iPhoneの便利な使い方〜Webページを保存する

スポンサーリンク

インターネット上には、たくさん参考になる記事があります。その都度Webページにアクセスして参照するのもいいのですが、見ているページをPDFにして丸々保存したり、プリントする機能があります。

PDFファイルにしてiPhone内にデータとして保存しておけば、インターネット通信ができない場所でも、そのページを見ることができます。

本来なら通信して読み込まないといけませんが、そのページにある写真や文章が、1枚のページとして、丸々iPhone内にあるので、通信する必要はありません。

通信ができないケースは少ないかもしれませんが、もしものときのために、データとして保存
しておきましょう。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。

ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。

大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。

楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。

follow us in feedly