完全独立型イヤホン「Zolo Liberty+」を紹介

スポンサーリンク

続々登場する完全にワイヤレスのイヤホン。あのAnkerからも登場しました。Ankerの新しいオーディオブランドZolo。そのZoloから登場した完全ワイヤレスのイヤホンがLibertyです。LibertyとLiberty+の2モデルありますが、上位モデルのLiberty+を購入しました。

LibertyとLiberty+の違い

Liberty Liberty+
ドライバ  5.5mmグラフェン

ダイナミックドライバ

6.0mmグラフェン

ダイナミックドライバ

周波数特性  20Hz~20Hz  20Hz~20Hz
対応コーデック  AAC、SBC AAC、SBC
周辺音取り込み機能  なし あり
Bluetooth  4.2  5.0
マイク  あり あり
連続再生時間  3.5時間(24時間) 3.5時間(48時間)
防水規格  IPX5 IPX5
電源  Micro USB Micro USB
アプリ  なし あり
音声操作  あり あり

Bluetoothのバージョン、周辺の音を取り込み機能、充電ケースの容量、ドライバのサイズに違いがあります。こうやって仕様表で比較すると、そこまで機能的に違いがありません。値段は倍違うので、下位モデルを選択するというのもありでしょう。

同梱されているもの

パッケージ表面

パッケージ裏面

パッケージを開けたところ

黄色のMicro USBケーブル

写真の他に、イヤーピース3サイズ、GripFitジャケットが4サイズ入っています。Liberty+は耳からズレてしまうと、ストーンと地面に落ちてしまうので、必ず自分の耳穴に合うイヤーピースを装着しましょう。

デザイン

癖のない万人受けするデザイン

いかにもイヤホンといった色使いとデザインです。「ZOLO」というロゴが安っぽい感じはしますが、無難で万人受けするデザインです。質感のほうは、プラスチック感溢れています。どちらかと言えば安っぽい質感です。

収納ケースは充電器も兼ねています。イヤホンのサイズが小さいので、どうしてもバッテリー容量が小さくなります。バッテリーの少なさを、こういったケースで充電することでカバーしています。イヤホン本体とは違って、ケースの質感は、かなりのものです。

デザイン:6/10

実際に使ってみた感想

音質

見た目以上に低音が効いています。完全独立型のイヤホンは、物理的な限界からか、わりと低音は控えめですが、Zolo Liberty+はしっかりと低音が鳴っています。このタイプのイヤホンでは、トップクラスの重低音じゃないでしょうか。 高音や中音域もしっかりと鳴っています。全体的な音のバランスもよく、長時間ノリノリで音楽を楽しめるでしょう。 AirPodsレベルの音質で、AirPodsより迫力のある低音が出ます。

グラフェン ダイナミックドライバ というものを調べてみましたが、ダイヤモンドより硬い振動板のようです。小さいイヤホンの中に入っている板が固いので、クリアでひずみのない音を鳴らします。他の完全ワイヤレスのイヤホンと比較しても、切れのいいシャキッとした音です。この音を実現しているのは、間違いなくグラフェン ダイナミックドライバ のおかげでしょう。

音質:8/10

音域

かなり広い音域です。奥行きのある音をしっかりと鳴らします。きっちりと耳に装着すれば、迫力のある低音、厚みのある音に加えて、広い音域を楽しむことができます。

音域:7/10

音の分離感

細かい音もしっかりと鳴らしてくれます。低音の音が強めですが、細かいリズムの音も、きっちりと判別できます。薄っぺらい音ではなく、深みのある音を、きっちりと分離して鳴らします。

音の分離感:7/10

接続の簡易さ

1度ペアリングを完了すれば、それ以降はケースからイヤホンを取り出すだけで接続されます。この簡易さは、AirPods並みです。最初のペアリングだけは手動しなければいけませんが、とても簡単に接続できるBluetoothイヤホンになっています。

接続の簡易さ:8/10

接続の安定度

ほぼ音が途切れることはありません。稀に片側のイヤホンの音だけ出ていないときもありますが、すぐに左右から音が出るようになります。周囲の電波と混信して、不快な音を発することもありません。街中でも安心して使えます。

Zolo Liberty+は、Bluetooth5.0に対応しています。5.0のBluetoothに対応したスマートフォンは、あまりたくさんありません。iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone X、Galaxy Note8ぐらいです。Galaxy Note8と接続してZolo Liberty+を使っていますが、あまりBluetooth5.0の恩恵は感じません。ワイヤレス転送の距離が10mから100mに伸びるようですが、2階にGalaxy Note8を置いて、Zolo Liberty+で音楽を聴いたまま1階に行くと、音が途切れて不安定な状態になります。転送距離の長さは、AirPodsが上です。AirPodsはiPhoneと距離がかなり離れても、ほとんど途切れることなく音が鳴ります。実際の利用シーンでは、スマートフォンが手元にないことは少ないと思うので、あまり気にすることではないかもしれません。

