iPhone6とiPhone6 Plusを混同している人がたくさんるので見分け方を教えます

スポンサーリンク

やはりiPhoneの人気は凄いなぁと実感させられました。カフェにいると、すでにたくさんの人がiPhone6、iPhone6 Plusを使っているのを見かけるのです。まだ発売されて1ヶ月も経っていません。すでにこれだけ多くのの人が持っているということが、iPhoneの人気を表しているように思います。

しかし、みなさんiPhone6とiPhone6 Plusを混同していませんか?iPhone6を見たときに、それをiPhone6 Plusだと思ってしまっている人がたくさんいます。

「⚪︎⚪︎さんiPhone6 Plus買ったみたいだよ〜さっき見せてもらった」と話を聞いてから、その人に会って僕が見たのは、iPhone6でした。こんなようなことが至る所で起きていませんか?iPhone6でも、今までのiPhoneより大きくなったため、パッと見たときに、iPhone6だと間違って認識してしまっている人が多いように思うので、iPhone6とiPhone6 Plusの見分け方を教えます。

iPhone6とiPhone6 Plusの見分け方

他人がスマートフォンを使っているときに見えるのは、スマートフォンの背面です。パッと背面を見たときの感じ方で、iPhone6なのかiPhone6 Plusかを見分けるようにしましょう。

しかし、今回のiPhoneは、同じデザインのサイズ違いというデザインになっています。なかなかパッと見ただけでは分からないかもしれません。それでもパッと見たときに見分けるには、パッと見たときに感じた気持ちに従えばいいのです。

パッと見たときに、あまり違和感を感じないのがiPhone6。パッと見たときに、えっ?これiPhone?!中国のコピー商品じゃない?と思ってしまうのが、iPhone6 Plusです。

iPhone6 Plusは、思っている以上に大きいです。何度iPhone6 Plusを見ても、ちょっとこれはないわと思うぐらい大きいと思います。別に大きいのが悪い訳ではありません。この大きさには、今のiPhone6 Plusのデザインは合っていないように思います。とくに、iPhone6 Plusのゴールドは、ゴールドの色合いと、白の線がくっきりしすぎていて、Apple製品とは思えない、センスの悪さを感じます。

iPhone6かiPhone6 Plusのどちらにしたらいいのか

ほとんどの方は、スマートフォンを複数台持つようなことはしないでしょう。基本的に、スマートフォンは1台という方がほとんどです。そういった方は、絶対にiPhone6 Plusを選択してはいけません。なんとなく勢いで買ってみたものの、後悔している人がたくさんいます。

1台だけの端末ということは、常に肌身離さず持っています。そういった端末は、ある程度コンパクトで、ポケットにもしまいやすいサイズのほうがいいでしょう。常に持っているには、iPhone6 Plusは大きすぎます。

新しいiPhoneを購入すると、約2年ほどの付きあいになります。もし大きすぎて後悔しても、ずーっと嫌な気持ちのまま使っていかないといけません。iPhone6かiPhone6 Plusの購入で迷ったら、悪いことは言わないから、iPhone6のほうを選んでおきましょう。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク
年末年始は
ブックオフオンライン

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。小さい頃から、最新のデジタル製品を買い漁ってきました。大人になった今も、最新のデジタル製品ばかりチェックしています。 多くの人がノートPC、スマートフォンやタブレットを使うようになった今、デジタル製品なしの生活は考えられません。当たり前のようにデジタル製品を使っていますが、機能を使いこなせず、使い方に悩んでおられる方がたくさんいらっしゃいます。 そういった方々のヒントになるよう、ブログで記事を発信していきます。