iPadOSに対応しているアプリか確認する方法




ついに iPadOSがリリースされました。アップデートした後、ロックを解除して画面を見ると、何が変わったの?と思うかもしれません。

見た目はあまり変わっていませんが、中身は大きく進化しています。非常に柔軟性のあるOSになっており、これまで iPadで出来なかったことができるようになりました。

コンピュータは見た目より中身が大事。本当に使えるコンピュータになった iPad。その機能をフルに使うには、 iPadOSに対応したアプリを見つけることです。

iPadOS に対応したアプリを見つける方法を紹介します。

アプリを立ち上げた後にDockのアプリアイコンをタッチ

新しく追加された機能のひとつに、使っているアプリの状況を確認する機能があります。アプリのExposéという機能です。

ひとつのアプリを複数のウインドウで使えるようになったので、今広げている画面を俯瞰して確認できるようになりました。

アプリのアイコンをタッチして立ち上げた後、画面下のドックに表示されているアイコンをタッチすると、アプリ一覧画面になるアプリとならないアプリがあります。

アプリ一覧画面になるアプリが、iPadOSに対応したアプリです。

ドックに表示されているアプリのアイコンをタッチしても、アプリ一覧画面にならないアプリは、まだiPadOSに対応していません。

テキストエディタはiPadOSに対応していたほうがいい

色んなアプリがありますが、今回のアップデートの恩恵を大きく受けるのは、テキストエディタです。文字の選択、コピー、ペーストがやりやすくなっています。

以前から優秀な音声入力も使うことで、MacやWindowsパソコンより快適に文章を作れます。テキストエディタこそ、iPadOSに対応しているアプリを使いましょう。

Bear - プライベートメモ

Bear – プライベートメモ
Shiny Frog Ltd.
ジャンル: 仕事効率化 – ユーティリティ
リリース日: 2016-11-02
価格: 0円

posted with sticky on 2019.9.24

洗練されたデザインのテキストエディタBearは、iPadOSに対応しています。

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

おーの ゆーや

サラリーマン兼業ブロガー。小さい頃から、たくさんのデジタル製品を使ってきました。昔は一部のマニアだけのものでしたが、今では生活必需品となりました。スマートフォン、タブレット、パソコン、これらの道具がないと生活に支障をきたすほど。しかし、使い方がよく分からず悩んでいる人も多いでしょう。これまで培ってきたノウハウを多くの人に伝え、デジタル製品でしあわせになってもらいたいと思い、このブログで情報を発信しています。