音声入力はandroid の方が優れており、もはやiPhoneはAndroidより劣る端末




iOS 13の出来がなかなか良いので、久しぶりにiPhoneを入手して使っております。一週間ほどiPhone 使っていますが、Android の方が優れているという結論です。

僕は結構音声入力を使っているので、iPhoneでも同じように音声で文書を作るのですが、どうも iPhone の音声の認識が良くありません。言葉で改行をしたり句読点を打つことができるので、使いやすいなぁと思って使っていますが、細かい言葉の認識がイマイチです。

ずっとAndroid スマートフォンの音声入力を使っていたので、Androidの精度が普通なんだと思っていましたが、断然Google のほうがレベルが高い。

簡単に文字が打てるだけに、微妙に認識される文字が違うとイライラします。楽をしたいから音声入力を使っているのに、ちょこちょこと修正しないといけないのがストレスになります。

だったら無理をしてiPhone を使う必要もないのかなと。iPad mini の購入も考えていましたが、音声入力のレベルがこの程度だと、手に入れても使用頻度は落ちそうです。iPad mini の購入は一旦保留です。

Galaxy Noteが最強スマホ

そこそこ大きい画面でペンが使えて、完成度の高いアプリがあるiPad が欲しかったのですが、冷静に考えるとGalaxy Note 8でも十分に同じことができます。

縦に画面が大きいので、ペンで自由に絵を描くという感じにはなりませんが、素人レベルの絵しか描けないならこれで十分。手書きのメモをするなら、iPadよりGalaxy Noteのほうがジャストサイズ。

数あるスマホの中で、唯一といってもいいペンが使えるスマートフォンGalaxy Noteシリーズ。どう考えても、Galaxy Noteが最強のスマートフォンです。

サービスの質

ハードの差がなくなってきたことで、サービスの質や精度の差が、スマホの使いやすさに違いをもたらします。ハードとサービスが一体になった使いやすさこそが、Appleの良いところでした。

iTunesがその象徴でしたが、ついにiTunesも無くなり、クラウドやストリーミング時代になった今、どうも安定感に欠けます。

今のアップルは過去の資産で食っているような状態で、大幅なテコ入れが必要です。iCloudを始めとしたクラウドサービスの改善、中途半端な完成度のApple Musicや地図などの各種サービス。マイナーチェンジが続く iPhone 、iPad 、Macのマイナーチェンジでなく、大幅なモデルチェンジ。

これらが実現されない限り、 Apple はGoogleを越せないでしょう。

やっぱりApple信者には戻れそうにありません。なんで世間はiPhone11 Proで盛り上がっているのでしょうか。僕には分かりません。

僕は単純に優れているものが好きだから。

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

おーの ゆーや

サラリーマン兼業ブロガー。小さい頃から、たくさんのデジタル製品を使ってきました。昔は一部のマニアだけのものでしたが、今では生活必需品となりました。スマートフォン、タブレット、パソコン、これらの道具がないと生活に支障をきたすほど。しかし、使い方がよく分からず悩んでいる人も多いでしょう。これまで培ってきたノウハウを多くの人に伝え、デジタル製品でしあわせになってもらいたいと思い、このブログで情報を発信しています。