iPhoneと無料のWi-Fiサービスだけで生活するノマドスタイルを考えてみた。その2

スポンサーリンク

ここ数日間、WiMAXのモバイルWi-Fiルータを使うのをやめ、スターバックスのWi-FiとiPhoneのLTE&3G通信でほぼすべての通信をしています。自宅にいる時は家の固定回線を使っていますが、ほとんど自宅にいないため、スターバックスのWi-FiとiPhoneだけでいけるような気がしてきました。

自宅にWi-Fiがあるので完全なノマドスタイルではありませんが、スターバックスのWi-Fiと、iPhoneのLTEと3G通信だけでいけるような感触を得ました。ただスターバックスのWi-Fiに頼るとなると、iPhoneのパケット通信量をできるだけ抑える必要が出てきます。iPhoneをバリバリ使っている人なら分かると思いますが、3GやLTEばかりで通信していると、思いのほかパケット使用量を使ってしまいます。あまり使いすぎると、パケット使用制限量を使い切ってしまう恐れもありますので、できることなら、小まめにチェックしたいところです。

3GやLTEのパケット使用量の確認は簡単!

パケット使用量を確認するアプリも色々出ていますが、そういったアプリを使わなくても、簡単に確認する方法がありました。その方法は、普段から使っている、設定アプリから確認できます。

  1. 設定アプリをタップ
  2. 一般の項目をタップ
  3. 使用状況をタップ
  4. モバイルデータ通信の使用状況をタップ

以上の操作で、パケット通信をどれだけ使用しているかを確認することができます。この使用状況は、「統計情報のリセット」をタップすることで、累積データを0にすることができます。1ヶ月終わる毎に、「統計情報のリセット」を押してカウンターをリセットすることで、どれぐらいパケット通信をしているかを確認することができます。

20130817174551

この「モバイルデータ通信の使用状況」は、Wi-Fiでのデータ通信量は加算されません。純粋に携帯電話キャリアの回線を使用した通信しかカウントしていませんので、簡単に携帯電話キャリアのデータ通信量を把握することができます。

どれぐらいデータを使うかが分かるようになる

このやり方でデータ通信量を確認すると、動画を再生するとどれぐらいのパケットを使うのか、ストリーミングで音楽を再生するとどれぐらいパケットを使うのかが分かってきます。
参考までに紹介しますと、

  • 5分ぐらいのYouTube動画を再生:10MB
  • 5分ぐらいの音楽をストリーミングで再生:3MB

だいたいこれぐらいのパケットデータを使用します。3日で1GB以上のパケット通信をすると、規制になる可能性があります。1日300MB以上使ってしまうと、制限になる可能性が高くなります。1日200MBほどにパケットデータ通信量を抑えることが大事になってきます。

YouTubeの動画ですと、1日20本ぐらい再生してしまうと、規制の数値に近づいてしまいますと。音楽をストリーミングで65曲ぐらい再生すると、規制の数値に近づいてしまいます。動画をよく見る人は、1日20本ぐらいは簡単に見てしまうかもしれませんし、音楽が好きな方は、一日で65曲ぐらいは聞いてしまう可能性が高いでしょう。特に音楽は、ながら聴きが基本ですので、仕事をしている時にずーっと聞きっぱなしですと、5時間ほど音楽を聴いていると、規制値に近づくことになります。

感覚としては、上記のような感じですので、動画や音楽をよく見たり聞いたりする方は、この目安を意識して、携帯電話キャリアのパケット通信量を抑えるようにしてください。データの大まかな使用量を把握し、外でのデータ通信使用量を抑えていきましょう。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。

ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。

大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。

楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。

follow us in feedly