iOS11になってから使用しているテキストエディタはDrafts4

スポンサーリンク

iOS11になってから、続々とアプリがバージョンアップしています。ほとんどのアプリが、ドラッグ&ドロップに対応しています。アプリが対応しないと、新機能の恩恵を受けられないiPadは、いかにアプリが新しいOSの機能に対応するかが大事です。

アプリのジャンルの中で、テキストエディタのバージョンアップが進んでいません。文字を打つアプリですから、iOS11に対応する必要性も薄いのかもしれませんが、iOS11になってから挙動が怪しい点が見受けられるので、完全にiOS11に対応してほしいところです。

ずっとiA Writerを使っていますが、iOS11になってからバージョンアップしないので、他のアプリを使っています。

  • Drafts4
  • Bear
  • MWeb
  • Wrix

の4つは、iOS11になってからバージョンアップが行われています。

まだiOS11になったばかりというせいもあるのでしょう。どのアプリも、若干動作が不安定です。どれも決め手にかける中、Drafts4が安定して使えます。

数日前にバージョンアップが行われて、iOS11に対応したようです。

  • 右のCopiedというアプリから「iA Writer」という文字をドラッグ&ドロップ

ドラッグ&ドロップで右からコピーしたい文字を持ってきても、おかしな挙動はありません。何日か使っていますが、今のところ1番安心して使えるテキストエディタです。

iOS11で使うテキストエディタを探している方は、Drafts4を試してみてください。安心して使えるので、文字を打つことに没頭できるでしょう。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク
年末年始は
ブックオフオンライン

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。小さい頃から、最新のデジタル製品を買い漁ってきました。大人になった今も、最新のデジタル製品ばかりチェックしています。 多くの人がノートPC、スマートフォンやタブレットを使うようになった今、デジタル製品なしの生活は考えられません。当たり前のようにデジタル製品を使っていますが、機能を使いこなせず、使い方に悩んでおられる方がたくさんいらっしゃいます。 そういった方々のヒントになるよう、ブログで記事を発信していきます。