ニンテンドーSwitchのソフトは、ダウンロード版とパッケージ版どちらがお得

ニンテンドーSwitchのホーム画面にゲームが並んでいる
スポンサーリンク

今のマイニンテンドーサービスが始まって早二年。よく分からないうちに貯まっていたゴールドポイントが、ニンテンドーeショップでのSwitchのソフト購入に使えるようになります。

3月上旬より、マイニンテンドーゴールドポイントを、Nintendo Switchソフトのダウンロード購入に使えるようになります! | トピックス | Nintendo

1ポイントで1円で使えるようになりますが、もうひとつ注目したい点があります。ポイントの付与率です。

パッケージ版だと1%としか付与されませんが、ダウンロード版(ダウンロードカード含む)だと5%になります。ポイントの付き方が5倍違います。5倍も違うとなると、ダウンロード版を購入したほうが得になるのでしょうか。

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドの場合

ゼルダの伝説を購入した場合どうなるか見ていきましょう。

ニンテンドーストアで販売されているパッケージ版 7,538円(税込)
ニンテンドーe Shopで販売されているダウンロード版 7,538円(税込)
Amazonで販売されいてるパッケージ版 7,498円(税込)
Amazonで販売されいてるダウンロード版 6,784円(税込)

注意しないといけないのは、ダウンロード版の販売価格が違うことです。ニンテンドーe Shopで販売されているダウンロード版は、ニンテンドーストアで販売されているパッケージ版と同価格ですが、Amazonで販売されているゼルダの伝説は、ダウンロード版とパッケージ版の価格が違います。

さらに気を付ける点があります。Amazonなどで販売されているパッケージ版は、在庫状況やソフトの人気具合によって変動することです。発売されたときは1割以上値引きされていたゼルダの伝説ですが、今はほぼ定価に戻っています。

他のソフトだと、パッケージ版がグンと安い場合があります。明らかにパッケージ版が安いときは、パッケージ版を購入したほうがいいでしょう。パッケージ版がダウンロード版より4%以上安い場合は、パッケージ版を購入したほうがお得になります。

パッケージ版だと中古で売ることもできるため、トータル的な金額はさらに下がります。

ニンテンドーストアで販売されているパッケージ版 75円(75ポイント)
ニンテンドーストアで販売されているダウンロード版 376円(376ポイント)
Amazonで販売されいてるパッケージ版 74円(74ポイント)
Amazonで販売されいてるダウンロード版 339円(339ポイント)

付与されるポイントは、ゲームソフト購入後に付与されます。ソフト購入時に付与されるポイントを使うことはできませんが、購入価格から付与されるポイントを引いてみます。

ニンテンドーストアで販売されているパッケージ版 7,463円(税込)
ニンテンドーe Shopで販売されているダウンロード版 7,162円(税込)
Amazonで販売されいてるパッケージ版 7,424円(税込)
Amazonで販売されいてるダウンロード版 6,445円(税込)

Amazonでダウンロード版を購入するのが、断トツで安くなりました。

購入するショップの値段を注視

あまり値が下がらないゲームは、Amazonでダウンロード版を購入。パッケージ版の値引き率が高いゲームは、Amazonでパッケージ版を購入。

このように購入方法を変えるのが、一番お値打ちにSwitchのソフトを購入できるでしょう。

追加コンテンツやインディーゲームが買いやすくなる

ポイントの付与率が変わったことより、店頭で販売されていないモノが購入しやすくなることが、今回の改正最大のメリットでしょう。

YUYA
大容量のMicro SDカードが登場してきました。ゲームソフトを入れ替えなくていダウンロード版。あらゆるゲームをSwitch内に入れておきたい方は、大容量のMicro SDカードを購入しておきましょう。

 

スポンサーリンク


ニンテンドーSwitchのホーム画面にゲームが並んでいる



ゆーや がおススメするガジェット
アフィリエイト販売ページ

ゆーやが実際に使って、これは良いと思ったガジェットを紹介しています。もしよかったら購入してください。アフィリエイト収入として、売り上げの一部が入ってきます。




コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

おーの ゆーや

サラリーマン兼業ブロガー。小さい頃から、たくさんのデジタル製品を使ってきました。昔は一部のマニアだけのものでしたが、今では生活必需品となりました。スマートフォン、タブレット、パソコン、これらの道具がないと生活に支障をきたすほど。しかし、使い方がよく分からず悩んでいる人も多いでしょう。これまで培ってきたノウハウを多くの人に伝え、デジタル製品でしあわせになってもらいたいと思い、このブログで情報を発信しています。