Bluetooth5.0に対応していないiPhone 6sにも接続して使ってみましたが、とくに違和感はありませんでした。AACに対応しているので音も綺麗ですし、音が途切れるようなこともありません。Bluetooth5.0に対応していないスマートフォンしか持っていない方も、安心して購入してください。

接続の安定度:9/10

使い勝手のよさ

イヤホンの透明部分がボタンになっており、一時停止などの操作ができます。操作はできますが、耳に入っている部分をタッチして操作するのは、なかなか繊細な扱いが必要です。ちょっとイヤホンの装着具合を調整しようとするだけで、ボタンを押してしまい、音楽の再生が停止してしまいます。なかなか意図通りに操作できないので、ボタンでコントロールすることはないでしょう。 耳から外すと音が止まるという機能はありません。あれば便利ですが、無くても特に困ることはないでしょう。 周囲の音を聞きやすくする機能もありますが、耳からイヤホンを外したほうが早いので、この機能も使わないでしょう。

周辺音取り込み機能を選択

オフにして、ボタンを触っても反応しないように

Zolo Lifeアプリから、この機能をオフにできます。オフにしたほうがストレスなく使えるでしょう。

使い勝手の良さ:5/10

装着感

耳に接触する部分がゴムなので、耳から外れることは少ないでしょう。耳から外れてしまうと、真っ逆さまに落ちてしまうので、耳に合うイヤーピースを選択してください。

ヘッド部分の内側がもっこりと出ているので、耳穴の奥まで入りにくい感じです。付属のGripFitジャケットを取り外すと、かなり耳にフィットしました。個人差はあると思いますが、耳からズレてしまう方は、このイヤーパッド(GripFitジャケット)を外してみましょう。

装着感:8/10

バッテリーのもち

3.5時間再生できます。付属のケースで充電すると、48時間まで再生できるようです。ケースを持った瞬間に分かりますが、かなりケースが重いので、48時間は再生できるだけのバッテリーを積んでいるのでしょう。こまめにケースに収納してやれば、バッテリーのことは気にせず使えるでしょう。

バッテリーのもち:8/10

コストパフォーマンス

音から考えると、十分納得できる値段です。特別高いわけではありませんが、AppleのAirPodsの値段とあまり変わりません。税込み12,800円ぐらいだったら、最高にお買い得なイヤホンになったでしょう。

コストパフォーマンス:7/10

総評

AirPods並みの使い勝手と、AirPods以上の低音を聞かせてくれます。AirPodsは耳に合わないという方も、Zolo Liberty+なら大丈夫な人は多いはず。完全独立型イヤホンの購入を考えている人で、AirPodsが耳に合わない方は、間違いなく購入候補に上がてくるBluetoothイヤホンです。 値段もAirPods並みですが、値段分の価値はあるイヤホンです。じっくりと悩んで、完全ワイヤレスの世界へ飛び込みましょう。

評価項目 点数(10段階)
デザイン 6
音質 8
音域 7
音の分離感 7
接続の簡易さ 8
接続の安定度 9
使い勝手の良さ 5
装着感 8
バッテリーのもち 8
コストパフォーマンス 7
合計(100点満点) 81
YUYA
現時点でのベストバイは、AirPodsとZolo Liberty+の2つ。音に関してはAirPodsより上です。apt-Xに対応していませんが、Androidスマートフォンでもかなり良い音を聞かせてくれます。Androidスマートフォンをお使いの方にもおすすめです!

 

スポンサーリンク



ゆーや がおススメする
ガジェットたち

ゆーやが実際に使って、これは良いと思ったガジェットを紹介しています。どの製品も、きっと役に立ってくれるでしょう。



コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

おーの ゆーや

サラリーマン兼業ブロガー。小さい頃から、たくさんのデジタル製品を使ってきました。昔は一部のマニアだけのものでしたが、今では生活必需品となりました。スマートフォン、タブレット、パソコン、これらの道具がないと生活に支障をきたすほど。しかし、使い方がよく分からず悩んでいる人も多いでしょう。これまで培ってきたノウハウを多くの人に伝え、デジタル製品でしあわせになってもらいたいと思い、このブログで情報を発信しています。