10.5インチ iPad Proがあれば、新幹線がワープしたみたいに速くなる

スポンサー

久しぶりに新幹線に乗りました。あっという間に目的地に着くことができるので、まるで目的地までワープしているような気持ちになります。そんな気持ちになったのも、10.5インチ iPad Proがあったからです。あまりに便利で楽しすぎるので、過ぎる時間があっという間になりました。

折りたたみ式のテーブルに10.5インチ iPad Proを置けば、文章の執筆ができます。フットプリントの少ない10.5インチ iPad Proなら、テーブルの上にドリンクを置くこともできます。ノートパソコンだとこうはいきません。テーブル全体をノートパソコンが占有してしまい、他にモノを置くことはできません。このコンパクトさは、限られたスペースで作業をするときに活きてきます。

dマガジントップページ

仕事をした後は、Kindleアプリで本を読んだり、dマガジンや楽天マガジンで雑誌を読んで息抜きです。大きくて美麗な10.5インチ iPad Proのディスプレイなら、雑誌の写真もとても綺麗です。文字を拡大縮小しなくても、雑誌の細かい文字も読めます。

読書をした後は、Lightning – SDカードカメラリーダーを使って、ミラーレスで撮影した写真を、10.5インチ iPad Proに取り込みます。

本格的な写真編集アプリもいくつか登場してきています。処理性能の高いiPad Proなら、PC顔負けのサクサク感です。完成した写真を、この美しいディスプレイで見ると、その時の感動が蘇ります。

WindowsやMac用のプロ向けソフトが使えないという批判もあるiPad Proシリーズですが、使い方を工夫すれば、唯一の難点もクリアーできます。

仕事もできてエンターテイメントも楽しめる10.5インチ iPad Pro。楽しくて快適すぎるので、ワープしたかのように、あっという間に目的地に着いてしまいます。

新幹線に乗る前に、10.5インチ iPad Proを買いに行きましょう!きっと素敵な旅になりますよ。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

iPhoneケースはSpigen

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。小さい頃から、最新のデジタル製品を買い漁ってきました。大人になった今も、最新のデジタル製品ばかりチェックしています。 多くの人がノートPC、スマートフォンやタブレットを使うようになった今、デジタル製品なしの生活は考えられません。当たり前のようにデジタル製品を使っていますが、機能を使いこなせず、使い方に悩んでおられる方がたくさんいらっしゃいます。 そういった方々のヒントになるよう、ブログで記事を発信していきます。