Smart Keyboardを使ってきて思うこと。キーボードは有線接続が1番。

スポンサーリンク
image

毎日iPad Proから記事を書いております。iPadなんかで文章なんて書けやしないと思っていましたが、Proになってからはストレスなく文章を書けています。

ストレスなく書ける大きな理由は、Smart Keyboardが有線接続だからです。これが無線接続のキーボードだったら、9.7インチiPad Proで文章を書こうなんて思わなかったでしょう。

今まではたくさんBluetoothキーボードを使ってきたから分かることがあります。無線接続が故のズレや、誤動作があります。ちょっとしたことですが、このちょっとしたことがストレスになります。タイピングという動作は、かなり繊細な動作です。僅かなズレがリズムを乱して、文章をを書くことができません。

押した瞬間に押した文字が入力されること。

当たり前のようで当たり前のことができないのがBluetoothキーボードなのです。

外は環境が悪い

iPadとBluetoothキーボードを使う場所は、外出先のカフェだと思われます。こういった場所は多数のWi-Fiの電波が飛んでいますし、お客さんのスマホの電波が飛んでいます。

目には見えませんが、あまりに多くの電波が飛びすぎていて、Bluetoothキーボードを使う環境としては悪すぎます。他の電波と混線してしまうことで、ボタンを押したときの反応が悪かったり、っっっっっっっっっと同じ文字が突然入力されたりするからです。

気持ちよく文章をを作っている途中で誤動作すると、途端にリズムが崩れます。何事もなく普通に文字を反映させてくれるのが、キーボードで1番大事なことです。Bluetoothキーボードでは、仕組み的に無理があります。線で繋がっているSmart Keyboardでは、Bluetoothキーボードのような問題は起きません。当たり前のように気持ちよく文章を打つことができます。

Smart Connectorという端子が付いているおかげで、心地よく文字を打つことができます。このコネクターがあるかないか。たったこれだけのことですが、iPadの実用度が一気に上がりました。

ストレスなく文章を打ちたい方は、安心してiPad Proをお買い求めください。

ProではないiPadを使っている方は、Lightningケーブルで接続するキーボードを購入してください。Bluetoothキーボードとは違い、小気味良く文字が打てるでしょう。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク
年末年始は
ブックオフオンライン

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。小さい頃から、最新のデジタル製品を買い漁ってきました。大人になった今も、最新のデジタル製品ばかりチェックしています。 多くの人がノートPC、スマートフォンやタブレットを使うようになった今、デジタル製品なしの生活は考えられません。当たり前のようにデジタル製品を使っていますが、機能を使いこなせず、使い方に悩んでおられる方がたくさんいらっしゃいます。 そういった方々のヒントになるよう、ブログで記事を発信していきます。