iPadアプリPaperがアップデートでメモアプリに近い書き味に

スポンサーリンク

まだまだiPad Proへの最適化が進んでいると言えないiPadアプリの状況ですが、本日神アップデートがありました。

Paperというアプリです。クールで洗練されたUIと、使いやすい機能満載のアプリです。ペンでの書き味が良いのもPaperの特徴ですが、Apple Pencilへの対応はもう一息といったところでした。アップデート前でも十分な書き味でしたが、純正のメモアプリのような書き味ではありません。

純正のメモアプリが良いのは、Apple Pencilを斜めにして描いたときです。鉛筆の側面で描いた感じになります。サードパーティー製のアプリは、側面で描く機能に対応していないアプリがほとんどでしたが、ついにPaperが対応してくれました。

Apple Pencilの書き味の違いから、メモアプリで手書きの絵や文字を書いてから、他のアプリに持っていくという手間をかけていましたが、これからはPaperだけで完結できますね。

純正のメモアプリは、痒いところに手が届かないところがあります。Paperは写真の上に手書きで絵をかいたり、タイピングしたコンピュータの文字を下の部分に打つことができます。今回のアップデートで、iPad Proならではの使い方ができるアプリになったと言えるでしょう。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

iPhoneケースはSpigen

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。小さい頃から、最新のデジタル製品を買い漁ってきました。大人になった今も、最新のデジタル製品ばかりチェックしています。 多くの人がノートPC、スマートフォンやタブレットを使うようになった今、デジタル製品なしの生活は考えられません。当たり前のようにデジタル製品を使っていますが、機能を使いこなせず、使い方に悩んでおられる方がたくさんいらっしゃいます。 そういった方々のヒントになるよう、ブログで記事を発信していきます。