Huawei P9がAndroid7.0のバージョンアップで、外付けキーボード使用時の仕様が変わっていた

スポンサーリンク

昨日の記事で、MK240がiPhoneで使えるという記事を書きました。外に持ち出せるサイズのキーボードでは一番気に入っているので、個人的に大興奮した出来事でした。

iPhone7の隣にあるHuawei P9が目に入りました。Huawei P9で外付けキーボードを使うと、画面からソフトウェアキーボードが隠れないため、外付けキーボードが使いにくい仕様でした。

これでは使い物にならないと、Huawei P9で外付けキーボードを使うことを諦めていたのですが、Android7.0にバージョンアップしたことで、外付けキーボード接続時の挙動が変わっているかもしれないと思い、ものは試しとやってみました。

画面からソフトウェアキーボードが消えた

繋いでキーを叩いた瞬間目を疑いました。画面からソフトウェアキーボードが消えたのです。興奮で飛び上がりそうになるところを抑えて、さらにキーを叩いて文字を打っていきました。ずーっと文字を打っても、画面にソフトウェアキーボードが出てきません。

夢にまで見た状態です。Nexus5では普通にできていたことが、ようやくHuawei P9でもできるようになりました。Android7.0になったことで、良くも悪くも素のAndroidの仕様に近づいたので、もしかしたらと思いましたが、、、外付けキーボード接続時の仕様も変わっていました。

画面からソフトウェアキーボードが消えるだけですが、消えると消えないとでは大違い。これでHuawei P9がいっきに使える端末になりました。

画面からソフトウェアキーボードが消えない方は、以下の操作をしてください。

  • 画面右下のキーボードアイコンをタッチ

  • ハードウェア 入力方法を表示するの項目をオフにする

これで画面からソフトウェアキーボードが消えます。Google日本語入力をHuawei P9で使っている方も、積極的に外付けキーボードを使用できるでしょう。

スマートフォンで何でもできる

iPhone7とHuawei P9の2台とも、MK240を使うのに申し分のない環境になりました。2台併用すれば、バッテリーの消費を分散させることができます。2台持ちをする必然性も出てきたことで、ノートパソコンを持たずに出かける日が増えそうです。

 

スポンサーリンク



ゆーや がおススメするガジェット
アフィリエイト販売ページ

ゆーやが実際に使って、これは良いと思ったガジェットを紹介しています。よろしければ商品を購入してください。売り上げの一部がアフィリエイト収入として、僕のところに入ってきます。どうぞよろしくお願い致します。



3 件のコメント

  • 初めまして。林と申します。
    YUYA様のブログを拝見し思わずぶっ倒れそうになりました。

    実は私もHuaweiのMediaPad M3というタブレットを購入し(タブレット購入は初めてです)
    まさにハードキーボード接続時にソフトウェアキーボードを非表示に出来ない状況に遭遇し
    失意の日々を過ごしておりました。
    AuのスマホSHV34では全然問題無く出来るのになんで?と購入したブルートゥースキーボードを
    眺めてはため息をつく日々でした。
    しかし拝見したブログの内容からAndroid7.0にバージョンアップしたらソフトウェアキーボードが非表示になる日が
    来るかも知れないという希望が湧いてきました。

    どうやらMediaPad M3がAndroid7.0にバージョンアップされるのは今年の5月のようです。
    他のメーカーに変えようかななどと日々考えていましたが気長に待ってみます。
    貴重なご投稿ありがとうございました!!

    (amazonにスーパージェッターとう名前でこの件についてレビューを乗せてあります)

    • なんで外付けのキーボードを付けているのに、ソフトウェアキーボードが消えないのか、頭を抱えていましたが、まさかの仕様変更で助かりました。
      同じHuawei製品なので、Android7.0になれば、同じようになる可能性は高いと思います。
      もう少し時間はありますが、ソフトウェアキーボードが消えるようになっているといいですね。

      • ナビゲーションバーに幻のキーボードアイコンが表示される日が必ず来ると信じて待っています。
        果報は寝て待てですね!

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    おーの ゆーや

    サラリーマン兼業ブロガー。小さい頃から、たくさんのデジタル製品を使ってきました。昔は一部のマニアだけのものでしたが、今では生活必需品となりました。スマートフォン、タブレット、パソコン、これらの道具がないと生活に支障をきたすほど。しかし、使い方がよく分からず悩んでいる人も多いでしょう。これまで培ってきたノウハウを多くの人に伝え、デジタル製品でしあわせになってもらいたいと思い、このブログで情報を発信しています。