iOS10.2でシャッター音が軽減

スポンサーリンク

久しぶりの神アップデートです。iPhone、iPadのOSが10.2にバージョンアップされました。とくに大きく変わったところはないように見えますが、日本のユーザーには嬉しいアッデートといえます。

耳を突き刺すカシャーが軽減されました。

日本のiPhoneだけの特徴として、異様に大きいシャッター音があります。美味しいランチの写真でも撮ろうものなら、店内を切り裂くかのようなシャッター音が鳴り響きます。この場合は、食事の写真を撮らなければ済む話ですが、iPhoneの画面に表示されているものを撮る、スクリーンショットを使ってもカシャーと耳を切り裂くシャッター音が鳴り響きます。

ある意味社会問題になっていたiPhoneのシャッター音問題ですが、iOS10.2である程度解決しました。

マナーモードでスクリーンショット音は無音に

左側面にあるマナーモードに切り替えるスイッチを下に入れた状態でスクリーンショットを撮ってみてください。

いつもなら耳を切り裂くシャッター音が鳴りません。iOS10.2は、マナーモードでスクリーンショット音を撮れば、あのカシャーという音が鳴りません。

マナーモードのスイッチを入れずにスクリーンショットを撮ると、カシャーという音は鳴りますが、以前のような耳を切り裂くような音ではありません。

マナーモードにしなくても、この音なら気にならないでしょう。

カメラのシャッター音も軽減

残念ながらカメラのシャッター音は、マナーモードをオンにしても無音にはなりません。無音にはなりませんが、以前のような耳を切り裂く音ではありません。

この音ならお店で写真を撮ってもらあまり気にならないでしょう。

撮りたいときに撮れるカメラに

起動も早く使い勝手のいいiPhoneのカメラですが、シャッター音のせいで、あまり撮りたくないカメラになっていました。とくにiPhone7とiPad Proは、スピーカーが増えているせいか、とんでもない爆音を響かせていました。

iOS10.2でカメラのシャッター音が軽減されたことで、ようやくまともに使えるカメラになりました。iPhone7でいい写真をいっぱい撮りましょう。

 

スポンサーリンク



WordPressおすすめデザインテーマ


ブログの文章を推敲してくれます



コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

おーの ゆーや

サラリーマン兼業ブロガー。小さい頃から、たくさんのデジタル製品を使ってきました。昔は一部のマニアだけのものでしたが、今では生活必需品となりました。スマートフォン、タブレット、パソコン、これらの道具がないと生活に支障をきたすほど。しかし、使い方がよく分からず悩んでいる人も多いでしょう。これまで培ってきたノウハウを多くの人に伝え、デジタル製品でしあわせになってもらいたいと思い、このブログで情報を発信しています。