Huaweiの8インチタブレットを整理してみた

スポンサーリンク

Huawei(ファーウェイ)から新しいタブレットが発表されました。新しいといっても、どこかで聞いたことがあるような名称。ガジェットに詳しい僕でも、正直よく分からなかったので、Huaweiの8インチタブレットを整理してみました。

タブレットの名称はMediaPad

Huaweiのタブレットの名称はMediaPadです。MediaPadという名称の後ろにつくローマ字や数字で、タブレットの仕様が変わってきます。

たくさんのブランド名があるスマートフォンと違って、シンプルで分かりやすいかと思いきや、同じ画面サイズでも、様々な仕様のモデルがあります。画面サイズが同じでも、性能が違うために、余計に分かりにくくなっています。

MとTがある

混乱する原因は、同じ名称で、MとTが付くモデルがあるということです。わざわざMとTと区別しているのには意味があります。

Mが上位モデル

LITEもある

MとTだけならいいのですが、Liteと付くモデルもあります。同じ名称のタブレットに、Liteが付いたモデルが発売されることで、ますます混乱してきます。

Huaweiの8インチタブレットを比較して、どう違うのか見ていきましょう。

MediaPad 8インチモデル比較表

 仕様 MediaPad M3 MediaPad M3 Lite MediaPad T3
 画面サイズ  8.4インチ  8.0インチ  8.0インチ
画面解像度  2560×1600  1920×1200 1280×800
CPU  Hisilicon Kirin 950  Snapdragon435 Snapdragon425
RAM  4GB  3GB  2GB
ストレージ容量  32GB  32GB  16GB
micro SDカード  最大256GB  最大128GB 最大128GB
オーディオ  SWS3.0サラウンドシステム  SWS3.0サラウンドシステム なし
スピーカ  デュアルスピーカ  デュアルスピーカ  ワンスピーカ
リアカメラ  800万画素  800万画素  500万画素
フロントカメラ  800万画素  800万画素  200万画素
指紋認証  あり  あり  なし
バッテリー容量  5400mAh  4800mAh  4800mAh
 寸法(高さx幅x奥行)  215.5×124.2×7.3 mm  213.3×123.3×7.5 mm 211.07×124.65×7.95 mm
 重量  310g  310g 350g
 OS  Android6.0(7.0にバージョンアップ可能)  Android7.0 Android7.0

 

すべてLTEモデルで比較しています。3モデルとも、SIMカードが挿せるLTEモデルと、Wi-Fiモデルがあります。iPadも同じように、SIMカードが挿せるセルラーモデルと、Wi-Fiモデルがあります。価格差があまりないので、無理をしてでもLTEモデルを購入しましょう。

ここまで比較しただけでもややこしいのに、MediaPad M3には、プレミアムモデルというものが存在します。また混乱してしまいますが、これは、ストレージ容量が32GBから64GBに増加しているだけです。よりストレージが多いモデルが欲しい方は、MediaPad M3 プレミアムを購入してください。

CPUの性能差

似たような仕様ではありますが、搭載されているプロセッサーが違います。何を搭載しているかで、処理能力が大きく変わります。画面解像度、搭載しているRAMの容量でも変わってくるため、一概に比べることはできませんが、Antutuのベンチマークスコアで比較してみましょう。

ベンチマーク比較表

MediaPad M3 MediaPad M3 Lite MediaPad T3
 CPU  Hisilicon Kirin 950  Snapdragon435  Snapdragon425
 Antutu  91980  41329  35306

ガルマックスさんのサイトから引用

HuaweiのチップセットKirinは、安価で高性能です。今回比較している3モデルの中でも、ダントツのスコア。MediaPad M3 Liteより倍のスコアです。MediaPad M3とMediaPad M3 LITEの価格差は約5,000円。この価格差だとMediaPad M3を購入したほうがいいでしょう。

新しい8インチのタブレットはM3の下位モデル

Huaweiは製品数が多いため、ガジェットに詳しい人でもよく分からない状況になっています。今回発売される「MediaPad M3 Lite」「MediaPad T3」は、MediaPad M3の下位モデルになります。

MediaPad M3とLITEの性能が倍ぐらい違うので、価格差を考えると、無理をしてでも最上位のMediaPad M3を購入したほうがいいでしょう。

安い8インチタブレットを探している方は、性能のわりには高いMediaPad M3 Liteを購入するのではなく、MediaPad T3を購入しましょう。用途を特化して割り切って使えば、非常にお値打ちなタブレットです。

価格と性能差を考えて、自分が欲しいモデルを購入してください。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。

ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。

大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。

楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。

follow us in feedly