iPhoneの不満。いつまでLightning端子を使うのか




久しぶりにiphoneを使っていて不満に思うのは、
Lightning端子がウザイ。iPhoneだけ使っているのならいいのだが、他にも使っている端末があると、荷物が増えてしまう。

充電するのにもうひとつケーブルが必要になってしまうのが不満。

iPad ProみたいにUSB C端子で充電するように変えればいいのに、いつまでLightningを引っ張るのだろうか。

中途半端にiPad ProだけUSB Cにしてしまったため、他のiPadやiPhoneとの統合性が取れなくなっている。

本体の売れ行きが下がっているのを、ケーブルで補うようなビジネスをしているようでは、今後のAppleには期待できそうにない。

そろそろ新型AirPodsが出るようだが、端末の機能を拡張するようなアクセサリーで儲けるようになって、Appleが出す必要のないケーブル類は、ひとつに統一してほしい。

iPhone自体は完成されており、特に不満はない。Appleの都合で決められている、Lightning端子だけなんとかしてほしい。

こういった変換端子を使えば、少しは荷物を減らすことが出来る。本当は変換端子すら持ちたくないのだが、、、

今日もGalaxy Notesアプリの手書き文字認識機能を使ってブログを書いてみました。

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

おーの ゆーや

サラリーマン兼業ブロガー。小さい頃から、たくさんのデジタル製品を使ってきました。昔は一部のマニアだけのものでしたが、今では生活必需品となりました。スマートフォン、タブレット、パソコン、これらの道具がないと生活に支障をきたすほど。しかし、使い方がよく分からず悩んでいる人も多いでしょう。これまで培ってきたノウハウを多くの人に伝え、デジタル製品でしあわせになってもらいたいと思い、このブログで情報を発信しています。