いよいよ車とスマートデバイスが連携する日がやってくる

スポンサーリンク

あまり派手に発表されていなので知らない方も多いかもしれませんが、Appleが「CarPlay」というものを発表しました。これは以前から発表はされていましたが、いよいよ実用化が近いようです。

アップル – プレス情報 – アップル


車で使うということで、安全性が非常に大事になってきます。運転中ですから、手を使う操作は大変危険です。そうなりますと、音声で操作する「Siri」を使うことになります。Appleが音声で操作するSiriを発表したときから、車への搭載を考えているだろうと言われていましたが、今回主要な自動車メーカーから発表されたことから、いよいよ実現間近となってきました。

フェラーリ、「CarPlay」への対応を正式に発表 ー ハンズオン動画もあり
すでに完成しているように見えます。

メルセデス・ベンツ、新型Cクラスでの「CarPlay」のデモ映像を公開
いつでも出せる状態に見えます。

ボルボのコンセプトカー「ESTATE」で動作する「CarPlay」のハンズオン動画
もうほぼ完成しているように見えます。

Appleの発表とともに、海外の自動車メーカーは、続々とデモを発表しています。海外メーカーの取り組みの早さは、流石と言わざるを得ません。日本の自動車メーカーも、モタモタしていると、、、家電業界のように取り返しのつかないことになるかもしれません。

スマートフォンの次の主戦場は車?!

自動車メーカーはAppleとだけ協力しているわけではありません。Android OSを使ったタブレットも開発されています。

アウディ、「Audi Smart Display」を発表–車載システムと連携する「Android」タブレット – CNET Japan
かなり先進的。

Appleの「CarPlay」より、Audiが発表した「Audi Smart Display」のほうが、より先進的に見えるのは僕だけでしょうか。「CarPlay」がとりあえず、手持ちのiPhoneを車の画面で使えるようにしただけという感じなのに対して、「Audi Smart Display」のほうが、車が主で、タブレットが車をより活かすという位置づけになっているように思います。

「CarPlay」のデモを見ていて思うのは、現時点でもiPhoneとケーブルで接続することにより、同じようなことがすでに出来ているような気がするのですが、、、

UIもいまいちクールじゃないですし、、、車というものを考えて、クールさより分かりやすさ(安全)を取ったのかもしれませんが、、、どうにも微妙感を感じるのは僕だけでしょうか、、、やっぱり何かが違うような気がするのです。昔のAppleとは違うような気が。それは最近のAndroidスマートフォンを触っていると、ますますそう思ってしまいます。2014年、いよいよAppleの正念場のような気がします。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。

ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。

大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。

楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。

follow us in feedly