型落ち生活始めました。vol.1 驚異のWQHD液晶「isai FL LGL24」

スポンサーリンク

男としても型落ちになりつつある僕が紹介する、本日の型落ち製品はこちら。auの2014年夏モデルとして発売されたスマートフォン「isai FL LGL24」。2014年7月18日に発売され、まだ3ヶ月ほどしか経っていないスマートフォンを型落ちと呼んでいいのか迷ったが、本日「isai VL LGV31」という新機種が発表されました。これで「isai FL LGL24」は、晴れて型落ち機種の仲間入り。しかし、スマートフォンとしての完成度が高く、とても型落ち機種とは思えない完成度。触るまではまったく期待していなかったが、使い始めて5日目で早くも僕のメインスマートフォンになったほど。このまま埋もれさせておくにはもったいない「isai FL LGL24」を紹介しよう。

Th R0010151

「isai FL LGL24」との出会い

まずは「isai FL LGL24」との出会いから。このスマートフォンが安売りされているのは知っていたが、このスマートフォンを契約するつもりで、販売店に足を運んだ訳でない。iPhone6が使っていてしっくりこないため、寝かしている回線をMNPをし、iPhone5sを契約するつもりで足を運んだのがきっかけだ。

意気揚々とお店に入り、「iPhone5sにMNPしたい」と販売員に告げた。しかし、思いもよらなかった答えが返ってきた。

「iPhone5sは在庫がありません」

販売員の言葉を聞いた瞬間固まってしまった。新型iPhoneのiPhone6とiPhone6 Plusが販売開始され、iPhone5sの在庫が山ほどあるのかと思いきや、そうでもないらしい。端末価格を0円にし、さらにキャッシュバックを付けるという好条件では、買い漁られても仕方がないのかもしれない。

用語解説
MNP: (Mobile Number Portability)モバイル ナンバー ポータビリティの略。電話番号を変えずに、現在契約している携帯電話キャリアから違う携帯電話キャリアに変えること。携帯電話の手続きは時間がかかるため、MNPをするのは面倒くさいと思われているが、一度やってみるとあっけないほど簡単だ。少しでも安くスマートフォンを契約したい方にとって、必須の契約方法。


一度は店を出た僕だったが、せっかくMNP予約番号も取得したことだし、他のスマートフォンで好条件の物がないか販売員に聞いてみることにした。そこで販売員が薦めてきたのが「isai FL LGL24」という訳だ。

たしかに安売りされているが、かなりハイスペックな端末だったと記憶していた。販売員と話していると、ほとんどの販売店でiPhone5sが無い状態で、入ってくるとしても土日に少し入荷するぐらいだと言うのも後押しし、「isai FL LGL24」を契約することにした。

これが僕と「isai FL LGL24」の出会い。まさか買う気もなかったスマートフォンがメイン端末になるとは、、、世の中何が起きるか分からないものだ。

驚異の高精細液晶に驚く

僕が購入した色はピンク。男としても型落ちになりつつあるのに、ピンクのスマートフォンを購入するなんて痛すぎるとしか言い様がない。本当はブルーが良かったが、もうピンクしか在庫がないと言うので、仕方がなくピンクを購入。これでピンクのスマートフォンは2台目。首から一眼レフをぶら下げ、ピンクのズボンを履いて町を歩いていたとき、「ぺーだ。林家ペーだ」と見知らぬ人に言われたことがある。ピンクのスマートフォンが2台となった今、再び彼に出会ったら、また「ぺーだ。林家ぺーだ」と言われることだろう。

Th R0010155

買う気もないスマートフォンを買ってしまったので、正直電源を入れる気にもならなかった。購入してから2日後にやっと電源を入れた。まったく乗り気ではない状態で、セットアップでもするために画面を見て衝撃を受けた。

「この画面の綺麗さはなんだ」

ほとんどのスマートフォンがフルHDクラスの液晶を搭載し、これ以上高精細になっても意味はないと思っていたが、「isai FL LGL24」を見ると、そのフルHD液晶を搭載したスマートフォンより高精細に見えるのだ。

どうしてこんなに画面が綺麗なのだろうかと疑問に思い、すぐにインターネットで調べてみた。調べてすぐにその理由が分かった。「isai FL LGL24」が搭載している液晶は、フルHDより高精細な、WQHD液晶を搭載しているのだ。5.5型の液晶ディスプレイに、2560×1440ピクセルという超高解像度液晶を搭載している。ドット密度を表すppiは、なんと538ppi。iPhone6 Plusが401ppiなので、「isai FL LGL24」がどれだけ高精細なのかが数字でも分かるだろう。

