やっぱり防水っていいかも。お風呂でまったりスマホライフ。

スポンサーリンク

初めてお風呂で裸のスマートフォンを使ってみました。防水ケースにiPhoneを入れて使ったことはありましたが、ケースに入れることなくスマートフォンを使うのは初めてでした。

いくら防水機能が付いているといっても、ケースを付けずにお風呂場にスマートフォンを持ち込むのは、ちょっとドキドキしました。大人になるとだんだんドキドキすることもなくなってきますが、久しぶりに味わったこの緊張感。遠くから遠慮がちにパシャパシャお湯をかけてみます。軽くお湯をかけたぐらいでは、何も問題なく使えます。とくに電源が落ちることもなく、綺麗にディスプレイが輝いています。これで僕の中で吹っ切れました。完全に信頼しきれていなかったARROWSの防水機能を信じる覚悟ができました。

思い切って、湯船の中に突っ込みました。さすがの防水機能でも、思いっきり湯船に使ってしまったらダメかもしれません。ちょっと湯船に突っ込むのは躊躇いましたが、日本の富士通製スマートフォンなら大丈夫だと信じて、思い切って湯船に突っ込みました。

ずーっと湯船につかっていても画面は消えません。ここまでくると完全に信頼できます。湯船につかっても使えるスマートフォン。これこそが、一番安心なスマートフォンじゃないでしょうか。

お湯がディスプレイをタッチするのに注意

ただひとつだけ注意点があります。それは、お湯がディスプレイをタッチしてしまっているようで、意図しない操作をしてしまうことがあるという点です。例えば、電子書籍を読んでいる場合、お湯がザバーっとディスプレイに当ってしまうと、ページを捲ってしまったりします。軽く水が当たるだけなら大丈夫なのですが、結構しっかりとお湯や水が当たってしまうと、指で触ったのと同じような状態になり、画面をタッチしたことになってしまいます。防水とはいっても、お湯や水が常に当たる状態では、思うような操作がなかなかできませんので注意してください。

ディスプレイにお湯が当たったときの操作に、若干気を使う部分はありますが、本体のほうは、かなり安心な防水機能。これからのスマートフォン選びは、防水機能があるなしが、かなり大事な点になってくるかもしれません。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。

ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。

大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。

楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。

follow us in feedly