PS5 ゲーム

グランツーリスモ7の楽しさを語る

スポンサー

グランツーリスモ7アイキャッチ

ついに発売されました、グランツーリスモ7。楽しみに待っていたゲーム。手にして毎日プレイしている感想は、、、

最高に楽しい!!!

こんなにゲームに夢中になったのは久しぶりと思うほどハマっています。

わかる人にはわかるでしょうが、興味がない人に、最高にグランツーリスモ7が楽しいぞ!と言ったところで、その楽しさを分かってくれないでしょう。色んなゲームが世の中にはありますが、グランツーリスモ7ほど、楽しさが分かりにくいゲームもないのではないでしょうか。

マリオカートのようなレースゲームは、車に興味がなくても楽しめます。老若男女プレイして楽しいのが、任天堂のマリオカート。その正反対のレースゲームが、グランツーリスモです。

現実の車をリアルに再現したゲームのため、車に興味があったり、車のことを知らないと楽しむのが難しいかもしれません。実写と間違えるような映像を見せられても、いったい何が楽しいのだろうか。そう思うのも不思議じゃありません。

今グランツーリスモ7を楽しんでいる人と、グランツーリスモ7を楽しんでいない人。

ここに大きな壁があるように感じます。この壁が無くなって、グランツーリスモ7を好きになってもらえるように、グランツーリスモ7の魅力について語ります。

絵が綺麗

一番分かりやすいのは、映像です。ゲームの進化は、グラフィック、映像進化の歴史です。1から25年経って到達した映像がこちらです。

RX-7で爆走
RX-7で爆走

現実世界の車が走っている映像ですと言われても、そうだねと言うしかないよう映像になっています。現実と見分けがつかないような映像を実現しているのが、グランツーリスモ7なのです。

絵が綺麗なだけではないリアルさ

ただ綺麗な映像というのは、本体の性能が上がれば実現できます。映像を処理する機械の性能が上がるから、単純に絵は綺麗になります。ただ綺麗なだけではないリアルがグランツーリスモ7にはあります。

テールランプの細かいところまで拘る

FC R-7のサイドランプアップ
FC R-7のサイドマーカーのアップ

グランツーリスモ7で、車のランプをアップにした写真です。テールランプに入っている型番のようなものまで再現しています。こんな所まで細かく描かなくても十分にリアルな絵ですが、見えないようなところまで徹底的に拘る。このリアルさがグランツーリスモ7のリアルさに繋がっています。

車の内装だって再現

FD RX-7の内装
FD RX-7の内装

車の外観だけではありません。車の内装も完全再現。細かいスイッチやスピードメーターまで。現実の車を忠実に再現してます。ここまでリアルだと、車のカタログを見るよりリアルです。

昔自分が乗っていた車の内装を見ると、あの時に戻ったような気持ちになりますし、憧れの車の内装を見て、まるでカーディーラーに車を見に行ったような気分になるでしょう。

車に詳しくなれる

世界中の自動車メーカーが集まった場所があり、メーカー別にカテゴリー分けされており、そのメーカーを選択すると、グランツーリスモ7に収録されている車を見ることができます。実際に市販されている車の色も忠実に再現しており、色を変えて、車の見え方を確認できます。

86オレンジ
86オレンジ
86ダークグレイ
86ダークグレイ

これから車を買う方は、車のカタログを見るより、グランツーリスモ7で色を確認しましょう。

トヨタのミュージアム
トヨタのミュージアム
トヨタ初代社長
トヨタ初代社長

その自動車メーカーの歴史を勉強できるミュージアムという場所もあります。ここを見ているだけで、車や自動車メーカーに詳しくなれるでしょう。

昔の車は中古車で

昔の車は中古車として販売されています。

中古車ディーラー画面
中古車ディーラー画面

中古車雑誌を読むような感覚で、ズラッと名車が並んでいます。毎日中古車のラインナップが微妙に変わっています。その車がずっとある訳ではないので、思わず買ってしまいます。

車のカタログ的な楽しみ方もある

グランツーリスモは車を運転しなくても楽しいゲームです。世界中の車が掲載された、自動車雑誌のような楽しみ方もできます。運転が苦手という方も、ただ車を眺めているだけで時間が経っているでしょう。

ゲームが苦手、運転が苦手でも、見ているだけで楽しい。

そういったただ見ているだけでも楽しいのが、グランツーリスモなのです。

運転して楽しい

グランツーリスモ7はレースゲームですから、レースをします。車を運転して楽しむゲームです。自分で購入した車を使って、様々なレースに出場して、お金を貯めて、もっと良い車を買う。こういった流れでゲームを進めていきます。

ゲームの大部分は車を運転するということになります。

R32のドライバーズ視点
R32のドライバーズ視点

運転しているときの画面です。まるで車に乗っているかのような画面です。この画面以外にも、車が見やすい視点などがありますが、まるで運転しているかのような雰囲気でレースをしていくことになります。

