YouTubeをピクチャ・イン・ピクチャで見る方法(2015年10月3日現在)

スポンサーリンク

iOS9になって、ピクチャ・イン・ピクチャという素晴らしい機能があるのに、対応しているアプリが一向に増えません。ポツポツiOS9に対応したアプリが出てきていますが、一番対応して欲しいYouTubeアプリが対応してくれません。

2015年10月3日現在、YouTubeをピクチャ・イン・ピクチャで見る方法を紹介します。

Webページに埋め込まれているYouTube動画を見る

SafariからYouTubeのページを開こうとすると、必ずYouTubeのアプリに飛ばされてしまいます。YouTubeのアプリを削除して、再度SafariからYouTubeのページに行っても、YouTubeのアプリをダウンロードするように指示をしてきます。公式YouTubeアプリがピクチャ・イン・ピクチャに対応してくれるまでは、無理矢理SafariからYouTube動画を再生しないといけません。

SafariでYouTubeのページを見れない状況では、この方法を使うことができませんが、Webページに埋め込まれているYouTube動画なら、ピクチャ・イン・ピクチャを使うことができます。

ブログやニュースサイトなどに埋め込まれているYouTube動画を再生し、ピクチャ・イン・ピクチャ機能を使いましょう。

Google+アプリを使う

ほとんど力の入っていないGoogle+ですが、なぜかiPad版のGoogle+アプリが対応しています。なんでYouTubeアプリが対応していないのに、Google+アプリが対応しているのか分かりませんが、Google+アプリからYouTube動画を再生することで、ピクチャ・イン・ピクチャを使うことができます。

  
画面中央上部の「すべて」というところをタッチして、YouTube登録チャンネルをタッチ。登録してあるチャンネル動画が出てくるので、そこから選択して再生しましょう。再生後、ピクチャ・イン・ピクチャにすることができます。

他のYouTubeアプリを使う

公式アプリが対応してくれないのなら、他のYouTubeアプリを使うしかありませんが、iPad用のYouTubeで力が入っているアプリがほとんどありません。無料アプリを中心に、ピクチャ・イン・ピクチャを使えるアプリを探しましたが、ほとんどありませんでした。

僕が見つけたピクチャ・イン・ピクチャ機能が使えるアプリは2つです。「YouPlayer」と「Tuber」です。「Tuber」はYouTubeアカウントでログインできないため、お気に入りや登録チャンネルを引っ張ってこれません。「YouPlayer」はGoogleアカウントでログインできるので、登録チャンネル、後で見る、お気に入りを引っ張ってこれます。「YouPlayer」のほうが使い勝手が良いでしょう。

公式YouTubeアプリの対応待ち

公式のYouTubeアプリの使い勝手が良いので、できることなら公式アプリを使いたいところ。>Google+がピクチャ・イン・ピクチャに対応しているので、そう遠くないうちに、YouTube公式アプリも対応されるはずです。それまでは、本日紹介した方法で乗り切りましょう。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

iPhoneケースはSpigen

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。小さい頃から、最新のデジタル製品を買い漁ってきました。大人になった今も、最新のデジタル製品ばかりチェックしています。 多くの人がノートPC、スマートフォンやタブレットを使うようになった今、デジタル製品なしの生活は考えられません。当たり前のようにデジタル製品を使っていますが、機能を使いこなせず、使い方に悩んでおられる方がたくさんいらっしゃいます。 そういった方々のヒントになるよう、ブログで記事を発信していきます。