Insta360 GO 3を購入しました。Insta360 GO 3のような小型カメラは、あまり使ったことがありません。以前GoPro HERO8 Blackを購入しましたが、思ったより本体が重く、あまり使わずに手放しました。

Insta360 GO 3を購入した最大の理由は、本体が軽いということです。

35g

これに惹かれて購入しました。

僕がやりたかったことの一つに、自分視点の映像を撮りたい。という想いがありました。基本的に一人でいる時間が長いので、一人称視点の動画が撮りたいのです。誰かを撮るというより、自分視点の動画を撮りたいのですが、スマートフォンでは役不足でした。

スマートフォンが一人称視点の動画に向かない理由は、

  • 重い
  • 大きい
  • 撮影以外の機能がある

この3つが問題点です。あらゆる機能が凝縮しているスマホは、それなりの重さや大きさになります。軽いスマートフォンを入手したとしても、120g程度の重さはあります。

Insta360 GO 3単体の重さは36.3g(レンズフィルター装着時)
Insta360 GO 3単体の重さは36.3g(レンズフィルター装着時)

Insta360 GO 3なら、重さ35gです。現時点でこれより軽いカメラはないでしょう。レンズ保護フィルターが最初から付いているので、その分の重さが加わって、36.3gになっていると思われます。

サイズは言うまでもなく、小さいです。こんな小さいのに、しっかりとした映像が撮れます。ここまで小さくて軽いビデオカメラはありません。

この小さくて軽いというのを活かしたビデオカメラが、Insta360 GO 3というカメラになります。

アクションポッドの重さは98.4g
アクションポッドの重さは98.4g

さらにアクションポッドというビューファインダー付きのドックのようなものが付属します。

Insta360 GO 3とアクションポッドの合計の重さは、134.6g
Insta360 GO 3とアクションポッドの合計の重さは、134.6g

これを使うことで撮影時間を伸ばしたり、自撮りがしやすくなります。

Insta360 GO 3に同梱されているアクセサリー
Insta360 GO 3に同梱されているアクセサリー

付属しているアクセサリーのおかげで、色んな撮影が可能です。ただビデオカメラを売るだけではなく、利用者のことを想ったトータルでの使い勝手の良さに惹かれて、この度Insta360 GO 3を購入しました。

簡易クリップ を帽子に装着して撮影

Insta360 GO 3の簡易クリップ
Insta360 GO 3の簡易クリップ

帽子に装着できる、簡易クリップという物を使って、Insta360 GO 3を装着しました。

Insta360 GO 3の簡易クリップをUNIQLOの帽子に付けたところ
Insta360 GO 3の簡易クリップをUNIQLOの帽子に付けたところ

UNIQLOの黒い帽子2,990円に装着。Insta360 GO 3を帽子に固定して頭にかぶりました。やはり重さは感じます。帽子をかぶった重さとは違う重さを、頭の前方に感じます。いくら35gとはいえ、重さは感じてしまいます。

昔Go Pro HERO 8を帽子に装着した時よりは、遥かに軽い。Insta360 GO 3の重さなら、帽子に装着しての撮影も実用的です。

実際に撮ってみた映像がこちらです。帽子ツバ部分に装着できるので、自分の目線に近い映像です。これから使い込んで、色んな映像を撮りたいと思います。

磁気ペンダントの使い勝手は

磁気ペンダントを首にかけて、使うとこのような感じです。

ネックレスのようなペンダントが磁石になっており、外から見るとカメラが浮いているように見えます。
結構強力なマグネットで、パチンとくっつきます。カメラが動かないようにするためにも、体の硬い部分、胸の前あたりで固定するのがいいでしょう。

磁気ペンダントで撮影した映像がこちらです。

普通に綺麗に撮れています。胸でしっかりと固定できれば、かなり良い映像が撮れるでしょう。

編集アプリはまだ評価できない

iPhoneのアプリを使って取り込んで編集できるようですが、イマイチ使い方が分かりません。MacやWindows向けの編集アプリもインストールしましたが、同じくイマイチ使い方が分かりません。

専用アプリInsta360 STUDIO 2023の評価は、はもう少し使ってみないと評価できません。

Insta360 GO 3を使った初日の感想

小さくて軽いは正義です。ウェアラブルカメラとして使うには、Go Proやスマホでは重すぎます。Insta360 GO 3の35gという軽さなら、体に付けて使えます。

付属のアクセサリーの使い勝手も良いので、積極的に撮影をする気になります。帽子に付けて撮影できるというのが、個人的には気に入っています。本体の色が白なので、帽子に付けていると少し目立ちます。あえて白色にして、変な使われ方をしないようにしているのかもしれません。

本体が軽くてコンパクトなので、外に持ち出すのも苦になりません。さらに、磁石でパチンと付くおかげで、安心して撮影ができます。これから色んな使い方をしてみます。

自撮り棒が何種類かあるようなので、明日は自撮り棒を家電量販店で購入してきます。

Follow me!

 

Twitter でおーの ゆーやをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です