用語解説
ppi: (pixel per inch)ピクセル パー インチの略。ディスプレイの解像度を表す単位のひとつ。インチ(25.4ミリ)あたりの画素数を表すこの数字は、値が大きいほど高密度に画素が並んでおり、画素1つ1つが目立たななくなる。Appleが提唱しているRetinaディスプレイとは、人間の視覚が認知可能な上限を越え、目ではドットを確認できないぐらい細かい液晶ディスプレイのことを言う。一般的には、300ppiを超えると人間の目では分からないと言われている。


これまで高精細な液晶ディスプレイを搭載したスマートフォンたくさん見てきたが、今までのスマートフォンより明らかに高精細な液晶ディスプレイを搭載したスマートフォンが目の前にある。新しく購入した物は、今まで持っている物より良くみえるため、何かの間違いじゃないかと思い、何度も液晶ディスプレイを確認した。夢中になって何度確認しても、圧倒的に高精細だという結論になった。SONYの高級コンパクトデジタルカメラ「RX100M2」で撮影した写真や、「isai FL LGL24」にプリインストールされているデモ動画を見れば見るほどその高精細な画像に惚れ惚れとしてしまう。


※「isai FL LGL24」に入っている動画のひとつ。

この超高精細な映像を、手に乗るスマートフォンで堪能できるのだ。これは本当に凄い。ハッキリ言ってiPhoneなんかより数段素晴らしい。フルHDより高解像度になっても意味はないと思っていたが、大きな間違いだった。圧倒的な説得力が、WQHD液晶を搭載した「isai FL LGL24」にはあった。

プリントより美しいかも。超高精細スマホ「isai FL」で写真展示をやってみる : ギズモード・ジャパン
これが感動画質。

液晶以外の部分も不満のない完成度

液晶が綺麗なら言い訳でもないのがスマートフォン。動作速度が遅く、ストレスが溜まるようでは本末転倒だ。きっと大きな落とし穴がどこかにあるのではないかと、あれこれ使っているが、今のところ動作速度に大きな不満はない。不満はないどころか、とても型落ちスマートフォンとは思えない軽快な動作を見せてくれる。たまにちょっと画面の切り替わりにもたつくようなこともあるが、一瞬もたつくだけですぐに元に戻る。このレベルなら、もたつくとは呼ばないだろう。

「isai FL LGL24」は、LGが作ったスマートフォンだ。海外メーカーのスマートフォンだが、日本向けに投入しているスマートフォンということで、いわゆる全部入りと言われるスマートフォンになっている。防水、おサイフケータイ、ワンセグ、フルセグ搭載と、これでもかというぐらい機能が詰め込まれている。すべての機能が入っており、誰が購入しても不満はないだろう。

僕が使っているうちに、メイン端末になっているほどのスマートフォン。その完成度の高さは保証しよう。

MNP一括0円+キャッシュバック

後継機種も発表されたため、いよいよ在庫も無くなってくると思われるが、まだiPhone5sよりは入手しやすいだろう。一般の方は、iPhone以外のスマートフォンにほとんど目がいっていない状態だ。「isai FL LGL24」を購入するのは、相当な物好きぐらいだろう。しかし、iPhone6と「isai FL LGL24」を2つ使っている僕がどちらかを薦めるとしたら、間違いなく「isai FL LGL24」だ。端末代が0円(MNPのみ)で、キャッシュバックも付いてくるのに、iPhone6より綺麗な液晶を搭載しているのだ。どう考えても、「isai FL LGL24」の勝ちだろう。

Th R0010157

ああ素晴らしき型落ち生活。性能は型落ちじゃなくて最先端。それなのに端末代0円。それでもあなたはiPhoneを購入しますか?

◎型落ち男の採点◎
衝撃度:   ★★★★★ とにかく液晶画面が綺麗
デザイン:  ★★★☆☆ いたって普通のデザイン
モテ度:   ★☆☆☆☆ iPhoneじゃない時点で、日本ではモテない
型落ちらしさ:★☆☆☆☆ 7月に出たばかりで型落ちと呼べるか疑問
製品の完成度:★★★★★ まったく不満のない完成度
お買い得度: ★★★★★ このレベルのスマートフォンが0円

※本当はこのブルーが欲しかった。

※シリコンケースが一番無難だ。

※端末内に取り扱い説明書があるが、より詳しい使い方を知りたい方は。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。

ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。

大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。

楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。

follow us in feedly