docomoのGalaxy の型番を調べてみた(2019年でも実用レベルの端末のみ)

docomoGalaxy型番アイキャッチ




スマートフォンの製品名は分かるが、スマートフォンの型番は分からなかったりする。型番は分からなくても、製品名が分かればいいと思うが、docomoなどの大手キャリアから発売されているAndroidスマートフォンは、日本独自の仕様が入っているため、専用の型番が振られている。

docomoの Galaxy Note 9 という覚え方でもいいのだが、ネット上で製品を探すときは、型番で検索したほうが早いことも多い。

  • おサイフケータイ
  • フルセグ・ワンセグ(TVが見れる)
  • キャリアのアプリやサービスが入っている

ヤフオクやメルカリには、海外版のモデルも販売されているが、日本版のほうが便利な機能が搭載されているため、日本版のAsndroidスマートフォンが欲しいという方も多いだろう。

製品名型番市場価格(白ロム)
Galaxy Note 8SC-01K45,000円
Galaxy Note 9SC-01L 70,000円
Galaxy Note 10+SC-01M120,000円
Galaxy S9SC-02K 45,000円
Galaxy S9̟+SC-03K50,000円
Galaxy S10SC-03L65,000円
Galaxy S10 +SC-04L 70,000円

今でも現役で使える機能を持った、Galaxyシリーズの型番は上記の通り。中古なら、1万ぐらいは値段が下がってくる。

狙い目は、Galaxy Note 8、Galaxy S9の2機種。ペンが欲しい方は Galaxy Note 8 、ペンが不要な方はコンパクトな Galaxy S9 。どちらを買っても後悔はしないはず。

2年間 Galaxy Note8を使ってきた感覚だと、 ポケットに入れておくとはみ出てつっぱる感じがある。鞄を持たない方は、 Galaxy S9 のほうがいいかもしれない。

Galaxy Note 8を2年使ったうえでの感想は上記から。

 

スポンサーリンク



docomoGalaxy型番アイキャッチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

おーの ゆーや

サラリーマン兼業ブロガー。小さい頃から、たくさんのデジタル製品を使ってきました。昔は一部のマニアだけのものでしたが、今では生活必需品となりました。スマートフォン、タブレット、パソコン、これらの道具がないと生活に支障をきたすほど。しかし、使い方がよく分からず悩んでいる人も多いでしょう。これまで培ってきたノウハウを多くの人に伝え、デジタル製品でしあわせになってもらいたいと思い、このブログで情報を発信しています。