設定

AirPodsの音量が小さいときの対処法

スポンサー

AirPods本体と充電ケース

ワイヤレスイヤホンといったらAirPodsというぐらい、街で見かけるようになりました。わずらわしい設定をする必要がないAirPodsですが、細かい設定ができない分、不具合が起きた時の対処がよく分かりません。

iPhoneとの接続がおかしくなったときは、リセットをかけて、再接続を解消することで解決できます。概ねこの方法で解決できますが、いつもより音量が小さいと感じる不具合があります。

iPhoneの音量ボタンか、画面に表示される音量スライダーでしか、AirPodsの音量を調節できません。いつもより、AirPodsの音が小さいと感じるときは、どうしたらいいのでしょうか。

解決方法

Bluetoothをオフにしてオンにする

iPhone(iPad、Mac)のBluetoothをオフにしてから、オンにしてください。一度Bluetooth接続を切ってやることで、元の音量に戻ります。

iPhoneでBluetoothをオフにする方法

  • 設定
  • Bluetoothの項目をタッチ
  • スイッチをタッチしてオフにする

以下の方法でもオフにできます。

  • 画面外の下から指を上にスライドさせる
  • コントロールセンターが表示される
  • Bluetoothのマークをタッチしてオフにする
Bluetoothアイコン

Bluetoothアイコン

iPhone X以降の、指紋認証ができないiPhoneの場合

  • 画面右上から下に指をスライドさせる
  • コントロールセンターが表示される
  • Bluetoothのマークをタッチしてオフにする

AirPodsの調子が悪いときはBluetoothをオンオフしよう

AirPodsとiPhone

一度Bluetoothをオフにしてからオンに

AirPodsのケースに入れてから、再びイヤホンを取り出して耳に装着しても、AirPodsの音量は変わりません。iPhoneのBluetoothをオンオフして、接続を切らないと、元の音量に戻りません。

AirPodsの音量がいつもより小さいと感じたときは、この方法を試してみてください。

Apple AirPods と、他のBluetoothイヤホンの比較記事は以下から。

 

今買いたいガジェット

今買いたいガジェットをランキング形式で紹介します。

iPhone 13 Pro

AppleといったらiPhone。2021年9月に発売されたiPhone 13 Proが、現在一番お勧めのiPhoneです。

-設定
-, , , ,