Galaxy Note8の発表を見た後にApple Pencilを見て思うこと

スポンサーリンク

「Galaxy Unpacked 2017」Galaxy Note 8ハンズオンレポート ~写真、動画を多数掲載 – PC Watch

噂通り発表されましたGalaxy Note8。昨年色々ありましたので、このままNoteシリーズが無くなってしまうんじゃないか心配でしたが、ホッと一安心です。

Note8という名称で発表されたというのも、昔からのNoteファンにとっては良い知らせです。日本でもNoteファンは多く、ずーっとNoteシリーズのニューモデルの発売を待っている方もいます。おそらく日本でもGalaxy Note8は発売されるでしょう。GALAXY Note Edge以来のNoteシリーズとして、3年ぶりの登場となります。

毎月たくさんのスマートフォンが発売されていますが、画面が大きい、カメラが綺麗、性能がいいぐらいしか違いがなく、新しいスマートフォンを買う意味を見出せません。見出せないどころか、3年前に発売されたiPhone 5sで何一つ不自由ないところに、スマートフォンの限界を感じます。

特徴が出しづらくなったスマートフォンの中で、Galaxy Noteシリーズだけは、他のスマートフォンにはない特徴を持っています。

ペン

Sペンと呼ばれる、ペンが標準で付いています。これこそが、他のスマートフォンにはない、Galaxy Noteシリーズ最大の特徴です。

iPad Proを使っているからこそ思うこと

別売りでペンに対応したスマートフォンやタブレットはあります。そういったものを購入することで、紙と鉛筆並みの感覚で文字や絵を描くことができます。とても便利な機能で、iPad Pro 10.5インチモデルでもたまに使っていますが、あまり活用できていません。

思ったより出番がないのは、自分に絵を描く能力がないからだと思っていましたが、Galaxy Note8を見て違うことに気付きました。

本体の中に収納できる

Galaxy Noteシリーズは、ペンを本体の中に収納できます。使いたいと思った時に、手で持っているGalaxy Noteからスッとペンを出せば、いつでもペンを使うことができます。iPad Proにはない、Galaxy Note8の利点です。

素晴らしい書き味が特徴のApple PencilとiPad Proですが、収まりが悪すぎます。ペン自体の長さが結構あるため、筆箱にも収納しづらい状態。さらに、あまりに丸くて美しすぎるため、机の上に置いておくと転がって落ちてしまいます。収まりが悪いため、鞄の中にしまったままになっています。もしiPad Pro本体の中に収納することができたら、もっと使い方が変わっていたでしょう。

ケースが出っ張っていて、Apple Pencilが収納できるようになっているケースもありますが、あまりスマートじゃありません。本体の中に収納できるようになっている、Galaxy Noteこそが正解でしょう。

収納できることを活かした機能

Galaxy Note8には、ペンを収納できることを活かした機能があります。「スクリーンオフメモ」と呼ばれる機能が搭載されています。スリープ状態で画面が真っ黒なままのGalaxy Note8に、Sペンで文字を書くことができる機能です。

まもなくリリースされるiOS11にバージョンアップすれば、iPad Proでも似たような機能を使うことができますが、ペンを本体に収納できないので、イマイチ使い道がありません。ペンを本体に収納できるからこその機能です。いつでも文字や絵が書けることで、いよいよ紙と鉛筆の利便性を越すかもしれません。

宝の持ち腐れ状態になっているApple Pencilを見ると、Galaxy Note8が欲しくなってきました。どう道具を使わせるのか考えてあるのが、Galaxy Note8の素晴らしいところでしょう。

Galaxy Note8紹介ページ:Galaxy Note8 | スマートフォン – Galaxy Mobile Japan 公式サイト

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。

ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。

大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。

楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。

follow us in feedly