ワイモバイルとUQ mobileのiPhone 6sの料金について調べてみた

スポンサーリンク

Y!mobileとUQ mobileが、iPhone 6sを取り扱うと発表しました。先日中古のiPhone 6sを購入したばかりなので、MVNOみたいなキャリアがiPhone 6sを扱うことに興味をもちました。

どんな価格なのだろうかと思って、公式ページを見てみると、、、

名前
本体価格がメチャクチャ高い、、、

iPhone 8、iPhone 8 Plusが登場したことで、2世代前のiPhone 6sは非常にお値打ちな価格になりました。ところが、ワイモバイルとUQ mobileの本体価格が理解に苦しむ価格になっています。

色んな事情があるにしろ、あまりにもユーザーを馬鹿にしたような価格です。冷静にワイモバイルとUQ mobileの価格を見ながら、SIMフリーの新品の価格と比較していきましょう。

ワイモバイル

先にiPhone 6sを取り扱うと発表したのはワイモバイルです。iPhone 5sやiPhone SEのときも、首を傾げたくなるような価格でしたが、iPhone 6sの価格を見た瞬間、言葉を失ってしまいました。

ワイモバイル iPhone 6s 32GB ¥78,300

ワイモバイル iPhone 6s 128GB ¥91,260

キャリアで発売されるiPhoneは、SIMフリー版より値段は高くなるにしても、少々高すぎるような気がします。ここで価格改定された、SIMフリー版のiPhone 6sの価格を見てみます。

SIMフリーiPhone 6s 32GB ¥54,864

SIMフリーiPhone 6s 128GB ¥66,744

ワイモバイル版の価格が税込になっているので、SIMフリー版も税込にしてあります。32GB版で23,436円、128GBで24,516円も高くなっています。分割払いの金利と考えても、高すぎます。3割以上の金利が付いてしまっています。

UQ mobile

次にUQ mobileのiPhone 6sの価格を見ていきましょう。

UQ mobile iPhone 6s 32GB ¥59,724

UQ mobile iPhone 6s 128GB ¥72,684

ワイモバイルの価格を見た後だと、とても安く感じます。もう一度SIMフリー版のiPhone 6sの価格を見てみましょう。

SIMフリーiPhone 6s 32GB ¥54,864

SIMフリーiPhone 6s 128GB ¥66,744

32GB版で4,860円、128GBで5,940円高くなっています。この価格差なら適正と言えます。

32GB、128GBどちらでも、ワイモバイルのほうが18,576円高い

同時期に同じ機種を扱うのに、ここまで価格差があることに驚かされます。

月額いくらなのか

純粋に端末の値段だけを見ましたが、通信費を含めた月額料金が大事です。端末代、基本料金、通信費、毎月の割引。この4つを組み合わせることで、ユーザーに買いやすい価格を提供してくれるかが、通信事業者の腕の見せ所です。

新規契約、機種変更、乗り換え(MNP)で値段が若干変わってきますが、ほとんどの方はスマートフォンか携帯電話を持っていると思われるので、乗り換え(MNP)の料金で比較します。

機種名 ワイモバイル UQ mobile
iPhone 6s 32GB 3,384円 4,082円
iPhone 6s 128GB 3,924円 4,622円

1番安いプランで計算しました。機種代の差が、月額料金に反映されているかと思いきや、、、なぜかワイモバイルのほうが安くなっています。計算間違いかと何度もやり直しても、ワイモバイルのほうが安くなります。

本体価格が高いワイモバイルのほうが安くなるのは、例のアレのせいです。

毎月の割引

会社によって呼び名は違いますが、毎月適用される割引額の差で、月額料金が逆転してしまいました。

僕らはどうすればいいのか

今紹介した月額料金は、最初の1年間だけの価格で、2年目からは1,000円値段が上がります。最初の1年だけしか適用されない割引があるせいで、混乱してしまいますが、2年からは1,000円高くなると覚えておいてください。

端末価格は高いのに毎月の料金が安いせいで、どちらのキャリアにしたらいいのか分からなくなってしまいました。この計算通りにいくと、割賦でiPhone 6sを契約するなら、ワイモバイルになるのですが、、、

そう単純な話にならないのが、この業界の七不思議の一つです。2年型落ちのiPhoneです。実際に店頭で販売されるときの価格が、発表通りの価格とは思えません。一括での本体価格が、グッと下がった価格で契約できる可能性は高いでしょう。

そうなったときに、ワイモバイルとUQ mobileのどちらがお得か、冷静に判断する必要があります。

暗黙の大前提として、SIMフリーの価格が基準になります。その価格からかけ離れた値段でなければ、ワイモバイルかUQ mobileのどちらかと契約する価値はあります。しかし、あまりに高い値段なら、SIMフリーのiPhone 6sを、自分の手で手に入れて、安いSIMカードを挿したほうがいいでしょう。

今回のブログの意味がさっぱり分からない方は、無難にキャリアでiPhoneを契約しましょう。ワイモバイルやUQ mobileではなく、もう少し値段が上がる、3大キャリアで契約したほうがいいかもしれません。

あまり難しいことを考えたくない方は、何も考えずに、キャリアでiPhoneを契約しておきましょう。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。

ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。

大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。

楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。

follow us in feedly