iPhone6グレー128GBが到着しました。ファーストインプレッション。

スポンサーリンク

iPhone6が届きました。当初の予定より、約1週間ほど早い到着です。PlusじゃないほうのiPhone6を予約されている方は、そう遠くないうちに、出荷されるでしょう。

iPhone6の第一印象

iPhone6の第一印象ですが、また縦に長くなったなと思いました。横幅は思ったより大きくなっておらず、縦幅のほうがだいぶながくなったように思います。正直デザインのバランスとしては、あまり良いようには見えません。

次に感じたのは、たしかに薄くなった。でも、カメラの出っ張り部分があるため、結局薄さはiPhone5sと同じぐらいです。無理をして、ここまで薄くする必要があったのかと、少し疑問を感じます。

良い点としては、たしかに画面は綺麗になったように思います。液晶が非常にクリアになっています。しかし、今までのiPhoneでも充分に綺麗だったため、あまり違いを感じないかもしれません。

一番びっくりしたのは

一番ビックリしたのは、本体が熱い!ということです。Macからデータを同期しようと思い、iPhone6とMacをLighteningケーブルで繋いでおきました。一通りデータの同期が終わり、iPhone6のほうに、「ようこそ」と表示されたので、iPhone6を持った瞬間にビックリしました。とにかく熱い、iPhoneが異様に熱い。火傷する熱さではありませんが、ちょっとしたカイロになるんじゃないかと思うぐらいです。いままでのiPhoneは、ここまで熱くなるようなことはありませんでした。

この熱さが、最初のデータ同期のときだけなのか、それとも今後、これぐらい熱くなることが多いのか、少々心配な部分です。

明日1日がっつりと使ってみて、どう感じるか

まだ部屋の中でチョロチョロ触った程度の印象です。明日以降、仕事にプライベートにと使い込むことで、iPhone6の本当の姿が見えてきます。今までのiPhoneのように、使えば使うほど馴染むような端末であることを願います。

ひとまず無難なケースで、iPhone6を保護しておきましょう。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク
年末年始は
ブックオフオンライン

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。小さい頃から、最新のデジタル製品を買い漁ってきました。大人になった今も、最新のデジタル製品ばかりチェックしています。 多くの人がノートPC、スマートフォンやタブレットを使うようになった今、デジタル製品なしの生活は考えられません。当たり前のようにデジタル製品を使っていますが、機能を使いこなせず、使い方に悩んでおられる方がたくさんいらっしゃいます。 そういった方々のヒントになるよう、ブログで記事を発信していきます。