです。日本語で文章を打つと、このキーを頻繁に叩きます。多くのノートPCで、「ーキー」が縮小されており、ブラインドタッチでタイピングすると、どうしてもミスタイプします。僅かなキーサイズの違いにより、微妙にキー叩く位置がズレてしまうからです。ノートPCだけではなく、多くの折り畳み式Bluetoothキーボードも、「ー」キーが小さくなっています。ここのキーだけ大きければいいのにと思っていましたが、「MOBO折りたたみ型Bluetooth日本語配列キーボードAM-KTF83J-GB」なら、ミスタイプすることなく文字を叩き続けることができます。

1mm以上はあるキーストローク

キーストロークは、昔のMacBook並です。今のMacBookのペタペタストロークではなく、しっかりと沈むキーになっています。このキーストロークなら、打ちにくいということはないでしょう。

打鍵感は少々安っぽい感じですが、折りたたみ式という形状を考えると、十分に満足できます。少々カチャカチャと煩いタイピング音になりますが、下手なノートPCのキーボードよりは打ちやすいキーボードです。キーストロークがしっかりとあるので、MacBookのペタペタキーボードに馴染めないような方でも安心です。

指の当たらない位置に折り目の金具がある

ここが折れる

折りたたみ式キーボードで問題になってくる、折り目の金具に指が当たってしまう問題も発生しません。筐体の折れる位置を工夫していることで、スペースキーを押すときに引っかかりません。使用頻度が低いキーの箇所に金具があるので、漢字を変換するときに指が当たりません。そのかわりにスペースキーが小さくなっていますが、ギリギリ許容範囲といったところ。適正な位置にスペースキーがあるので、押し間違えることはないでしょう。

数字キーもフルサイズ

数字キーもしっかりとフルサイズのキーです。これなら打ち間違えることはありません。ファンクションキーが小さくなっていますが、ファンクションキーはほとんど使わないはず。とくに問題ないでしょう。

ここにMicro USBケーブルを差して接続

有線接続できるのも嬉しい点です。Bluetooth接続と有線接続の2つを兼ね備えたBluetoothキーボードはほとんどありませんが、「MOBO折りたたみ型Bluetooth日本語配列キーボードAM-KTF83J-GB」は実現しています。周囲の電波と混信し、勝手に文字を打ち始めてしまうような時は、有線接続に切り替えて対応できます。実際に有線接続にしてタイピングしてみましたが、何の問題もなく、普通に文字を打つことができました。

適正なキーピッチ、しっかりと沈むキーストローク、ほとんど誤送信のない安定したワイヤレス転送なのに、有線でも接続できる。こんなBluetoothキーボードが欲しかったんだと素直に思えました。

スマホ、タブレットスタンド付

ケース兼スタンドも付属しています。

手前に端末を出すことで角度調整可能

置く角度を調整できるようになっています。ただのケースではなく、かなり気の利いたスタンドです。このケースが以外に重いのが、欠点といえば欠点かもしれません。少しでも鞄の重さを軽くしたい方は、ケースは持っていかなくてもいいでしょう。

コンパクトなサイズ

大きさ比較

厚みはスマホ3台分ぐらい

ケースがカバーになっている

キーボードを収納できる

総評

買い!とにかく買いましょう。間違いなく満足できるBluetoothキーボードです。これまでのBluetoothキーボードの不満を、「MOBO折りたたみ型Bluetooth日本語配列キーボードAM-KTF83J-GB」が解決しました。

ノートPCじゃなければ仕事ができないという方も、この「MOBO折りたたみ型Bluetooth日本語配列キーボードAM-KTF83J-GB」を持っておけば、今日は荷物を持っていきたくないという時でも大丈夫。このBluetoothキーボードとスマートフォンがあれば、問題なくいつもの仕事をこなすことができるでしょう。

今日は荷物を軽くしたいときは、このBluetoothキーボード、マウス、Galaxy Note8の3つを持って外出しています。この打ちやすいキーボードがあれば、もうノートPCがなくても大丈夫。コンパクトなBluetoothキーボードを探している方は、「MOBO折りたたみ型Bluetooth日本語配列キーボードAM-KTF83J-GB」をチェックしてみてください。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク
年末年始は
ブックオフオンライン

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。小さい頃から、最新のデジタル製品を買い漁ってきました。大人になった今も、最新のデジタル製品ばかりチェックしています。

多くの人がノートPC、スマートフォンやタブレットを使うようになった今、デジタル製品なしの生活は考えられません。当たり前のようにデジタル製品を使っていますが、機能を使いこなせず、使い方に悩んでおられる方がたくさんいらっしゃいます。

そういった方々のヒントになるよう、ブログで記事を発信していきます。