第8世代Core iシリーズ搭載ノートPCが登場しました

スポンサーリンク

PC Watch記事:デル、XPS 13など4コア第8世代Coreプロセッサ搭載PC 7製品を国内発売

いよいよ第8世代Core iシリーズを搭載したノートPCが登場です。登場ですと言われても、そもそも第8世代Core iシリーズって何ぞやというところから説明しましょう。

Core iシリーズというのは、Intelが作っているプロセッサーです。昔はCPUなんて呼ばれていましたが、今はチップとかプロセッサーと呼ばれています。呼び名が変わったのは、CPUだけではなく、他の機能も統合してワンチップになっているからです。

新しいプロセッサーが登場すると、基本的には性能が上がります。性能が上がるということは、処理能力が上がりますので、今と同じことをより早く実行できるようになります。

より早く実行できるようになると言われても、イメージしにくいので、具体例をあげます。毎年新しいiPhoneが発売されますが、新しいiPhoneを手にするたびに、アプリが早く動くようになります。見た目はほとんど同じように見えますが、中に搭載されているチップの性能が上がっているので、サクサクと動くようになっているのです。

iPhoneの性能が年々上がりすぎるために、iPhone 6sぐらいから変化を感じにくいかもしれませんが、古いiPhoneと並べて使うと、違いが分かるはずです。性能が上がると、より高速に処理できるようになるので、僕らはより快適にコンピュータを使うことができます。

あまり変化のなかったノートPCのプロセッサー

iPhoneが登場して10年になりますが、この10年の進化は凄まじいものです。最初は粗い画面でモッサリしていたiPhoneも、ノートパソコンに負けない性能を持つようになりました。

倍々ゲームの勢いで性能が上がってくるスマートフォンに対して、ノートPCの変化は鈍化しました。より省電力化が図られたりグラフィック性能が向上することで、より高機能になっていますが、違いを感じにくくなりました。

そんな状況が続いていたノートPCですが、今年の年末に登場する新型のノートPCは、ここ数年発売されていたものとは違うようです。

4コア8スレッドに

今までノートPCのCPUは、基本的には2コア4スレッドというものでした。2つの頭脳を搭載し、4つのことを実行できる仕組みでした。そんな単純な話ではありませんが、大まかにはそんな感じです。

今回新しく登場した第8世代Core iシリーズは、4コア8スレッドになります。単純に数字が倍になっています。2つの頭脳だったものが、4つの頭脳になり、8つのことを実行できるようになります。

頭脳が増えれば、処理をたくさんできるようになるので、従来のノートPCより性能はあがります。デスクトップPCと違って、サイズ的な制約やバッテリーの問題があるため、一つの頭脳の最高性能は落ちていますが、トータルでの性能は大きく向上しています。

40%アップ

デルが第8世代Core iシリーズを搭載したノートPCを発売します。ここ数年、性能の向上を実感しにくかったノートPCですが、第8世代プロセッサーを搭載したモデルは、性能向上を実感できそうです。

40%ほど性能が向上しているという話なので、これからノートPCを購入される方は、第8世代CPUと書かれているノートPCを購入しましょう。本当に40%性能が向上するのなら、購入する価値はあります。

軽くて薄いノートPCは、どうしても値が張ります。外にパソコンを持っていかないという方は、14インチぐらいのものを購入したほうが、値段も安くて、画面も大きくておススメです。

10万を切る値段で購入できる、「New Inspiron 14 7000 プレミアム」がベストバイでしょうか。第8世代Core iシリーズを搭載したノートPCの性能がどれほどのものか。これから出てくるレビュー記事に注目です。

New Inspiron 14 7000 ノートパソコン紹介ページ

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。

ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。

大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。

楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。

follow us in feedly