FDのドライバーズ視点
FDのドライバーズ視点

車種が変わると、運転席の映像が変わります。本当の車の運転席を再現しているので、色んな車を手に入れて運転したくります。

FDのドライバーズ視点 夜
FDのドライバーズ視点 夜

夜になると、メータにランプがつきます。昼間とは違った雰囲気で運転ができます。

このリアルな映像で運転をしていると、ハンドルのコントローラが欲しくなります。

リアルなハンドルコーンとローラ
リアルなハンドルコーンとローラ

値段が高いので、おいそれて手を出しにくいものですが、あまりにゲームがリアルなので、より本物の環境に近づけたくなります。たかがゲームという枠を超えてしまう運転が楽しめる。これがグランツーリスモ7です。

音もすごいリアル

映像だけではありません。グランツーリスモ7は、音も良くなりました。3Dの立体音響に対応して、これまでのグランツーリスモ以上に臨場感溢れる音になっています。

音が進化したことで、よりゲームに没頭することができます。ヘッドフォンでじっくりと堪能してください。

雨の音がリアルな運転視点
雨の音がリアルな運転視点

雨の運転席での音は、本当に雨の中運転しているかのようです。フロントウインドウに当たる雨粒の音まで、しっかりと再現しています。音が良いから、より現実感のあるゲームプレイになります。

リプレイで自分の走りを見る

レースが終わった後は、自分の走りをリプレイで確認できます。このリプレイ映像がとても綺麗で、ずっとリプレイ映像を見てしまいます。

圧倒的に美しいリプレイ映像
圧倒的に美しいリプレイ映像

ゲームプレイ時の映像より、リプレイ映像のほうがより綺麗な映像になるので、リプレイ映像は、もはや現実の映像と区別がつきません。今回のグランツーリスモは、光や影の表現がより現実っぽくなったので、車のライトがとてもカッコいい。あまりに綺麗なので、ずっとリプレイ映像を見てしまいます。

リプレイ映像の音も良い
リプレイ映像の音も良い

他人の運転も見る事ができるので、運転の参考になります。リプレイ時の音も良く、流れる音楽もカッコよくて種類が多い。飽きることなく、ずっと映像を見ていられます。

綺麗なリプレイ映像を見ていると、今度こそはとレースに挑みます。レースだけではなく、運転技術を習得できるライセンスモードもあり、長いこと遊べるゲームになっています。

写真を撮るのが楽しい

グランツーリスモは写真を撮るのも楽しいゲームです。スケープスというモードがあり、世界中の景色が良い場所に車を配置して、写真を撮ることができます。

風景写真のような1枚

ゲームとは思えません。現実の世界で撮った写真のようです。

スケープス選択画面
スケープス選択画面

撮影する場所を選びます。場所がありすぎて、決めきれないほどあります。全部のスポットで撮影できないぐらい、撮影場所があります。

車を配置する

自分の所有している車を配置します。

撮影画面

F値やシャッタースピードを設定して、シャッターを押します。

スケープスで撮影した写真
スケープスで撮影した写真

これが撮れた写真です。どこかの駐車場で撮ったとしか思えない写真です。中央に写っている日産の車は、新型のフェアレディZです。まだ発売されていないので、これは現実の写真ではありません。ゲームだからこそ、夢のような写真が撮れるのです。

まだまだ楽しいことがいっぱい

やること満載のグランツーリスモ7ですが、さらに時間泥棒な機能があります。ロビー機能というオンラインで楽しむモードがあります。

世界中のグランツーリスモ7プレイヤーが作った部屋みたいなものがあり、そこに入ってみんなで走ることができます。ガチでレースをしている部屋もあれば、ただ走っているだけの部屋もあります。ただ走っているだけの部屋が、現実世界でドライブをしているような感じで、ずっと走ってしまいます。

首都高を新型Zで爆走
首都高を新型Zで爆走

東京エクスプレスウェイという、東京の首都高を模したコースがあります。ここの夜が最高に綺麗で、一人で夜中にドライブしているような気分になります。

S13で爆走
S13で爆走

グランツーリスモ7は車をカスタマイズすることもできます。ホイールを変えたり、エアロパーツを付けたり、車高を下げたり。

リバリーを貼ったRX-7
リバリーを貼ったRX-7

車にステッカーを貼って、色んな車にすることもできます。世界中のプレイヤーが作ったデータをもらって、自分の車に反映することができるので、デザインすることができなくても大丈夫。

車をいじりだすと、どんどんグランツーリスモ7にはまってしまいます。

あまりに楽しむ要素が多すぎて、もはや語りつくせません。車の全てを詰めこんだゲームが、グランツーリスモ7なのです。

プレイステーション5

盛りだくさんなグランツーリスモ7を楽しむのに必要なものをまとめました。

まず必要なのは本体です。グランツーリスモ7は、プレイステーション5とプレイステーション4向けに、ゲームソフトが発売されています。グランツーリスモ7を遊ぶには、プレイステーション5か、プレイステーション4が必要です。

遊びたいゲームがあるからゲーム機を買う。この購買行動を前提に、ゲームというビジネスが成り立っていました。今でも変わらない原理原則ですが、今のゲーム機はこの原理原則が崩れてしまいました。

最新ゲーム機、プレイステーション5の入手が難しいのです。人気が高いということもありますが、半導体不足や、ゲーム機の作りが高度なこともあり、需要を満たすだけの生産ができていません。圧倒的に品が足りないために、買うための権利を抽選しているような状況です。

プレイステーション5がないのなら、プレイステーション4で我慢するか。そう思うでしょうが、プレイステーション4も売っていません。プレイステーション4の生産はほぼ終わっており、新品で購入するのが難しい状況です。

プレイステーション5も4も買えない。遊びたいゲームがあっても遊べないという、意味不明な状況なのです。

ゲーム機を買うのに厳しい状況ですが、粘り強く抽選に応募してください。今更プレイステーション4を買うのはもったいないので、なんとかプレイステーション5を手に入れて欲しいと思います。

プレイステーション5を勧める理由

プレイステーション4のゲームは、全てプレイステーション5で動くからです。圧倒的に高性能ですし、プレイステーション4のゲームをプレイステーション5で遊ぶと、プレイステーション4で遊ぶより画面が綺麗になります。プレイステーション5の方が高価ですが、値段以上の価値はあります。

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント

ゲームソフト グランツーリスモ7

ゲーム機本体を手に入れたら、あとはゲームソフトを手に入れるだけ。PS5版のグランツーリスモを購入しましょう。PS5本体が手に入らない方は、PS4版も用意されています。PS4版からPS5版へのアップグレードすることもできますので、自分の環境に応じて購入してください。

昔はゲームソフトが手に入らないということもありましたが、今はゲームソフトがダウンロードで買える時代です。ゲームが売っているお店に行かなくても、自宅からゲームを購入できます。ディスクの出し入れをする必要がないので、グランツーリスモ7はずっと遊べるゲームですから、ダウンロード版を購入するのが良いかもしれません。

大きい4Kディスプレイ

実写かと間違えてしまう映像を堪能するには、大きいディスプレイが欲しいところ。

僕は27インチのディスプレイでグランツーリスモ7をプレイしていますが、もっと大きいとよかったなと、少し後悔しています。

画面の大きさが42インチぐらいあったら、十分じゃないでしょうか。自宅の大きさや環境に合わせて、必要なディスプレイを購入しましょう。

あっ、もちろん4Kディスプレイを購入してください。4Kのきめ細かい映像は、一度体験すると戻れません!

あとは楽しむだけ

ハンドルコントローラを用意しないといけないかと思いますが、今回のグランツーリスモ7は、コントローラーでも十分に楽しめます。

PS5版のグランツーリスモ7は、デュアルセンスという最新のコントローラに対応しており、振動やLRボタンの反発があります。驚くほど繊細な表現になっており、車の運転している時に感じる、フィーリングを、ゲームのコントローラーで再現しています。

まずは、コントローラーで楽しみましょう。十分にグランツーリスモを楽しむことができます。

アクセルとブレーキが割り当てられている、LRボタンがパタパタと動くのには驚きました。

ヘッドフォンはあったほうがいい

気軽にグランツーリスモ7をやるのなら、スピーカーでいいでしょう。本格的にグランツーリスモ7をやるのなら、ヘッドフォンはあったほうがいいです。

BOSEスピーカの全面イヤホン端子
BOSEスピーカの全面イヤホン端子

BOSEのスピーカーを買ってプレイしていますが、細かい音がスピーカーでは聞こえません。音自体は悪くないのですが、音の情報量が足りません。

ヘッドフォンをつけてプレイすると分かりますが、細かい路面やタイヤの音が聞こえます。こういった音の情報を感じて、車を繊細にコントロールします。スピーカーですと、こういった音が埋もれてしまいます。

ヘッドフォンを付けてグランツーリスモ7をプレイしましょう。

PS5のコントローラに差すだけでヘッドフォンから音が出る
PS5のコントローラに差すだけでヘッドフォンから音が出る

コントローラーに差すだけで、イヤホンから音が出ます。この手軽さは素晴らしい。簡単に良い音を体験できます。プレイステーション5は立体音響に対応しており、レースの音は現実のような臨場感です。

グランツーリスモ7を楽しむには総額いくら

必要経費
  • プレイステーション5本体(ディスク版) ¥54,978
  • グランツーリスモ7 ソフト ¥8,690
  • 42インチディスプレイ ¥59,800
  • ヘッドフォン ¥3,000

総額126,468円になりました。すでにテレビやヘッドフォンを持っているのなら、値段はグッと安くなります。PS5本体とグランツーリスモ7ソフトの合計63,668円ほどで、夢のカーライフが待っています。

この夢のような世界に飛び込みましょう!

YouTubeでグランツーリスモ7の配信をしています。なんとなく面白さが伝わればいいなと思います。

 

今買いたいガジェット

今買いたいガジェットをランキング形式で紹介します。

iPhone 13 Pro

AppleといったらiPhone。2021年9月に発売されたiPhone 13 Proが、現在一番お勧めのiPhoneです。

-PS5, ゲーム
-, , , , ,